日本の少子高齢化問題の現状・原因を、まず確認してみよう

少子高齢化問題

今では『少子高齢化』という言葉が、当たり前のように使われています。 この『少子高齢化』は、二つの言葉が合わさってできていることに気づくと思います。

そう、『少子化』と『高齢化』ですね。

出生率が減って子供の数が少なくなっていく状態と、平均寿命が延びて、高齢者の数が増えていく状況が生みだされているのが、今の日本社会といえます。

 

ここで特に問題となるのが、『少子化』です。 『高齢化』は決して悪いことではないからです。 70代・80代でも元気に生活でき、孫やひ孫に囲まれて楽しく過ごすことができれば、こんなに良いことはありません。

高齢化

もちろん寝たきりの高齢者が増えることは、あまり良いこととは言えません。 子供や家族にとって、「寝たきりになっても、生きていてくれればいい」という思いになるのは、肉親の情としてわかります。

でも例えば、自分自身のこととして置きかえてみた時に、「食事や排せつもままならない状態で生きていたいか」と問われれば、私も含めた多くの人が、「NO」と答えるのではないでしょうか。

 終末医療について関心がある人は、こちらの記事をどうぞ ⇒ 『寝たきり老人と終末期医療

 

Sponsored Link

二種類の出生率

現在の日本人の平均寿命は、男性80.50歳、女性86.83歳です。(厚生労働省 平成26年簡易生命表の概況)

平均寿命は年々増えていますが、逆に年々減少しているのが出生数であり、近年やや微増しているとはいえ、とても低い数値が合計特殊出生率です。

出生数及び合計特殊出生率年次推移

合計特殊出生率とは、一人の女性が一生に産む子供の平均数ですが、結婚していない女性の数も含んで計算されています。(15歳~49歳の女性の年齢別出生率を合計したもの)

2014年の合計特殊出生率は、1.42人で、出生数は、100万3,539人でした。 では、結婚した女性は平均してどれくらいの子供を産んでいるかというと、2010年が最新の調査結果で、1.96人です。 【完結出生児数 第14回調査(2010年)

  『完結出生児数とは?

結婚すれば一家庭で約2人は産んでいることになります。 この数字もひと頃から比べると、かなり減っていますし、今後も、このままでは減少を止められないでしょう。

 

問題は結婚件数の減少

何となく少子化の原因が見えてきました。

年間の結婚件数の推移を確認すると、

婚姻件数年次推移

こうなります。

要するに結婚件数が減っているのです。 結婚したくないという人は一定数いると思います。 それは個人の自由ですから、とやかく言うつもりはありません。

問題は、結婚したいと思っている人達が結婚できないことにありそうです。 ここをどう改善していくかが、少子化問題の解決につながるポイントでしょう。

 

原因があって結果が生まれます。 まず正しい原因の分析、そして適切な対処。 その辺りを、政府としてどう考え、施策をたてるのか問われています。

 

【関連記事】⇒『少子高齢化の対策に、政府は何をしているか?

 

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*