救急車の有料化が議論される理由(なぜ?)が知りたい

 

10年以上前から救急車の有料化が議論になっていますが、
現在も救急車は無料で利用できます。

 

平成26年度版の消防白書によれば、
平成25年中に救急車が出動した件数は、全国で590万9,367件です。

もの凄い数です。

1日平均(÷365日)にすると、1万6,190件ですので、
更にその件数の多さがわかります。

 

1日で、1万6千回以上ですよ!

 

救急車

ちなみに、全国の消防本部における救急車の保有台数は、
予備車を含めて6,114台です。(平成26年4月現在)

 

事故種別では、圧倒的に急病の割合が多く約65%で、
以下、一般負傷が約15%、交通事故が10%弱になります。

 

特に問題になるのは、
本当に救急車で搬送されるほどの重症なのかというところです。

 

『傷病程度別搬送人員の状況』によれば、

軽症(傷病程度が入院加療を必要としないものをいう)は、
49.9%で約半数がその範疇に入ります。

 

ただこの数字だけを見て、

「何だ、全体の半数は軽症なのに、救急車を呼んだのか!」
と怒るのは早計かと思います。

 

交通事故

 

例えば、交通事故の種別で見てみると、
搬送者の76.9%が軽症区分です。

この人達の多くは、自分で救急車を呼んだわけではないでしょう。

 

救急隊員が病院での処置が必要と判断し、結果的に救急車で運ばれ、
応急処置をしてもらって帰宅するパターンかと。

 

その軽症者人数は、40万7,054人ですから、
単純にこの人数を軽症から引いて、全体人数で割ってみると、
42.3%(7.6%減)になります。

 

次に、急病で搬送されてきた(結果的に)軽症区分者は、
49.1%です。

これも例えば、貧血や熱中症で倒れて搬送されてこられ、
安静と点滴の結果、入院せずに帰宅すれば、

軽症の区分に入るのでしょう。

 

熱中症

 

「すぐに救急車を呼ばずに、もう少し安静にして、
水分(イオン飲料等)補給をしてから判断しろ」

と言いたくなる人もいるでしょうが、

素人が不安・心配から安全策を取ろうとすることを、
全面否定はできません。

 

難しいところです。

 

 

問題は、悪質なケースです。

 

ダメ!

 

例えば報道などによると、

『病院に電話をかけてもつながらないから呼んだ』

『足の軽症でいったん病院へ行ったが、混んでいて2時間待ちのため、
自宅に帰り救急車を呼ぶ』

『救急車がかけつけると、入院の準備をして自宅前で待っていた』

 

というのがあります。

 

 

結局、一握りの非常識な救急車の使い方をする人がいるせいで、
緊急を要する人が後回しになってしまう事がありえるわけです。

 

救急車は地区で限られた台数しかありません。

軽症とわかっていて、
でも早くみてもらえるから呼ぶ人も実際いるようです。

 

 

社会生活の中で、

非常識で迷惑極まりない事をする人は、
一定割合必ずいますが、

このケースは、命にかかわる問題です。

 

何かしらの罰則なり、一部の有料化なり、
やはり対策は必要な時期に来ているのではないでしょうか。

 

 

タウンページの見開きに、『緊急情報案内』があります。

 

この上段に、
<救急車を呼ぶべきか困った時は>という欄があり、

消防庁救急相談センターや
民間救急コールセンターの電話番号が、
載っています。

 

救急相談センター

 

HPもあります。
救急相談センター(東京)

※都道府県・地方自治体によるので、検索を。

 

 

以下、余談ですが、

私も先日、消防庁救急相談センターに電話しました。

 

子供が空地で遊んでいて、植え込みのレンガに脛をぶつけて、
パックリと脛が割れてしまったからです。

5cmくらい切れてしまっていたので、
縫う必要があるだろうと素人判断したわけですが、
果たして何科に行けばいいのかわかりません。

疑問

 

外科? 形成外科? 整形外科?

 

土曜日の午後とあって、選択肢はあまりなかったのですが、

近くの形成外科が開いていたので電話して状況を説明すると、
「うちでは、対応出来ない」という返答でした。

 

それで仕方なく、救急相談センターに電話したわけです。

傷の大きさや程度、出血の状態を聞かれ、
そしてたぶんここが重要だったと思いますが、

子供の表情(唇や顔の色)がどんなふうかという事を、
確認してきました。

 

救急相談センターでは、近隣の救急総合病院を3軒教えてもらい、
タクシーで一番近い病院に向かいました。

 

ちなみに、その日のうちに部分麻酔で9針縫い、

翌週の月曜日と土曜日の2回、傷の状態確認をしてもらい、
怪我をした2週間後の土曜日に抜糸を行いました。

 

結局対応してくれた科は、形成外科でした。

 

まぁ、これくらいなら救急車を呼ぶか呼ばないかは、
あまり考えないケースかもしれません。

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*