【動画あり】 “ 技のデパート ” と呼ばれた力士 舞の海は、身長169㎝体重97㎏の身体で戦った

 

「感謝の念を忘れていないか」

(日常のすべてを)当たり前と思っていないか」

 

舞の海は、土俵を降りた現在でも、
いつも自分にそう言い聞かせています。

 

舞の海2

 

1999年11月場所で引退後、
現在の舞の海の仕事の中心はNHK大相撲解説です。

 

年6場所(15日×6回)の解説と、
各場所ごとに10日くらい前から各部屋を回って取材し(10日×6回)、

それだけでも約150日を費やすことになります。

 

『舞の海は、相撲協会に所属している』と思っている人もいますが、
現役引退と同時に、協会からの籍を外れています。

ですので、NHKでの解説の仕事はあくまで、
『元小結の相撲解説者』として出演しています。

 

 

青森県

相撲が盛んな青森県で生まれ育った舞の海は、
子供の頃から、自然と相撲を取るようになりました。

その頃から周りと比べて小柄だった舞の海は、
高校時代も県大会では三、四番手くらいのレベルでしたが、

高校の先生が日本大学への推薦入学を決めてしまいました。

 

日大相撲部で4年間を過ごし、
4年生の時にはレギュラーを勝ち取ります。

ただ大相撲の世界に身をおく思いは希薄で、
4年の夏には高校教師としての内定をもらっていました。

 

ところが、卒業を2ヶ月前に控えて、
後輩が突然亡くなってしまいます。

体格にも恵まれ、将来を嘱望されていた人物でした。
昼寝中に心臓が止まって、そのまま亡くなってしまったのです。

 

それを機に、人間はいつ死ぬかわからない、
自分が本当にやりたい事に挑戦しようと、

大相撲界への道を決意しました。

 

 

舞の海の入門時のエピソードで有名なのが、
頭にシリコンを入れて、新弟子検査受けたことです。

大相撲入門の当時の条件が、身長173㎝でした。

それに対して、舞の海の身長は169㎝、
4cm足りません。

その時の写真です。

siriko

 

頭皮を剥がし、シリコンの袋を入れる手術は、
4時間かかったといいます。

術後、3日間は眠れず、不整脈となり、
新弟子検査までの1ヶ月間は激痛が続きました。

 

 

何とか新弟子検査に合格した舞の海でしたが、
身体が小さいという現実は変わりません。

 

同じ相撲を取っていたら勝てないので、

半径4m55㎝の土俵をどう使うかということを、
いつも考え抜いていたそうです。

 

ある時は、大学時代の同級生から、

「立ち合いでの変化が中途半端。
ジャンプして相手の後ろに付くくらいの変化をしてみろ」

と言われ、素直にそれを実行したのが、

『八艘(はっそう)跳び』です。

 

舞の海 VS 北勝鬨


 

 

立ち合いから、しゃがみ込んで懐に入る稽古もしました。

 

舞の海 VS 貴ノ花

 

舞の海 VS 琴富士

 

動画をよく見るとわかりますが、

舞の海はしゃがみ込む前に、
一瞬身体を起こしていることがわかります。

 

それによって、貴ノ花も琴富士も
舞の海の胸を押そうと両手を伸ばしています。

そのスキをついて見事に相手の懐に入ることに成功しています。

 

 

曙(横綱になる前)との一戦でも作戦は成功しました。

 

舞の海 VS 曙

 

この時は、曙が吊りにくることを想定し、
内掛けで倒すことも考えていた通り実行しました。

 

身体が小さい分、
本当に頭を使って戦っていたことがわかります。

 

舞の海が勝った時のお客さんの喜ぶ様子が印象的です。

『小よく大を制す』を
目の当たりにしたお客さんの爽快感が伝わってきます。

 

 

今まで紹介した映像も含んでいますが、
どうぞ “ 平成の牛若丸 ” 舞の海の取組みをご覧下さい。

 

【技のデパート】舞の海 好取組集

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*