コーヒーフレッシュは危険なのか? トランス脂肪酸との関係は?

コーヒーフレッシュを使いますか?

私は基本的には使いませんが、マクドナルドなどの手軽な金額で飲めるコーヒーの場合には、飲み始めて、冷めてきた後半あたりからコーヒーフレッシュを入れて、味を変えることはあります。

コーヒーフレッシュは本当に危険なのか? そして、身体に良くないとされるトランス脂肪酸とコーヒーフレッシュの関係について、調べてみたいと思います。

Sponsored Link

コーヒーフレッシュの主成分

コーヒーフレッシュは『ミルク』ではないと、以前から薄々知ってはいましたが、身体に良くないと聞くと、調べないわけにはいきません。

コーヒーフレッシュ2

まず、コーヒーフレッシュの原材料はメーカーによって少し異なりますが、主に、植物油脂、ph調整剤、カゼイン、乳化剤、香料、砂糖です。

メーカーによっては、脱脂粉乳を入れているところもあります。

 

植物油脂は、植物から採れた油そのものですので、わかりやすく言えば、サラダ油です。

植物油脂

ph調整剤は、酸性・アルカリ性の度合いを調整し、食品の変色や変質を防いで、食品を長持ちさせます。 コーヒーフレッシュが、常温で数カ月もつのは、ph調整剤の働きです。

コーヒーフレッシュのトロッとした感じは、カゼインという食品添加物の成分によります。

 

混ざりにくい二つの物質を混ざり合わせる働きをするのが、乳化剤。

 

ネットでは、着色料も原材料の中に入っているという情報もありますが、『 コーヒーフレッシュ 成分 』 で画像検索をして出てきた写真では、ほとんどその記載がありません。

近くのコンビニに行って一商品を確認してみても、やはり記載されていません。

着色料を使用していた場合は、表示義務があると思いますので、記載されていないという事は使用されていないのでしょう。

疑問

ちょっと調べてみると、植物油脂と他の原材料を混ぜるために乳化剤を入れると、白く濁るとありますので、コーヒーフレッシュのあの白色はここからきているのかと思います。

 

コーヒーフレッシュの正体

ここで私が調べた第一の結果をいうと、『 コーヒーフレッシュは、サラダ油と食品添加物を混ぜたもの 』となります。

更に、コーヒーフレッシュを語る上でポイントとなるのが、「 トランス脂肪酸 」です。 コーヒーフレッシュが、『身体に良くない』『危険』と言われるのは、ここに原因があるようです。

続いて、トランス脂肪酸についてみていきましょう。

 

Sponsored Link

トランス脂肪酸とは?

コーヒーフレッシュが、「どの程度危険なのか?」「身体に良くないのか?」という事に対しては、このトランス脂肪酸のことがわからないと、充分な説明がつきません。

 

先ほど見てきたように、コーヒーフレッシュの主成分は、植物油脂です。

あぶらには、常温の時、液体(油)と固体(脂)のあぶらがあり、これをまとめて油脂といっています。 この油脂は、脂肪酸とグリセリンという分子からできています。

 

この後にも「この脂肪酸は~」という説明が更に続きますが、そこまで知らなくても良いと思いますし、私も読み進めていくうちに嫌になってきました。

要するに脂肪酸を更に分解していくと、『 トランス脂肪酸 』という脂肪酸の一つにいきつきます。

 (※トランス脂肪酸にもたくさんの種類があります)

 

コーヒーフレッシュにからめて話をすすめると、常温での植物油脂の加工過程で生じるのが、トランス脂肪酸です。

コーヒーフレッシュとトランス脂肪酸の関係がわかったところで、もう一つの疑問、トランス脂肪酸が身体にとってどういうものかという事について、みてみましょう。

 

トランス脂肪酸の身体への影響

農林水産省では、トランス脂肪酸に対して、

「トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されています」

と言っています。

端的にいうと、「 身体に悪い 」ということです。

 

具体的には、トランス脂肪酸を取ることで、いわゆる悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまいます。 日常的にトランス脂肪酸を取り過ぎていると、心臓病のリスクが高まるという研究結果もあります。

 

ちなみに、日刊ゲンダイのインタビューで、東北女子大の加藤秀夫教授(時間栄養学)は、

先生

「(トランス脂肪酸は)悪さはしても、プラスに働くことはない。体には必要がないものなのです」と言いきっています。

  ☆詳しくは、農林水産省『すぐにわかるトランス脂肪酸』

 

世界保健機関(WHO)は2003年に、トランス脂肪酸の摂取量を、摂取エネルギーの1%(約2g)未満にするようにと、勧告しています。

 

農林水産省(2008年)の調査では、日本人一人一日のトランス脂肪酸摂取量は、0.92~0.96gでした。 欧米人に比べると、日本国民のトランス脂肪酸摂取量は少ないため、日本では企業に対しての食品表示義務もまだありません。

考える男性

最後に、ここで考えるべきことは、一つは摂取する量の問題です。

 

身体に悪いものは世の中にごまんとあります。それらをすべて口にしないということは、まず不可能です。

ですから、少量ならやむを得ないから使うという考え方もありでしょう。

 

次に他に代替ができたり、使用しない選択ができるかという問題です。

コーヒーフレッシュ場合、これは十分可能です。 家ではミルクを入れて飲み、お店ではカフェラテやカフェオレを注文すれがいいのですから。

コーヒーフレッシュのあの匂いじゃないとダメなんだという人以外は。

 

もう一つ付け加えると、トランス脂肪酸は、マーガリンとショートニングに多く含まれています。 ショートニングは、パン、ドーナツ、スナック菓子などを造る際にバターやラードの代用品として使われています。

 

どちらかといえば、コーヒーフレッシュよりこちらの方が、問題は大きいですね。

 

【関連記事】⇒『カフェインの取り過ぎで死亡  過剰摂取?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*