メジャーに挑戦する結城海斗 中学生時代や日本代表での実績は?

Sponsored Link

結城海斗選手が、米大リーグのロイヤルズとマイナー契約を結んだというニュースが飛び込んできました。

2002年5月12日生まれの結城海斗選手は、まだ16歳になったばかりです。

通常であれば、高校球児の一年生として、甲子園を目指している年齢です。

 

しかし、結城海斗選手は、「甲子園よりもアメリカで野球をしたい」という強い思いから、高校に進学しませんでした。

中学卒業後は、ジムや中学時代のチームで練習を積みながら、更に英会話を猛勉強して準備をしてきました。

そして今回の契約にいたったわけです。

まだまだ結城海斗選手の情報は少ないので、報じられたニュースから少々深掘りして、結城選手情報を調べてみます。

Sponsored Link

結城海斗選手は身長188㎝、体重73㎏で、右投げ右打ち、ポジションは投手です。

現在最速144キロを投げ、得意な球種はスライダー、スプリット、カーブです。

 

大阪府羽曳野市出身で、羽曳野市立峰塚中学の先輩には、カブス所属のダルビッシュ有がいます。

 

野球を始めたのは小学1年生の時からで、3年生からは、これまたダルビッシュ有と同じ『羽曳野ブラックイーグルス』に所属していました。

中学時代は『河南(かなん)リトルシニア』でプレーしています。

 

一般の人には「リトルシニア」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、「リトルリーグのお兄さん」という意味があり、硬球を使用した中学生の野球環境が「リトルシニア」です。

現在全国には、555チームがあります。(2017年4月末現在)

 

Sponsored Link

昨年の夏に結城海斗選手は、米国イリノイ州クリスタルレイクで開催されたリトルシニアの全米選手権の日本代表に選出されました。

その際、「日本代表の優勝に貢献」というニュースはありましたが、詳細を調べても出場成績を見つけることができませんでした。

投手として出場したのか、野手としての出場したのかもわかりませんが、上の写真を見るかぎりでは、投手として出場した可能性大です。

 

ちなみに、メンバーは以下の通りです。

 

素材は素晴らしいものを持っていると思いますので、身体だけは壊さないように頑張ってほしいものです。

今後の予定は、MLBコミッショナー事務局の契約承認を経てから、渡米することになります。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*