「江戸しぐさ」とは? 偽りの伝統(嘘)・創作物なのか?

この頃、『江戸しぐさ』という言葉を耳にするようになりました。

はたして『江戸しぐさ』とは、どういったものなのでしょうか? インターネット上では“怪しい”という意見も散見されますので、ちょっと調べてみましょう。

Sponsored Link

江戸しぐさとは?

この『江戸しぐさ』、簡単にいえば、江戸時代の商人が行っていたとされる行動哲学のことです。

行動哲学というくらいですから、その行いには、「いかに生きるべきかとか」、「人にどう対するべきか」などの意味が含まれていたはずです。

 

具体的な江戸しぐさのいくつかの種類をあげると、狭い路地ですれ違う時、傘を傾けて相手が濡れないように氣づかう『傘かしげ』や、

傘かしげ

相手に足を踏まれた際に、こちらもボーッとしていたからと相手に謝る『うかつあやまり』などがあると言われています。

 

こんな説明を聞けば、「江戸の人は、思いやりがあったんだねぇ。少しは見習わなくちゃ」と感心してしまうのが普通の日本人的感覚でしょう。

 

『江戸しぐさ』の文献なし

ところが、この『江戸しぐさ』、まったく文献が存在せず、その信憑性が疑われていると聞くと、「えっ、どういうこと?」となってしまいます。

このての話は、昔から綿々と受け継がれてきたことに対して、現代においてあまり知られていない現実に危機感を持った人が、コツコツと情報発信したところ、マスコミに取り上げられ、注目を浴び始めるといったパターンが多いかと思います。

 

では、この江戸しぐさの情報発信を始めたのは、誰だったのでしょうか?

 

wikipediaによれば、芝三光(本名:小林和雄)という人物が提唱し、「NPO法人江戸しぐさ」が普及・振興を促進しているそうです。

NPO法人江戸しぐさのHPでは、芝三光の本名が『小林和男』になっています。

 

Sponsored Link

『江戸しぐさ』提唱者・芝三光

芝三光は、1922年に東京の芝に生まれました。

1965年に「江戸を見直すミーティング」を設立し、1974年には「江戸のよさを見なおす会」をつくっています。

 

「NPO法人江戸しぐさ」は、2007年9月5日に設立された団体です。 法人の代表は、理事長である越川禮子氏になります。

越川禮子

越川禮子が師と仰ぐのが芝三光で、「亡き師の思いを何とか世の中に広めようと」設立したのが、NPO法人江戸しぐさですので、芝三光はすでに亡くなっています。

 

ここで自然と先ほどの疑問がわいてきます。

「(江戸しぐさに関する)文献がないって、どういうこと?」

NPO法人江戸しぐさのHPでは、

・「江戸しぐさ」、そのものに関するまとまった文献は残っていない。

・江戸講は一種の秘密結社として活動、その内容は文書には書き残さず、口伝が当たり前だった。

・仮に文書で書き留めておいた場合、形式論に流れ、その本質が伝わらないという危惧もあったようだ。

と書かれています。

ちょっと言い訳のように聞こえなくもありません。

 

芝三光が生まれた1922年は、大正11年です。

彼の祖父が、江戸講の講元で、幼いころからその教えを受けて育ったといいます。(「講」は寄り合い、組織などの集まりの意)

 

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9896290012621242"
data-ad-slot="4850582610"
data-ad-format="rectangle">


『江戸しぐさ』は嘘?

文献がまったく残っていないということは、逆に言えば、その存在自体がなかったとも言えます。 また、ここ最近までほとんどの人が『江戸しぐさ』の存在を知らなかったという点が、どうも腑に落ちません。

 

芝三光が提唱するまでこの世に出てこなかったのは、どういうことでしょうか?

 

北斗の拳

漫画「北斗の拳」の“ 一子相伝 ”の秘儀であれば理解できなくもないですが、『江戸しぐさ』はそういった類のものではありません。

逆にどんどん広めるべき内容に思えます。

 

このなぜ?に対して、NPO法人江戸しぐさのHPでは、

・明治維新で勝者となった官軍側が、統治の都合上、江戸時代に関するものは全て否定したからである。

・第二次世界大戦も江戸しぐさにとっては災難だった。

「戦争中は集会の自由がなかったし、戦争が終わったらすべて正しいものはあちらさん、アメリカになって日本の伝統や文化は全て否定されてしまった。 日本の伝統、文化に関する書物が大量に処分された」

と書かれています。

だとすると、芝三光がいなければ、『江戸しぐさ』の歴史が、完全に途絶えてしまった可能性があります。

 

文部科学省発行の「私たちの道徳」でも『江戸しぐさ』が紹介され、児童達に教えられています。

文部科学省では、

「批判があることは知っています」

「道徳の教材は江戸しぐさの真偽を教えるものではない。正しいか間違っているかではなく、礼儀について考えてもらうのが趣旨だ」

と苦しい言い訳ともとれることを言っています。

  【引用先】BuzzFeed「それはいつわりの伝統~」石戸諭

 

文部科学省では、すぐに後戻りが出来ない状態のようです。

中学の公民の教科書で『江戸しぐさ』を掲載していた育鵬社は、平成28年度から内容をはずしていくことが決まっています。

 

いずれにしろ、ここ数年でその真贋が明らかになっていくでしょう。

 

【関連記事】⇒『道徳の教科化で何が変わる?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*