にわか(俄)ファンの意味は? その定義と影響力を考えてみた

「にわかファンが…(侮蔑)」と、今日も『にわかファンでない人』からのボヤキが聞こえてきそうです。

 

もうすぐサッカーワールドカップのアジア2次予選が始まりますが、またぞろ『にわかファン』が発生することでしょう。

ファン

かくいう私も国際試合しか観ない『にわかサッカーファン』です。

Sponsored Link

俄(にわか)とは?

「俄(にわか)」とはそもそもどういった意味なのでしょうか?

Wikipediaには、

俄(にわか)とは、江戸時代から明治時代にかけて、宴席や路上などで行われた即興の芝居。 またの名を茶番。 俄狂言の略で、俄、つまり素人が演じたことからこう呼ばれる。

あるいは一説に、路上で突然始まり衆目を集めたため、「にわかに始まる」という意味から「俄」と呼ばれるようになったと伝えられる。

とあります。

 

辞書には、

物事が急に起こるさま。突然。

一時的であるさま。

と書かれています。

 

“にわか雨”は、突発的に降り出してすぐ止む雨のことですし、“にわか仕込み”は、間に合わせるために大急ぎで覚えることですね。

 

そう考えると、“にわかファン”の意味は、

「世間で話題になっている事や人について、一時ファンになって一緒に盛り上がるが、その対象が世間から注目されなくなると、興味を示さなくなる人」

といったところでしょうか。

 

にわかファンが悪い?

ただ、にわかファンが悪いかというと、そうでもないと思います。

その分野や人へのファンの裾野が広がるわけですし、本当ににわかファンで終わる人もいれば、そこからコアなファンに育っていく人もいるわけですので。

 

武井壮がいいことをつぶやいています。

 

『にわかファン』を批判する人達は、以下のような思いを抱いているのではないでしょうか。

 

○自分は他とは違うと差別化したい思い。

○ファンが増えて、思い入れの対象が発展・人気がでるよりも、自分が応援しているという事実の方が大事。

○純粋にその競技(個人・団体)やジャンルを愛しているがために、いい加減・中途半端な思いや入れ込みが許せない。

○『にわかファン』の“知ったかぶり”が我慢できない。

 

他にもあるでしょうが、私が勝手に考えたにわかファン批判者の思いです。

 

Sponsored Link

応援される側の思い

たぶん応援される側は、にわかファンだろうが昔からのファンだろうが、あまり関係なく受け止めていると思います。

そりゃあ、昔からずっと応援してくれている人には感謝しているでしょうが、今この時、関心を持って応援してくれている人にも感謝しているでしょう。

 

かえって、にわかファンをバカにする昔からのファンに対して、悲しい思いになっているかもしれません。

ミュージシャンの人のこんなブログがありました。

にわかファンの定義ってあるんですか?

MAHさんの考えに同意です。 「頼むから仲良くしてください」ですね。

 

にわかファンは、知ったかぶりはやめましょう。

 

コアなファンは、にわかファンのピントはずれな意見に対して、同じ仲間として子供に説明するように、わかりやすく解説してあげて下さい。

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*