オバマ大統領の任期はいつまで? 米国大統領の退任後は?

米国大統領選挙がまもなく始まります。(12/12現在:トランプ大統領にほぼ決定)

誰が次期大統領になるかわかりませんが、現在の大統領であるバラク・オバマ大統領の任期はいつまでなのでしょうか?

(記事をアップした時点では、まだ大統領選は行われれていませんでしたが、11/8の一般投票でトランプ候補が次期大統領にほぼ決まりました。 最終的には12/19の選挙人投票で決定)

%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e

オバマ大統領任期は?

オバマ大統領が大統領に就任したのは、2009年1月20日でした。

米国の大統領は、1期4年の任期で、2期8年続けることができます。 ということは、現在2期目のオバマ大統領は、2017年1月20日までの任期ということになります。

 

それにしても時の流れは早いものです。 「Yes, We can !」、「Change !」と言って米国民の期待を一身に受けて、黒人初の大統領に就任したのが、もう8年前になります。

懐かしい(?)「Yes, We can !」をご覧ください。 1:00から、連発しています。


残すところおよそ2ヶ月となった米国大統領にとって、あとはスケジュールを淡々とこなすだけといっても言い過ぎではありません。 日本のテレビでも連日、次期大統領の報道がなされているように、米国民にとっては、現大統領は過去の人になりつつあります。

%e3%82%aa%e3%83%90%e3%83%9e3

一つの象徴的内容が、今日本でも非常に関心を持たれているTPPに関する問題です。 環太平洋の国々が自由貿易を今後どう進めていくかという取り決めをしているのがTPPですが、現在は各国それぞれが議会の承認手続きを行っている最中です。 

日本では山本農水相の発言(強行採決)で、野党が反発して足踏み状態です。 トランプ次期大統領はこのTPPに反対の立場を明確にしています。

米国のオバマ大統領としては、議会の承認手続きをすすめたいところですが、上下両院で多数派を維持した共和党では、手続き入りを否定しています。 ということは、オバマ大統領任期中の議会承認は、完全になくなったことになります。

自身の政権で強くすすめていたTPPも、もはや次期政権にゆだねるしかできない現状が、オバマ大統領の立場です。

 

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9896290012621242"
data-ad-slot="4850582610"
data-ad-format="rectangle">


オバマ大統領の引退後は?

オバマ大統領は、引退後はどんな生活を送るのでしょうか?

%e3%81%8f%e3%81%a4%e3%82%8d%e3%81%90

民主主義国家が多くをしめる現代の世界とはいえ、結局のところ国際間においてものをいうのは、お金と力(軍事力)です。 米国は世界のGDPのおよそ25%をしめ、軍事費においても世界全体のおよそ36%をしめる超大国です。

米国大統領としての実績の有無は別として、8年間そういう国のトップを務めることが、どれだけ精神的身体的に重圧を感じるか想像できません。

1961生まれのオバマ大統領は、今年55歳になりました。 年齢的にはまだ働き盛りという年齢です。 しばらくは、のんびりと過ごしながら、家族との時間、また大統領としての8年間を振り返る時を持つのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

歴代米国大統領の引退後

実際、米国大統領は引退後、どんな生活をしているのでしょうか?

CNN(米国のニュース専門TV)によると、『大統領を辞めた後も、公務員として国から年間約20万ドルの年金と医療保険、公務出張費、個人事務所が提供される』という事です。

また、ほとんどの大統領が退任後は、回想録として書籍をだしています。 例えば、ジョージ・W・ブッシュ(Jr)であれば、「Decision Points(邦題:決断のとき)」、ビル・クリントンは、「My Life(邦題:マイライフ クリントンの回想)」。

これだけでも、契約料や印税を含めると数億から数十億円を稼ぐことになります。 また講演料は1回の講演で、数千万円という金額ですから驚きです。【参考:cnn.co.jp

機密事項以外でも、大統領として話す内容は限りなくあるでしょうから、話題には事欠かないでしょう。

 

こういった内容を見るだけでも、世界最強国家の大統領を務めるということが、どういうことかという事を如実にあらわしているといえます。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*