硫黄島には、観光ツアーで行けるのか?

東京都に硫黄島(いおうとう)という島があります。

「硫黄島には観光で行けるの?」というネットの書きこみがあったので、調べてみました。

硫黄島 すり鉢山

硫黄島での戦い

硫黄島といえば、第二次世界大戦末期の1945年2月19日から3月26日にかけて、米軍との激しい戦いが繰り広げられた島です。 日本軍の戦死者は2万名を超えました。

  硫黄島の戦い・遺骨収集については、こちら

 

もし、この硫黄島を米軍に奪われたなら、日本本土への爆撃が更に激しくなることが予想されたため、私達の先輩達は生命をかけて、この戦いに身を投じてくれました。

結果的に日本は敗戦してしまったわけですが、目に見えない英霊の方々のその尊い思いは、間違いなく現代の日本人の潜在意識の中に育まれていると信じたいです。

 

Sponsored Link

硫黄島に残されたご遺骨

大戦の最中、硫黄島を占領した米軍は直ちに滑走路を整備し、日本本土への爆撃を強化しました。

その整備された滑走路の下には、硫黄島で亡くなられた日本兵のご遺骨が、取り残されたままになっています。

敗戦後もしばらくの間、米国の占領下に置かれた硫黄島でしたが、1968年6月26日小笠原返還協定により日本に返還されます。

返還された硫黄島でしたが、自衛隊は滑走路をそのまま使用し、硫黄島自体への自由な渡航は、現在も認められていません。

必然的に、硫黄島への観光は現在できない状況です。

 

年に一度、3月に硫黄島では日米合同の慰霊式典が行われます。

硫黄島慰霊式

【日本経済新聞 2016.3.19】

太平洋戦争末期の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で19日、日米合同の慰霊式典が開かれた。両国の遺族や政府当局者、退役軍人ら約270人が日米約2万9千人の戦没者を追悼し、恩讐を乗り越えた両国民の平和と友情の絆を誓い合った。

 

硫黄島クルージングツアー

このように直接の上陸はできない硫黄島ですが、年に一度、硫黄3島クルージングツアーを企画している会社があります。

株式会社ナショナルランド(小笠原旅行専門)

 

2016年は、5月に開催されました。別の年のものですが、動画もアップされています。

【硫黄島クルーズ2014】


 

自国の領土であるにもかかわらず、今も渡航できないという現状に問題はないのでしょうか? 自衛隊の基地として使用しているから渡航できないでは、理由になりません。

更には現在もなお、半分近くのご遺骨が硫黄島に取り残され、愛する祖国の地へ帰ることができないままです。

日本のために生命がけで戦い散っていかれた英霊の方々を、慰霊することも許さない現状を変えていくことは、今を生きる私達の責任であると思います。

 

  ご遺骨収集に必要なこと ⇒『硫黄島・滑走路をはがす

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*