完結出生児数とは? 人口減少の対策に力を入れるべきポイントは?

人口減少の始まり

日本の人口が、国勢調査開始以来はじめて減少したというニュースです。

【読売新聞 2016年2月26日】

総務省は26日午前、2015年国勢調査の速報値を発表した。昨年10月1日現在の日本の総人口は1億2,711万47人(男性6,182万9,237人、女性6,528万810人)で、10年の前回調査より94万7,305人(0.7%)減った。国勢調査では、1920年の調査開始以来初めて人口減が記録された。

当たり前の話ですが、人口が減るという事は、生まれる人数よりも亡くなる人数の方が多いという事です。

特殊出生率・年次推移3

グラフを見るとわかるように、近年の出生数は年々減少傾向にあり、ここ数年で年間出生数100万人を切ってしまうのではないかと思えるほどです。

合計特殊出生率は、1.42(2014年)とわずかながらも回復傾向にあります。

 

Sponsored Link

完結出生児数とは

それに対して、完結出生児数は、2010年の第14回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)で、1.96人となって、1940年の調査以来、初めて2.0人を割り込みました。

合計特殊出生率を算出する際の分母には、結婚していない女性(15歳~49歳)も含まれています。

完結出生児数は、夫婦が最終的に産んだ子供の数をあらわします。結婚から、15~19年たった夫婦の平均出生子供数を調査し、その数を夫婦の最終的に産んだ子供の数とします。たしかに完結出生児数が減ったことは問題です。

しかも調査対象が結婚から15~19年たっている人ということは、結婚時が20代後半だと思うので、現在は40代半ば~50才前後の人の出生子供数になります。年代でいうと、結婚時1990年代前半で、バブル崩壊から徐々に景気後退が顕著になっていく時期です。

バブル崩壊

ですので、完結出生児数は近年もっと減っている可能性があります。

2015年の完結出生児数がちょっと氣になります。第15回の出生動向基本調査は、昨年の6月~7月にかけて行われましたが、まだ正式な調査結果は発表されていないようです。

2010年の調査で減ったとはいえ、それでも平均すると一家庭に二人の子供が生まれています。一人っ子が増えているという現実はありますが、(子供数1人:2005年11.7%、2010年15.9%)結婚すれば平均二人の子供を産み育てているのです。

 

Sponsored Link

人口減少対策 お見合い企画

そう考えると、人口減少を止める対策の一つとして、結婚したくても出来ない、縁を持てない人のサポートを、もっとしてもいいかもしれません。元々日本人はシャイな民族ですし、近頃は草食系と言われる男性も増えているので、せっかくの男女の縁を生かせない人も多いはずです。

そこで見直されてもいいのが、『お見合い』です。

お見合い

第8回の1982年出生動向基本調査では、お見合い結婚の割合が29.4%もありました。それが5年ごとの調査で、23.3%、15.2%、9.7%と減り続け、2010年の調査では、5.2%まで減ってしまいました。

これは私の勝手なイメージかもしれませんが、『お見合い』=「結婚を前提にした堅苦しい出会い」という感じがします。これを時代にあったものにしていければいいと思います。

そう、『結婚願望を持った人が多くの出会いをする場』をどんどん増やしたら良いでしょう。

 

すでに地方自治体で行われているお見合い企画を、もっともっと増やしてもいいのではないでしょうか。現在日本には、1,718の市町村があります。その十分の一の自治体が企画しただけでも、170のお見合い企画が出来上がります。

お見合い2

と考えていて、ちょっと検索サイトで「見合い企画 自治体」で検索すると、『婚活検索サイト 体験談&攻略法&比較』というサイトが出てきました。そこには全国の自治体などで行われている婚活パーティが、たくさん紹介されています。

これだけの企画があるのですから、後は自己責任でおおいに参加してもらい、自治体では、二人目三人目を産んだ夫婦には経済的支援をもっと充実していってもらいたいですね。

 

【関連記事】⇒『医学的な女性の妊娠・出産適齢期

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*