都民ファーストの会 代表の野田数氏が横領って本当?

都民ファーストの会の代表の野田数氏が横領したという記事があります。

野田氏の公金横領を、アントニオ猪木参院議員(74)が告発する。

都知事選では小池陣営の選対責任者だった野田氏は、それ以前に猪木議員の秘書を約1年間務めていた。 問題が発覚したのは2014年6月。 “政治活動”と称し、野田氏がキャバクラなどで金を使っていたことが明るみに出たのだった。 

かねてより野田氏は「文書通信交通滞在費」として支給されるのは月50万円だと事務所に説明していたが、「それは全くの嘘で、実際には月に2回、計100万円が振り込まれていました」(猪木議員) 

猪木議員の個人名義口座とは別に事務所名義口座を開設し、そこに残り50万円分を振り込ませ、野田氏は数カ月にわたりひそかに引き出していたという。 <ディリー新潮より引用>

Sponsored Link

都民ファーストの会 代表の野田数氏とは?

この記事を書いている時点で、都民ファーストの会の代表が小池百合子東京都知事に代わりました。 6月1日に都議選に向けた総決起大会で、小池百合子知事は新しい代表に就任したわけですが、当日午後には、自民党に離党届を提出しました。

総決起大会での代表交代式は特にありませんでした。

 

話を元に戻して、まず野田数氏のプロフィールを見てみましょう。

本名 野田数(のだかずさ)

生年月日 1973年8月27日(43歳)

出身地  東京都東村山市

最終学歴 早稲田大学教育学部

過去には、衆議院議員だった小池百合子氏の秘書を務めたこともあり、その後は東村山市議会議員や東京都議会議員に当選しています。

そして冒頭で紹介した、アントニオ猪木参議院議員の秘書を務めていた時に、問題が発覚して秘書を辞めさせられています。

 

Sponsored Link

告訴された(?)野田数氏

アントニオ猪木議員は、2014年12月12日に野田数氏を告訴したと言っています。 

週刊新潮で報道されたのと猪木議員が会見したのが2017年5月でしたので、小池知事の都民ファーストの会のネガティブキャンペーンのために、小池側近の野田数を訴えたのかという話も出ていましたが、そうではなかったようです。

これに対して野田数氏は、「猪木氏が記者会見で述べた事実並びに猪木氏が告訴した事実は、全くの事実無根」と述べています。 猪木議員が告訴した事実まで否定していますが、どうなっているのでしょう。 もうわけがわかりません。

これからも野田数氏は知事の参謀役として裏方に回り活躍していくのでしょうか? それとも小池百合子知事から三行半を突きつけられてしまうのか。

ちょっと様子見といった感じです。

 

【関連記事】⇒『都民ファーストの会は、「民進党だらけ」は本当か?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*