パラパラ漫画(振り子)でブレイクした鉄拳の素顔と生い立ち

 

お笑い芸人の鉄拳が、パラパラ漫画『振り子』で注目されたのは、
2012年のことです。

 

パラパラ漫画『振り子』(動画)

振り子 振り子2

その頃の鉄拳は、お笑い芸人としての自分に限界を感じていて、
すでに、所属するよしもとに辞めることを伝えていました。

生まれ故郷の長野に土地も探していて、
帰ってイラストの仕事でもしようと、考えていたそうです。

 

そんな中、パラパラ漫画の企画があり、

別の芸人が出演予定だったものを、
急きょ鉄拳が代役を務めることになりました。

 

その縁がきっかけとなって、
あの『振り子』が生み出されることになったわけです。

 

鉄拳2

 

小学生の頃の夢は、漫画家になること。

高校生から本格的に漫画を描き始めて、少年誌への初投稿で、
1989年の第20回『ちばてつや賞』で期待賞をとりました。

1972年5月生まれの鉄拳ですので、16歳の時のことです。

 

ちなみにその時の作品名は、「サムライBEAT」でした。

鉄拳漫画

 

 

ただその後、急速に漫画家への夢が冷め、
憧れはプロレスラーへと変わっていきます。

高校卒業後に、大仁田厚のFMWに入団したものの、

レフェリー要員として採用されたことに気づき、
半年後には退団します。

 

それから、劇団員を経て(滑舌の悪さから退団)、
お笑いの世界へと進んで行きました。

 

こうやって見てくると、結構簡単に夢をあきらめて、
次のことに挑戦しているように見えます。

 

鉄拳本人も、ふり返って、
「あっさりやめてしまっていた」と言っています。

けれども、お笑い芸人として注目された時のスタイルは、
しっかり過去の経験を生かしています。

 

ザ・ロード・ウォリアーズのメイクはプロレスから、

ロード・ウォリアーズ

 

スケッチブックにイラストを描いてのフリップネタは、
漫画の技術を生かしてというように。

 

 

2012年に放送されたドキュメント番組『情熱大陸』では、
素顔を公開していました。

と思ったら、その1年以上前の2011年に、
小堺一機の『ライオンのごきげんよう』で素顔をあかしていましたね。

鉄拳素顔

 

 

『振り子』が注目されてからは、
次々にパラパラ漫画の依頼が入ってくるようになり、

いつの間にか芸人を辞めるという話も自然消滅していました。

 

当初、一作品あたり2ヵ月かかっていたパラパラ漫画も、
今では、作品によって、
2週間程度に短縮できるようになりました。
たくさんのオファーがあるため、やむを得ない部分もあるようです。

 

1分間の作品におよそ360枚の原稿が必要(6コマ/秒)で、
通常プロモーションビデオは、4分前後の長さのため、

修正分の原稿も含めると、
一作品あたり1,500~2,000枚の原稿を描くことになります。

 

すべて手描き制作のため、一日長い時で16時間描くこともあります。

 

鉄拳3

気がつけば、廻り廻って、
子供の頃になりたかった漫画家になったともいえます。

人生って、わからないものですね。

 

小学3年生の時にお母さんを癌で亡くしたことは、
鉄拳の人生にどれだけ影響があったかはわかりませんが、

『振り子』は自分の両親をモデルに作られているそうです。

 

天国のお母さんも喜ばれていることでしょう。

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*