米朝首脳会談場所はシンガポール セントーサ島ってどんな島?

Sponsored Link

米朝首脳会談場所が、シンガポールに決まりました。

例によってトランプ大統領が、twitterでつぶやき、世に伝えられました。

 

開催日は、6月12日(火)です。

「金正恩と私の間の会談は、6月12日にシンガポールで開催される予定です。  私たちは、世界平和のための特別な瞬間にしようと努力します!」

 (一旦キャンセル発表されましたが、再度シンガポールでの同日開催が決定しました)

Sponsored Link

シンガポール・セントーサ島

開催が予定される候補地、シンガポールのセントーサ島とは、どんな島なのでしょうか?

セントーサ島は、シンガポールの南にある島です。

 

 

地図を見るとわかるように、セントーサ島の北には、シンガポール島につながる道ができています。

セントーサ島へは、セントーサ・エキスプレスに乗っていくこともできますし、セントーサ・ゲートウェイを、車やバスまたは徒歩で渡ることもできます。

セントーサ島への地上路として、唯一の道ということになるので、警備に適していることは、素人でもわかります。

 


セントーサ島は、レジャー施設が多数開発されていて、シンガポールにおける重要な観光スポットとなっています。

島の北側には、ユニバーサルスタジオや水族館が並び、島の南側には、ゴルフ場やビーチが続いています。

シンガポールのユニバーサル・スタジオは、アジアで二番目に作られ、2010年に完成オープンしました。

 

 

 

 

 

ツイートされたビーチの様子や夜景の写真を見ると、「今年の旅行は、ここで決まり!」と言いたくなるほど素敵なところです。

 

金正恩委員長にとっては、このセントーサ島が命運を決する場になるかもしれないわけですので、素晴らしい景色も目に入らないかもしれません。

 

「歴史の証人になりたい」はちょっと大げさですが、同じ時期にセントーサ島をたずねてみるのもいいかもしれません。(立ち入り禁止になる可能性も…)

 

【関連記事】⇒『米朝首脳会談 北朝鮮がドタキャンする可能性はあるか?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*