来日したアウンサンスーチーの若い頃は? どんな人?

アウンサンスーチー氏が来日

ミャンマーのアウンサンスーチーが2016年11月1日に来日しました。

【時事通信】2016.11.1

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が1日、羽田空港着の全日空機で来日した。 今年3月の民主政権発足後、事実上の最高指導者となって初めての日本訪問で、2日に安倍晋三首相、3日に岸田文雄外相とそれぞれ会談する。 日本側は、経済協力の拡大などを通じて関係強化を図る考えだ。

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc2

アウンサンスーチー どういう人?

「アウンサンスーチーって、誰?」若い人にとってはあまり馴染みがない名前かもしれません。

ミャンマーは以前、ビルマという国名でした。

ビルマは第二次世界大戦前は、イギリスの植民地でしたが、独立運動家で「ビルマ建国の父」と呼ばれているアウンサンの功績もあり、イギリスから独立を果たします。

そのアウンサンの娘が、アウンサンスーチーです。 1945年6月19日生まれで、今年で71歳になりました。

イギリスのオックスフォード大学で学びイギリスで生活していたアウンサンスーチーが、ミャンマーに帰国したのは1988年3月、彼女が42歳の時でした。 ミャンマーはその当時、軍事政権が国を治めていた時期で、民主化運動が激化していた時でもありました。

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc-%e3%83%9f%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e7%b7%8f%e9%81%b8%e6%8c%99

「ビルマ建国の父」の娘の帰国に、民主化運動は益々盛り上がりを見せますが、その分弾圧も激しくなり、1989年7月にアウンサンスーチーは、自宅軟禁状態に追い込まれます。

その後、軟禁の解除は行われましたが、ことあるごとに自宅軟禁が繰り返され、自由な政治活動ができないよう、軍事政権は行動を制限しようとしました。

2012年に行われたミャンマー連邦議会補欠選挙に、国民民主連盟から立候補したアウンサンスーチーは初当選を果たし、2015年の総選挙でも大勝した国民民主連盟は与党となり、ミャンマーの舵取りを任せられることになりました。

 

アウンサンスーチーの若い頃は?

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc4

この写真は、英国にて結婚し、子供を抱いている時のものです。 長男か次男か不明ですが、長男は1973年に生まれていますので、アウンサンスーチーが30歳前後の時のものです。 知性と気品が感じられる写真です。

こちらの写真は、40代前半の時のものです。 この時もかなり痩せている雰囲気です。

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%ef%bc%95

ご主人とのツーショット。

%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc7

この笑顔が美しい写真は、すでにミャンマーに帰国した後に写したものです。

¤Aung San Suu Kyiiƒ~ƒƒƒ“ƒ}[j@ ƒ~ƒƒƒ“ƒ}[–¯Žå‰»‰^“®Žw“±ŽÒ

 

こちらの動画は、2011年につくられたアウンサンスーチーの半生を描いた映画の予告編です。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*