習近平の任期はいつまで続くのか?

2017年10月18日から10月24日まで、北京において中国共産党第十九次全国代表大会が開催されました。

中国共産党全国代表大会は、5年に一度開かれる共産党にとってのビッグイベントです。

習近平の国家主席任期

習近平が国家主席に就任したのは、2013年3月14日です。

中国の国家主席の任期は1期5年で、再任は認められていますから、2期10年務めることができます。

ですので、習近平の国家主席としての任期は、2023年3月13日までということになります。

 

Sponsored Link

中国共産党 総書記

中国共産党の最高指導者の役職名が中国共産党中央委員会総書記です。 習近平は、中国国家主席であると同時に、中国共産党の総書記でもあります。

中国では、共産党が国家を指導するという大原則がありますので、発言権や影響力などは総書記としての権限が一番です。

また中国共産党には序列というものがあります。

習近平は現在、序列1位です。 総書記に就く人物が党序列最高位になるのではなく、現在の習近平のように、党序列最高位の人物が党中央委員会総書記に就いているに過ぎません。

この辺は民主主義国家の日本に住んでいると、ちょっとわかりにくい話です。

こちらの総書記には、任期がありません。

このため、習近平は国家主席の任期が終了しても、引き続き総書記として権力を行使しようと画策していると、噂されています。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*