職場のパワハラとは? まずは毅然とした態度で。

パワハラとは?

職場でのパワハラを受けた経験はありますか?

そもそもパワハラとは、パワーハラスメントの略で、職務上の地位や優位性を利用した嫌がらせ行為のことです。

ちょっと回りくどい表現かもしれませんが、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」では、パワハラを、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう」

と定義しています。

パワーハラスメントは、いわゆる和製英語で、学校でのいじめのようなものともいえます。

パワハラ

パワハラの種類

ただ、自分の優位性を知っていて、相手が反抗しずらいことを見越した上での行為ですので、子供のいじめより、もっと悪質で卑怯な行為です。

厚生労働省では、「パワハラは6つの種類がある」としています。

1.暴行・傷害

2.脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言

3.隔離・仲間外し・無視

4.過大な要求(遂行不可能なことの強制など)

5.過小な要求(程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない)

6.私的なことに過度に立ち入る

暴力や脅迫などは論外ですが、「業務上の適正な範囲」との線引きが難しいケースもあります。どういった状況で行われたのか、またはそれが継続して行われたのかなども考慮する必要があります。

人によって、感じ方の違いもあるでしょう。

パワハラ4

Sponsored Link

パワハラへの問題意識

企業としてもパワハラは、「経営上の重要な課題」としてとらえるところが多いようですが、実際に具体的な予防や、解決するための取組みを行っているかというと、そうでもないようです。特に従業員数が少ない企業の職場では、それが顕著です。

経営者の認識では、

・職場の雰囲気が悪くなる

・社員の心の健康を害する

・十分な能力を発揮できなくなる

など、パワハラの悪影響を理解しているので、職場からパワハラの一掃をしたいところでしょう。

問題は「業務上の適正な範囲」が何かという事になります。 トップの経営者がパワハラ撲滅の強いメッセージを発し、ガイドラインなどを作成して、ルールを決めることで、社員の意識や態度も変わってきます。

過去には裁判になった事例もたくさんあるので、そういったことの周知も、職場からのパワハラをなくす方法です。

 

自分自身がもし、パワハラを受ける対象になってしまった場合は、上司に対して毅然とした態度で接し、それでもやめない場合は、そのパワハラの証拠(会話の録音など)をのこして、会社やさらに上の役職の上司に、報告・相談するしかないですね。

 

【関連記事】⇒『パワハラへの仕返し(対処)方法は?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*