小泉進次郎議員は結婚しているのか 代議士の妻の条件は?

現在、自民党の農林部会長を務め全国各地を勢力的に飛び回っている小泉進次郎議員です。

まもなく36歳になる小泉進次郎議員ですが、結婚はしているのでしょうか?(4月14日が誕生日)

小泉進次郎議員は既婚? 未婚?

実はまだ、小泉進次郎議員は結婚をしていません。

現在日本男性の平均初婚年齢は31.1歳(平成27年)ですので、そろそろ焦ってくる(?)時期でもあります。 また、政治家としてもそろそろ身を固めて安定したいところです。

 

ここで豆知識を一つ。 

下記の表は厚生労働省の<平成27年人口動態統計月報年計の概況>からの抜粋です。

女性の平均初婚年齢は29.4歳ですが、すでに東京都と神奈川県では、30.0歳を超えています。

20年前の平成7年から比べると、男女とも約3歳初婚年齢が高くなっていることを考えると、少子化が進むのもある意味当然です。

 

話を小泉進次郎議員の結婚について戻します。

ネット上の声を拾ってみると、

 

 

 

ちなみに父親である小泉純一郎氏が結婚したのは、36歳の時でした。

そう考えると、首相になった父親にあやかって、同じ年齢の時に結婚する可能性も無きにしも非ずです。

 

年齢的にも家柄的にもお見合い話はひっきりなしに舞い込んでいるようで、その中から進次郎議員の『お嫁さん候補』を厳選していたのが、小泉純一郎元首相の姉・信子さんでした。

その信子さんは、2016年8月に亡くなりました。 自分の息子のように育ててきた進次郎議員ですから、嫁を見ずに他界したことは心残りだったでしょう。

   『進次郎の母親は宮本佳代子 幼少時の別れ

 

ただ小泉進次郎議員は、「人に決められた結婚はしたくない」と親しい人には吐露しているようです。

 

Sponsored Link

超多忙な小泉進次郎議員

イケメンで、将来を嘱望されている小泉進次郎議員ですから、浮いた噂がないわけではありません。 実際、女子アナとのうわさ話やホテルでの密会を週刊誌に激写されたこともあります。

   『小泉進次郎議員に彼女はいるか?

 

ただ、恋人として付き合うのと、国会議員の妻になることを前提に付き合うのでは、様相がまったく違います。

代議士の妻、果てはファーストレディーになるかもしれないのが、小泉進次郎議員の妻になるということだからです。

そういった意味では、本人はもちろん親族や周りの支援者の配偶者に対する期待値は相当なものです。 結婚に対して、慎重にならざるを得ないのも理解できます。

自民党や政府の役職(現在は党の役職のみ)に就き、選挙の時には首相に匹敵するほどの応援演説を依頼される小泉議員は、超多忙です。



昨年の夏に行われた参議院選挙での応援街頭演説は、18日間で22道県98ヶ所でした。 凄まじいスケジュールです。 この数字がまさに人気を証明しています。

では、その人気の一端をご覧ください。 自民党が政権を奪還した2012年12月、衆議院議員選挙での応援演説を、埼玉県の浦和駅でおこなった時の動画です。


   『小泉進次郎の英語力を疑う人々 応援演説がうまいか動画で検証

 

Sponsored Link

小泉進次郎と結婚するということ・条件

こういう状態ですから、地元選挙区に帰って政治活動や基盤固めをする時間が限られてきます。 それを補うのが妻の大きな役目です。

老人会、婦人会、町会、商店会などの会合、地域の人達の冠婚葬祭に、留守の議員に代わって顔を出し、交流やスピーチなど行って支援者を増やし、票固めができる力量が問われます。

社交的であると同時に、夫を支える慎ましさ奥ゆかしさがあれば最高です。

 

特に選挙の時などは、表で動くのは男性ですが、裏方で支えるのは後援会の女性達です。 この女性達に嫌われずとも、あまり良い印象を与えられないとなると、致命的ともいえます。

選挙区の基盤が弱く、選挙に弱いと政治家は話になりません。 落選してしまえば『ただの人』になってしまいます。

そうならないためにも多忙な夫(議員)に代わって、選挙区の人達との良好な関係を築く必要があります。

ただ、だいぶ時代が変わってきたので、上記のような『代議士の妻』像を小泉進次郎議員は、逆に嫌うかもしれません。

小泉進次郎議員の妻になるということは、一番の理解者になることであり、また一番の支持者になるということだと自覚を持った人が妻になれば、若き首相・小泉進次郎誕生も一層早まる可能性大です。

 

【関連記事】⇒『小泉進次郎と安倍首相の関係は?』 『小泉進次郎は選挙区で圧勝?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*