心臓ペースメーカーとスマホ・携帯電話の安全距離は?

ペースメーカー(?)の女性

心臓ペースメーカーへのスマホや携帯電話が与える影響について、考えさせられることがありました。

先日、電車内で座っていると、いかにも身体の悪そうな女性が乗車してきて、私の目の前に立ったので席を譲ろうとすると、「すぐ降りますから、大丈夫です。ありがとうございます。」という丁寧な返答をされました。

電車席

私は引き続き、文庫本を読み始めたのですが、座席の隣の女性は、さっきからずっとスマホを操作していました。 すると、先ほどの身体の悪そうな女性が、「すみません、携帯の電源を切っていただけますか」と、隣の女性にお願いしました。

身体の悪そうな雰囲気とその言葉におされ、隣の女性はすぐに、「はい、わかりました」と、スマホの電源を切っていました。

おじぎ

それから2駅過ぎて、身体の悪そうな女性は降車していきましたが、その際、席を譲ろうとした私に、「お疲れのところ、お気づかい頂いて、ありがとうございました」と挨拶し、スマホの電源を切った女性に、「ご協力ありがとうございました」(そんな言葉だったと思います)と言ってから、電車を降りていきました。

 

私自身、携帯電話の心臓ペースメーカーへの影響に対しては、“22㎝以上離れれば影響なし”という過去の一部の知識だけはありましたが、鉄道会社の過剰宣伝には疑問を持っていたとはいえ、あの雰囲気・迫力で言われたら、私もたぶん、「はい、わかりました」と言っていたことでしょう。

 

Sponsored Link

「心臓ペースメーカー」とは?

ペースメーカーの知識は、私も含めてほとんどの人が無いに等しいかと思います。 たぶん、『心臓の悪い人が身体に埋め込んでいる機械』程度の認識でしょう。

心臓ペースメーカーは、心筋に電気刺激を与えることで必要な心収縮を発生させる医療機器です。 大雑把な数字ですが、総務省の「電波の医療機器等への影響に関する調査研究報告書(平成24年)」によれば、累計で国内に30万人~40万人の装着者がいるとしています。

ペースメーカー

心臓ペースメーカーは、一度体内に入れたらどれくらいの機械寿命があるのでしょうか?

平均寿命は、5~7年程度のようです。

車のモデルチェンジやパソコンのバージョンアップがあるように、心臓ペースメーカーにも新世代機種の市場投入が、2年以上の周期であるので、寿命のため交換する際には、新しい機種に変更ということになります。

ペースメーカー2

Sponsored Link

電波の医療機器への影響

総務省は平成26年(2014年)3月に、「電波の医療機器等への影響に関する調査」報告書をまとめました。

結論から先にいうと、携帯電話端末については、 植込み型医療機器の装着部位から15cm程度離すことという指針が出されました。

なぜそうなったかというと、選定した植込み型医療機器30台を対象に、スクリーニング測定をしたところ、2台の機器が1.5㎝の距離で、カテゴリーレベル2の影響が発生したからという理由です。

【レベル2】⇒ 持続的な動機・めまい等の原因になりうるが、その場から離れる等、患者自身の行動で現状を回復できるもの。

胸ポケット

この1.5㎝って、心臓ペースメーカーをつけた本人が、洋服の胸のポケットに携帯電話を入れた状態以外に、あまり考えられない距離ですね。

更に、このスクリーニング測定で使用した電波は、携帯電話端末実機よりも厳しい条件のものであり、その後、影響が発生した2台の機器について、携帯電話端末で測定をおこなったところ、影響の発生はなかったそうです。

以上が現実です。

影響は “ まず ” ないという結論です。

総務省 報道資料

 

ただ現状において電車の中で、心臓ペースメーカー使用者と口論しても、お互い気分を害するだけです。

時が解決するような気はしますが、鉄道会社は、『携帯電話の電源をお切り下さい』というプレート(シール)の撤去を早めにしてもらいたいと思います。

と同時に、心臓ペースメーカー販売会社と医療機関は、心臓ペースメーカー使用者にもっと正しい知識を啓蒙してほしいものです。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*