ご挨拶

 

こんばんは。
本日から、ブログを始めたいと思います。

「見る人の為にはあらじ奥山に 己が誠と咲く桜かな」

ブログのタイトルは、上記の短歌を参考につけました。

この短歌は、私が田舎から上京した際に、母が手紙に記してくれた歌です。
誰が詠んだ歌なのかは知りませんでしたので、 今回あらためて調べてみました。
その結果、 ところどころ微妙に違っていましたが、以下の短歌に行き着きました。

「見ん人の ためにはあらで 奥山に おのが誠を 咲く桜かな」
作:新渡戸稲造です。

新渡戸稲造氏については、ほとんど知識がありません。
五千円札に肖像画が描かれたことと、 英文で「武士道」を著したことくらいでしょうか。

急に新渡戸氏が身近に感じられてきました。
今度、彼の伝記(小説等)を読んでみたいと思います。

 

そんなこんなで、ブログのスタートです。
これから宜しくお願いします。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*