つんくが、喉頭がんで声帯摘出  今後しゃべることはできるのか?

 

若い頃は、シャ乱Qとして、
「ズルい女」「シングルベッド」などの曲をヒットさせ、

つんく2

1997年からは『モーニング娘。』のプロデュースで活躍していたつんく♂が、
喉頭がんのため、声帯摘出手術を行いました。

 

現在は歌手というより、プロデュース業が中心のつんくですが、
仕事柄、声を出せなくなるという事が、どれだけ辛いことでしょうか。

 

 

声帯2

声帯

 

もちろん職種がどうのこうのという以前に、

普通の人として、今までの会話ができなくなることは、
大変な苦痛を伴うことと思います。

 

 

いまわの清志郎

 

2009年に亡くなった歌手・忌野清志郎も喉頭がんでしたが、

声帯を摘出することをせず、別の治療をおこなった結果、
がんが転移し、58歳で亡くなりました。

 

「死んでしまったらどちらにしても歌えなくなるじゃないか」

という正論もあるでしょう。

 

しかし、忌野清志郎にとっては、
『歌えなくなる』=『死』ということだったのでしょう。

 

 

 

声帯摘出により、声を失った人たちはその後どうやって、
“話す”ということをおこなっていくのでしょうか。

 

 

『電気式人工喉頭』

 

現在はこんな商品もでています。

ユアトーンⅡ・UB

声の高低もつけられるようです。

 

ユアトーンⅡ・UB

 

ヒゲの殿下として親しまれた故・寬仁親王殿下も声帯摘出をされましたが、
公の場においても堂々と、電気式人工喉頭でご挨拶をされています。

寬仁親王
<平成22年 第9回 国民の自衛官 表彰式 寬仁親王殿下お言葉 (3:02~)>

 

 

『気管食道シャント法(シャント発声法)』

 

整形外科医の赤木家康さんは、
気管食道シャント法(シャント発声法)により声を取り戻しました。

 

シャント法2

シリコン製のボイスプロテーゼを喉に埋め込み、
永久気管孔を指などでふさぐことで、声を出します。
(喉頭を摘出した場合、喉元に永久気管孔を開ける)

 

<THE NEWS 北海道最新医療失われた声を再び>

こちらの放送は、2009年のようですので、
更に器具が進化している可能性はあります。

ただ、赤木家康さん場合、かなりがんが進行していたようで、
その後 2012年お亡くなりになられました。

 

 

『食道発声法』

 

つんくが習得に取組んでいるといわれるものです。

 

口や鼻から食道内に空気を取り込み、その空気をうまく逆流させながら、
食道入口部の粘膜のヒダを声帯の代わりに振動させて、
音声をゲップの要領で発声するという方法です。

この方法は、コツをつかむのに練習が必要になります。

 

つんく3

 

いずれにしても今後、
発声法への取組み、がんを再発させないための治療など、

困難を伴うと思いますが、頑張って乗り越えていってほしいですね。

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*