中井りんがRIZIN(ライジン)に参戦 どんな選手?

中井りん参戦

年末の12月29日、中井りんのRIZIN(ライジン)参戦が決定しました。 中井りんは現在、総合格闘技の団体であるパンクラスに所属している選手です。

【スポーツ報知 2016.11.13】

東京・ディファ有明で開催された「パンクラス282」で、中井りんがシャーリーン・ワット(豪州)に勝利。この試合はTOKYO MXで生中継されていたが、そこでRIZINの高田延彦統括本部長がマットに上がり  「中井りん、大みそかRIZIN、パンクラスの代表として、村田夏南子と大げんか、やれんのか?」と挑発。中井は「やりましょう。お願いします」 と受けて立った。

 

その時の動画をアップしてくれている人がいます。 ライジンの高田延彦統括本部長と観客との掛け合いもおもしろいです。

高田 「中井りん、大晦日ライジン   パンクラスの代表として、村田夏南子と大喧嘩 やれんのか?」  客 「そこ笑うところじゃないよ、りんちゃん」  観客 「(笑い)」  高田 「もう一回聞くぞ」  観客「(笑い)」

高田 「皆さん、急におじゃまして、申し訳ないですけど」  客 「 『出てこいや!』 やって」  高田 「 『出てこいや』 今日やらないの」  観客 「(笑い)」

 

Sponsored Link

中井りんプロフィール

愛媛県出身の中井りんは、1986年10月22日生まれ、現在30歳です。

3歳から柔道を習い、19歳から総合格闘技を始めましたが、今でも柔道家として道場での稽古も続けています。 また、小学生の六年間は器械体操を習っていました。 そのため試合後のパフォーマンスとしておこなうバク転やバク宙は、難なくこなすことができます。

身長155㎝、体重56㎏(パンクラス公式サイトより)、階級はバンタム級(61.2kg以下~56.7kg以上)で、初代クィーン・オブ・パンクラシスト(チャンピョン)です。

 


ライジン 女性の活躍

ライジンが立ち上げられたのは2015年で、最初の試合はその年の12月29日と31日に行われました。 メインの選手は、ヒョードルや石井慧でした。

その中の一試合の選手の中に、現在シュートボクシングのチャンピオンであるRENA選手がいました。



ファイトスタイルもビジュアル的にも一般受けする選手で、この日が初めての総合格闘技の試合でしたが、見事にアームバーで相手選手からギブアップをうばっての勝利でした。

前回行われた2016年9月の試合でもRENAは、女子レスリング界のレジェンド・山本美憂から、アームトライアングルチョークによるギブアップで、勝利を得ています。

そういうRENAの活躍の流れもあって、女性の格闘家を全面に押し出してイベントを盛り上げようとする、ライジンの主催者側の思惑が現在でているようです。

中井りんは、そういう面では格好の存在です。

 

Sponsored Link

中井りん参戦の意義

中井りんは、幼顔に似合わない筋肉質な体型、しかもバスト105㎝のGカップで、試合終了後にはバク宙まで披露する身体能力をもっています。



中井りんは日本での試合で、20戦して18勝1敗1分(UFC埼玉大会にてミーシャ・テイトに判定負け、米国では1戦1敗)ですから、今回対戦する村田夏南子にとっては、5戦目にして最強の相手を向かえたことになります。 どちらが勝つにしても、再戦必至のカードになる予感がします。

  『中井りんと村田夏南子の対戦予想

 

RENAと中井りんは現在のところ階級の違いはありますが、今後の展開によっては、契約体重を50~52㎏くらいにして対戦させるという方法もあるかもしれません。

ライジンの前身であるプライド時代には考えられなかった女性の台頭、今後バンタム級やフライ級で熱い戦いが展開しそうです。

 

★中井りんの試合の生放送(12/29)を観るには、スカパーの契約が必要です。今なら加入料0円(~2017年3月31日まで)※別途月額料金はかかります。 ↓

 

【関連記事】⇒『中井りんとパンクラス 女性の活躍がRIZINの明暗をわける?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメント

  1. 波田純 より:

    村田さんとは注目の対戦カードですね。
    中井さんの試合を見たことがないので楽しみです!

    1. kakusureba より:

      組まれる女性の対戦カードの中で、一番期待が持てる試合ですね。

コメントを残す

*