村田諒太と対戦するアッサンエンダムの過去動画まとめ

村田諒太が初めて、世界戦に挑戦します。 対戦相手は、WBAミドル級暫定王者アッサン・エンダムです。

村田諒太の世界戦は、2017年5月20日(土)に、東京都の有明コロシアムで行われます。 地上波での放送は、フジテレビ系列で当日の19:00から放映されます。 

今からとても楽しみな試合です。

 

今回、アッサン・エンダムの過去の試合の動画を集めてみました。 果たして村田諒太は、アッサン・エンダムに勝つことができるのでしょうか?

Sponsored Link

アッサン・エンダム情報

今回の村田諒太の対戦相手は、元WBO世界ミドル級王者、アッサン・エンダム(フランス)です。 現在アッサン・エンダムは、WBA暫定王者で、ランク1位の選手です。

アッサン・エンダムはカメルーン出身で、過去に二度オリンピック出場経験があります。 生年月日は1984年2月18日で現在、33歳です。

身長180㎝、プロに転向後の戦績は、35勝2敗(21KO)で、KO率は、57%です。 対する村田諒太の身長は182㎝ですので、ほぼ互角といった感じです。

リーチは、村田諒太が183㎝に対して、アッサン・エンダムは193㎝と10㎝ほど長いので、アッサンが有利といえば有利です。 

ただ、最後に紹介してある動画(敗戦動画)の対戦相手デイビッド・レミューは、身長177㎝・リーチ178㎝でしたので、そのリーチの長さだけで判断できない部分もあります。

 

ちなみに、アッサン・エンダムの名前は、「Hassan N’Dam (N’Jikam)」と書きます。 これをカタカナ読みで、アッサン・エンダムと読んでいますが、過去には別の表記をしていたようです。

 

 

 

アッサン・エンダム直近の試合動画

直近の試合は、2016年12月17日に行われました。 この試合は、WBA世界ミドル級暫定王座に挑戦したもので、その時の暫定王者はアルフォンソ・ブランコというベネズエラの選手でした。


アッサン・エンダムは、1R0:20に、左ジャブから右フックを鮮やかに決めて、KO勝ちをおさめています。 ここまで短時間で勝敗がつくとは、ほとんど誰も予想しなかったことと思います。

 

Sponsored Link

アッサン・エンダムの試合動画

次の動画は、2016年7月30日に行われたTomasz Gargula戦です。

Tomasz選手は現在42歳、2004年の試合を最後に10年以上試合をしてこなかった選手です。 2015年6月に復帰し、6戦目でアッサン・エンダム選手と対戦しました。


 

次は、2016年5月27日に行われたRobert Swierzbinski戦です。


序盤Robertが、ガードを上げて圧力をかけていく雰囲気は、村田諒太選手に似ていなくもありませんが、結果的にはアッサン・エンダムのスピードについていけないまま、RobertのTKO負けとなりました。

 

直近の敗戦動画

この動画は、アッサン・エンダムの戦績2敗のうちの直近の敗戦試合です。 2015年6月20日のIBF世界ミドル級王座決定戦として、デイビッド・レミューと対戦しました。


結果は、デイビッド・レミューが、12回3-0(2者が115-109、114-110)の判定勝ちを収め、IBF王座獲得しました。 この時アッサン・エンダムは、最後の判定まで持ちこたえましたが、全部で4度のダウンを奪われています。

 

デイビッド・レミューよりもパンチ力があるであろう村田諒太ですので、圧力をかけつつ積極的に手数を出していけば、勝てない相手ではないでしょう。

 

 

 

【関連記事】⇒『村田諒太の世界戦はいつ? 放送時間と対戦相手が知りたい

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*