釜山の徴用工像とは? どのような目的で設置しようとしているのか?

Sponsored Link

韓国に、戦前の併合時代の問題を指摘されるたびに、「またか…」と思う人も多いでしょう。

インターネットで情報が共有できるようになってから、『従軍慰安婦』『強制連行』という言葉が出ると日本では、それだけで話の信憑性が疑われてしまう状況に変わりつつあります。

 

そして、今回韓国関連で出てきたキーワードは、『徴用工』です。

Sponsored Link

徴用工とは?

徴用工とは、どういった存在なのでしょうか?

 

1939年7月、国民徴用令が交付されました。

これはその前年、1938年に制定された国家総動員法に基づいてつくられたもです。 この時、日本は支那事変(1937年)に突入していました。

国家総動員法は、戦時に際して、国家のすべての人的・物的資源を統制運用できるよう、政府に大幅な権限を与えた法律です。

 

国民徴用令によって政府は、重要産業の労働力を確保するために、国民を動員して一定の職業に就かせました。

徴用された国民に、給与はもちろん支払われていましたし、国民徴用令には、徴用によって家族と別居する必要がある場合や、生活困難者には扶助(援助)することも明記されています。

 

国民徴用令は最初、内地(現在の日本)の国民のみに適用されていましたが、1944年8月に朝鮮人(当時は日本人)にも適用されることになります。

国民徴用令によって、半島から日本本土に動員された人達が、今韓国で言われている『徴用工』のことです。

 

Sponsored Link

徴用工像が建てられる

今回のニュースが伝えるところでは、慰安婦像と同様に、徴用工像が日本総領事館近くに建てられそうになったということです。

【毎日新聞 2018.5.9】

韓国・釜山市の日本総領事館近くの路上に、日本統治時代に徴用された労働者を象徴する「徴用工像」が置かれた問題で、道路を管理する同市東区は8日、像を総領事館前に置こうと試みている労働団体に対し、23日までに片付けなければ強制撤去すると警告した。 これに対し団体は9日、撤去する考えはないと拒否した。

公道にいきなり像を建てるという行為じたい信じがたいですが、日本も韓国を笑えない状況にあります。

それは、沖縄でおこなわれている米軍基地への反対運動での行為です。

マスメディアではほとんど報道されませんが、公の敷地を占拠して小屋を建て、公道で警察のように検問行為をおこなっている人達がいるのに、沖縄県も政府も黙認状態なのです。(わずかな検挙者はいます)

 

 

 

話しを韓国の徴用工像にもどします。

今回この徴用工像を建てようとした労働団体は、全国民主労働組合総連盟(民主労総)という組織が中心になっています。

全国民主労働組合総連盟について調べてみると、wikipediaには「世界的にも有数の戦闘的労働組合として知られている」と書かれています。

また、産経ニュースには、

民主労総の中では現代自動車の現代労組が過激な闘争で知られるが、99年、労働組合のナショナルセンターとなったあと、民主労働党(民労党)という左派・親北政党の母体となった。民労党は北朝鮮を信奉する主体思想派が主流で、民労党も民主労総も、富裕税の創設や財閥解体、在韓米軍撤退など北朝鮮の主張そのものの訴えを掲げた。

と書いています。

釜山の日本総領事館前に、徴用工像はまだ完全に設置されてはいません。

完全にウィーン条約違反といえる慰安婦像の横に建てようとしたものを、警察がいったん阻止したからです。

 

  『慰安婦像がウイーン条約違反といわれる理由

 

Sponsored Link

今さら徴用工像を設置して何になる?

いずれにしても、今この時期に徴用工像を設置することに、何の意味があるのでしょうか。

強いて上げれば、徴用工の生き残りのお爺さんが、時代の経過とともに、もうこの世にいなくなってしまう前に、日本に責任を取らせたいということなのでしょう。

しかし、日本と韓国の戦前の問題は、1965年に両国間で結ばれた日韓基本条約で完結しています。

同時に結ばれた日韓請求権並びに経済協力協定では、請求権が完全かつ最終的に解決されたことになっています。

第二条

1 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。

もし徴用工の補償問題を訴えるのであれば、韓国政府に訴えるべき事柄です。

彼らは、日本と韓国での補償問題が解決済みなことは、百も承知なのです。 要は、歴史問題で日本と韓国の間に、くさびを打ち込みたいのです。

 

その他には、こんな発言をする人もいます。

「日本を代表する外交官らが少女像と労働者像を目の当たりにすることによって自分たちの過ちを常に記憶し、反面教師としてもらうためだ」

「全世界にこのような像を建て続け、世界中の人々が日帝占領期に強制徴用された労働者の姿を記憶すべきです」

徴用工の事実を確認しようなどという気は毛頭ないようです。

ただ何十年何百年と、恨みを語り継いでいく。 それは正に朴槿恵前大統領が以前語った「加害者と被害者という歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わることがない」という表現そのままです。

 

日本人には考えられない思考回路です。 でも韓国人にしてみれば、「そんなの当たり前」という感覚なのです。

日本人と韓国人は、見た目も似ていますし、昔からの文化的交流もあり、共通項が多いと思ってしまいます。

しかし、共通項はあっても、考え方の違いもまた多いということを、知らないといけません。

 

【関連記事】⇒『韓国はなぜ徴兵制をとるのか?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*