ハンドフルート練習中。めざすは、「CHILDHOOD」の森光弘

『ハンドフルート』を知っていますか?

両手を組んで息を吹き込み、音を出す楽器(?)です。

ハンドフルート

“手笛”というのが通常耳にする名称でしょうか。

 

“ハンドオカリナ”とも呼ばれているそうですが、
その名前で検索すると、ハンドフルートのサイトが中心に上位表示されます。

ただ、音色自体はオカリナに近いですね。

 

きっかけは忘れましたが、何気なくYouTubeを見ている時に、
偶然目撃しました。

そりゃ、もうビックリ!

彼らの名前は、「CHILDHOOD(チャイルドフッド)」。

ハンドフルート奏者は、森光弘さん、
ピアニストは、臼田圭介さんです。

 

更に、神技!!

2年くらい前だったかと思いますが、早速まねて練習してみました。

 

これ、すぐに音が出る人は出るらしいのですが、
私の場合、なかなか音が出なかったです。

原因は、指と指の間から音が漏れてしまうから。

ハンドフルート2

たしか一週間くらいダメだったような気がします。

もちろん一日何時間も練習していたわけではなく、
主にトイレに入った時だけの練習だったので、仕方ないのかもしれませんが。

 

森光弘さんが、わかり易く説明してくれていますので、
ご関心ある方は、以下をどうぞ。

ハンドフルートの吹き方・音程の変え方

音が出やすい指の組み方がわかったところが、
第一関門突破といった感じです。

次は音階。

 

両手を組んだ空洞の大きさを調節することで、高低を出します。
空洞を大きくすれば音は低くなり、空洞を狭くすれば高くなります。

 

まずは、『チューリップ』を吹けるように頑張ってみました。

でも、“ド~ラ”まで出すのは簡単ではありませんでした。
上記のようなペースでの練習でしたから。

 

ただ、ハンドフルートを練習しようと思ったきっかけは、
「人前で披露できるレベルになりたい」というものだったので、

亀のような歩みではありますが、何とか諦めずに少しずつ練習しています。

 

今とり組んでいる曲は、『ふるさと』です。

ふるさと

高音は何とか出るのですが、低音がいまひとつといった感じです。

 

一番身近なイベントは、クリスマス。
ちょっと頑張って、クリスマスソングでも練習してみようかな。

 

このブログを見て、
「ハンドフルートやっとみようかな」と思った方、
最初、音が出なくても練習すれば必ずできますから、
諦めずにコツコツ頑張ってみて下さい。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*