なぜ関東甲信地方でこんなに早く梅雨明けしたのか 心配なのは水不足?

Sponsored Link

ちょっとビックリなニュースです、

何と、6月なのに関東甲信地方が、梅雨明けしたというのです。

6月の梅雨明けは、私の記憶の中にはありません。 

それもそのはず、1951年の統計開始以降、6月の梅雨明けは初めてのことのようです。

【読売新聞 2018.6.29】

気象庁は29日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より22日、昨年より7日早い。同庁によると、1951年の統計開始以降、最も早く、6月に関東甲信の梅雨明けを発表したのは初めて。

なぜ、今年はこんなに早く、梅雨明けしたのでしょうか?

Sponsored Link

例年の梅雨明け

関東甲信地方の例年の梅雨明けは、7月20日前後というのが、一般的なイメージです。

気象庁発表の梅雨入りと梅雨明けの年表(関東甲信)を確認してみましょう。

 

やはり、平均の梅雨明けの日にちは、7月21日でした。

ただし、あくまで平均値を出した場合に7月21日となるというだけであって、8月に入ってから梅雨明けした年もあれば、2001年のように7月1日に梅雨明けした年もあります。

 

梅雨明けが早い理由

なぜ今年はこんなに早い梅雨明けとなったのか、専門機関や専門家の話を確認してみます。

気象予報士の増田雅昭氏は、

梅雨明けが早まった最も大きな要因は、南から張り出してきた夏の太平洋高気圧がいつもより早く強まり、梅雨前線を北へ押し上げたためです。

梅雨前線の南下が「しばらく」ないことが予測されるため、梅雨明け発表にいたったと思われます。

と現象について語っていますが、なぜそうなったのかという理由は言っていません。「なぜこんなに早く明けたのか?」

 

また、NHKのNEW WEBでは、気象庁の話として、

今月下旬以降、赤道付近の北西太平洋の海面水温が平年よりも高く、対流活動が活発になっているため、この付近で上昇気流が強まり、これに伴って日本の南東の海上で太平洋高気圧の勢力が強まって平年より早く北に張り出し、ほかの地域よりも高気圧に最も近い関東甲信付近を今後も覆い続けると予想されたことが原因だとしています。

と伝えています。

『赤道付近の北西太平洋の海面水温が平年よりも高く、対流活動が活発化』によるというのが、現在の見解です。

 

Sponsored Link

心配なのは水不足?

関東甲信地方の6月中の梅雨明けは、今までなかったことですから、異常気象といえるのではないでしょうか?

心配なのは、これからおこる可能性のある夏場の水不足です。

 

今年の関東甲信地方の梅雨入りは、6月6日でした。

それからまだ23日間しか経っていません。

この期間(6/6~6/28)の東京の降水量は155.5mmで、平年値の135.2mmを上回っています。 ただし東京の水ガメは、関東北部の群馬県のダムが中心です。

特にダムのある関東北部では、今月9日から28日までの20日間の降水量が、ところによって平年の4割から7割程度にとどまっているということです。(NHK NEW WEB)

こういった情報もありますので、ちょっと心配です。

 

気象庁発表の3ヶ月予報では、7月の降水量が平年よりやや少ないという予想を立てていますが、8月9月は平年並みとしています。

ちなみに、2016年には、利根川上流の八つのダムの総貯水量が平年の5割を切ったということで、一時期10%の取水制限がされました。

 

梅雨が明けたからといって、夏にまったく雨が降らないということでは、もちろんありません。

過去においても、梅雨明け発表後に雨が続いたり「本当に梅雨明けたの?」という年もありました。

 

人間は勝手なもので、雨が続けば「また雨か」と嘆き、暑さが続けば「もう勘弁してよ」と泣きごとをいいます。

夏本番、これからの季節を楽しんでいきましょう。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*