小池百合子知事は、千代田区長選に勝負をかける(予想)

昨年7月31日、東京都知事に当選した小池百合子都知事も就任して、早半年が経とうとしています。

東京オリンピックの施設問題や築地の豊洲への移転問題などの提起で、現時点ではおおむね都民の支持を得ているようです。 所属の自民党とのかけ引きでは、マスコミを味方につけ、武力を用いない戦国武将さながらの戦いっぷりです。

街中で、こんなポスターを見かけました。

千代田区長選

一緒に写っているのは、東京都千代田区の石川雅己区長です。

なぜこんなポスターが貼り出されているかというと、2017年2月5日(告示日1月29日)に千代田区の区長選挙が行われるからです。

このポスターを見て多くの千代田区民は、「小池知事は石川区長を応援しているんだ」と思うでしょう。 選挙にそれなりに関心がある人は、「告示前の選挙運動は禁止なのに、なんでこんなポスターが貼ってあるの?」という疑問を持つかもしれません。

このポスターの下部を見て下さい。 『 街頭演説会(日時:平成29年3月4日)』と記載されています。 この記載によって、このポスターは区長選挙後の演説会のお知らせという形をとった政治運動になるわけです。 この記載がなければ、事前運動と判断されるので、公職選挙法(129条)違反になります。

千代田区長選挙が告示される直前に、石川陣営によって、このポスターは剥がされます。

週変わりには、同じ所にライバルのポスターも貼り出されていました。



石川雅己区長は、現在区長を4期務めるベテランの区長です。

 

Sponsored Link

小池百合子知事 VS 自民党

石川区長は、3期までは自民党の推薦をうけて当選していた保守系の政治家でした。

4期目の当選となった2013年の区長選挙では、自民党から対立候補を立てられ苦戦した経緯があります。 ここ千代田区は、マスコミで“都議会のドン”と称される内田茂都議会議員のお膝元です。

今まで応援していた人物に対立候補を立てるということは、石川区長と内田茂都議との間に何らかの確執があったと考えるのが自然です。 東京駅周辺の大手町再開発など、山ほどある千代田区内の大型プロジェクトに口を出す内田茂都議会議員に、石川区長が反発して関係が険悪化したという噂もあります。

※追記(「自民党は、知事選・政令指定都市市長選の推薦基準を3期12年までとし、4選以上は推薦しない方針」という記事を見つけました。区長に対してはどういった方針なのかは不明です。 与謝野候補は下の動画で、そのことについて述べています。2:35~)


 

 

 

 

 

 

2013年から4年経った今回の千代田区長選、石川区長にとって小池知事はどれだけ力強い存在でしょうか。 石川区長は、昨年12月に開かれた小池知事による政治塾「希望の塾」で塾生に話をするなど、ギブ&テイクを実践しています。

当選当初の勢いはないにしても、未だ小池知事には追い風が吹いているといえます。 ましてや都議会の公明党が小池陣営についたということで、千代田区の公明党票1200票(前回区議選挙公明党区議票の合計)が石川区長に流れていきます。

今回自民党は、元財務大臣与謝野馨(よさのかおる)のおいの与謝野信(まこと)氏を推薦予定ですが、著名な政治家の親族というだけの政治経験のない候補者の出馬は、かえって有権者の反発を招きかねません。

自民党が現在支持されているのは、自民党に代わるだけの野党がいないからであって、あくまで消極的支持であることを、自民党はわかっていないのでしょうか?

 

Sponsored Link

小池知事の千代田区長選後

小池知事は、奇しくも「(千代田区長選挙の結果が)私が進めていく東京大改革に対しての一つの占いになるかもしれない」と述べていますが、『なるかもしれない』というより『そうする』という強い思いを感じます。

果たして小池知事は、今回の千代田区長選挙に何度応援演説に入るでしょうか?

都議会もまだ開会されていないので、告示日(1月29日)と選挙戦最終日(2月4日)は確実に、応援演説に入るでしょう。 現状では石川区長の再選が濃厚でしょうから、小池知事としてはいかに自分がこの選挙に係わったかを都民に印象付けるのが重要となります。

そしてそれをマスコミが、小池都知事VS内田都議(もしくは自民党都連)の代理戦争的に、面白おかしく報道してくれればなおいい。

 

東京都議会議員選挙は、今年の夏(任期満了日7月22日、告示日は未定)に行われます。 本戦はこちらです。

千代田区長選挙の勝利と、豊洲問題の長期化で、引き続き都民の意識は小池知事に向くので、都議会議員選挙の結果によっては、都議会勢力図を変えることも可能になります。

更に、東京都のトップだけではなく日本のトップを狙っている野心家の小池知事は、その先を見て戦略を練っていることでしょう。

 

【関連記事】⇒『小池百合子の政治塾は、新党へつながるのか?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*