「マタハラ」 、「逆マタハラ」とは何のこと?

マタハラとは?

『マタハラ』という言葉がだいぶ浸透してきた感じはありますが、『逆マタハラ』という言葉もあることを知っていますか?

マタハラは、『マタニティ ハラスメント』の略になります。

主に、職場において妊娠や出産した際に、その女性対して行われる嫌がらせを指す言葉です。

%e5%a6%8a%e5%a8%a0

マタハラは2014年、毎年行われているユーキャン企画の新語・流行語大賞で、大賞は逃しましたが、トップ10入りを果たしました。 受賞した年数を考えると、マタハラという言葉が注目されるようになってから、まだ数年しかたっていないことになります。

流行語大賞トップ10で表彰されたのは、立教大学社会福祉研究所の杉浦浩美研究員です。 2000年以降、マタニティハラスメントに関する研究を開始し、2009年には、「働く女性とマタニティハラスメント」という書籍をだしています。

2013年5月に日本労働組合総連合会が実施した「マタニティ・ハラスメントに関する意識調査」で、にわかにマタハラという言葉が、社会的に知られるようになりました。

 

Sponsored Link

逆マタハラとは?

マタハラについてはわかりました。

では、『逆マタハラ』とは、どういうことなのでしょうか?

逆マタハラとは、妊婦となった人が、そのことを権限として当然のことと利用し、周りの人への気遣いをせず、精神的にも仕事量的にも負担をかける行為のことです。

権利ばかり主張するわがまま妊婦に対して、同僚達が、「逆マタハラだ」と感じるわけです。

 

会社の大小を問わず、一人の欠員がでれば、誰かがそれを補わなくてはなりません。 その負担は会社なり、上司や同僚がうめてくれます。

その際に、もし当事者が「妊婦の権利」だけをふりかざしたら、どうなるでしょうか?

そこに生まれるのは、新しい生命の誕生に対する祝福の思いよりも、怒りや不満、敵がい心といったものになってしまいます。

%e7%94%a3%e3%81%bf%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%82%8b

権利の主張 < 感謝の思い

国の大きな課題として、少子化問題があります。

会社でも産休・育休などの子育て支援制度が充実してきているので、それを利用する社員も益々増加しています。

これは、妊娠・出産という事に限ったことではありません。 結局、「権利!」「権利!」とばかりに、「私がその制度を利用して何が悪いの」という態度では、和を尊ぶ日本社会の中で、嫌われる対象になってしまいます。

権利を行使する上での感謝の思いや、負担をかける相手への思いやりの心を忘れなければ、自然と日頃の言動にあらわれます。

 

「子供を安心して産み育てられる社会」の実現と、「そういう社会(国)で生きられる私」という立場に感謝できる個人が増えていけば、マタハラや逆マタハラという言葉もやがて消えていくかもしれません。

 

【関連記事】⇒『マタハラは法律で裁かれる?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*