稲田朋美防衛相への辻元議員の国会質問で考えたこと(動画あり)

稲田防衛相 涙ぐむ

今回ニュースになったのは、辻元清美議員(民進党)が、稲田防衛相に質問をした際に、その答弁で稲田防衛相が涙ぐんだという内容でした。 『涙ぐむ』というのは、目に涙をためることであり、泣きそうになるということです。

稲田朋美防衛相が9月30日の衆院予算委員会で、終戦記念日8月15日の全国戦没者追悼式を欠席したことをめぐり、民進党の辻元清美氏から「あなたは『自国のために命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家であっては防衛は成り立ちません』と言っておきながら言行不一致だ」と追及され、涙ぐむ一幕があった。  【夕刊フジ 2016.10.1】

 

稲田 VS 辻元 具体的やりとり

稲田防衛相と辻元議員の質疑の様子を見てみましょう。あとで動画も貼り付けておきます。 「解説なんていらない。早く動画を見せて」という人は、スクロールして下の方でどうぞ。

最初の質問は、過去の雑誌の発言に対する見解を辻元議員が問います。そして雑誌に載った核保有に対しての過去の考えを撤回しろと迫ります。

%e8%be%bb%e5%85%83%e8%bf%bd%e6%b1%82

それに対して稲田防衛相は「非核三原則を堅持し、核兵器のない世界を目指します」を繰り返し答弁します。

 

次に問題にしたのは、上のニュース記事内容の全国戦没者追悼式への欠席についてでした。国務大臣が参列すべき全国戦没者追悼式や通常であれば毎年行っている靖国神社へ、公務と称して行かなかった事に対する追求です。

具体的な欠席理由は、アフリカ東部のジブチへの訪問(8月13日~8月16日)でした。 ジブチは人口100万人にも満たない小国で、国土も日本の四国を一回り大きくした程度の広さの国です。

%e3%82%b8%e3%83%96%e3%83%81

現在、自衛隊はジブチに駐留していて、主な任務はソマリア沖・アデン湾における海賊対処になります。場所はよくわからなくても、『ソマリアの海賊』という話の記憶は誰にでもあるのではないでしょうか。

稲田朋美議員は、赤道直下の過酷な環境で任務についている自衛隊に対して、防衛大臣として1日でも早く、その実状を把握し激励したいという趣旨の訪問であると答弁をしています。

 

それに対して辻元議員は、

「あなたの『戦争で亡くなった方々への心を捧げる』というのはその程度だったのかと思われかねないんですよ」(18:54~)

「防衛大臣が靖国参拝に行くのを回避させるためと、報道されているんですよ」 

「私は、防衛大臣として(靖国神社参拝の)信念を貫かれた方がいいと思いますよ」

と畳みかけました。

 『稲田朋美議員が右翼発言って、本当?

 

%e7%a8%b2%e7%94%b0%e9%98%b2%e8%a1%9b%e7%9b%b8%ef%bc%88%e6%b6%99%e3%81%90%e3%82%80%ef%bc%89

稲田防衛相が涙ぐんだと書かれているのは、この場面(19:30~)でした。「ご指摘はご指摘として、受け止めたいと思います」と答弁しています。

 

【稲田防衛大臣 VS 辻元清美議員】

 

米国の事情 日本の事情

(心の笑みをこらえながら)嬉しそうな辻元議員と稲田議員の無念の表情が印象的な動画でした。 すべて承知の上でここぞとばかりに質問している辻元議員と、安倍内閣の圧力(事情)に屈しざるを得ない稲田議員という構図です。

靖國神社

もし稲田防衛大臣が8月15日に靖国神社の参拝をしたら、日本のマスコミが一斉に大々的に報道します。 同時に中国と韓国がタッグを組んで批判してきます。 この中国と韓国のタッグを嫌うのが米国です。

 

何とか中国から韓国を引き離したい米国は、昨年も慰安婦問題の日韓合意で、日韓の懸案を取り除くよう圧力をかけてきました。 そして今夏、高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」を朝鮮半島に配備することを、米韓の間で決断するに至りました。 それでも韓国は中国との経済的関係が緊密なので、いつまた韓国が中国にすり寄っていくかわかりません。

それは長い歴史のなかで、中国大陸を支配した国(元・明・清など)にずっと従属してきたのが朝鮮半島の国だったからです。 日本と韓国の間に問題を生じさせ、韓国が感情的にへそを曲げることを期待しているのが中国であり、そうさせたくないのが米国です。

%e6%94%af%e9%85%8d

米国の圧力を受けて従う、もしくは米国の考えを忖度して対応するのが、戦後日本が取ってきた生き残る道でした。米国の力が衰えているとはいえ、まだまだそういった日米関係に変わりはありません。

 『稲田朋美防衛大臣誕生で中国が慌てる? 何が変わる?

 

エセ保守だと稲田さんを攻めて、良い結果が生まれるとは私には思いません。

間違いなく時代は少しづつ変っています。 憲法改正の『か』の字すら言えなかった時代もあります。 自衛隊への親近感も本当にここ最近のものです。

稲田さんの無念の思いが、無駄にならないよう、私達は時代が変わっていくのを待つのではなく、変えていけるよう意識と努力が必要かと思います。

 

 稲田議員の明るい話題にふれたい人は ⇒ 『稲田朋美議員は、なぜ網タイツをはくのか?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*