翁長知事死去による沖縄知事選挙の日はいつになるのか?

Sponsored Link

翁長知事が亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

沖縄知事二期目を目指していたであろう翁長知事でしたが、病には勝てませんでした。

翁長知事の任期は、2018年12月9日までだったので、何もなければ沖縄知事選挙は、11月1日告示で11月18日投開票の予定でした。

知事選挙はいつ?

では、今回の翁長知事死去をうけて、沖縄知事選挙はいつ行われることになるのでしょうか?

【琉球新報 2018.8.8】

公職選挙法では、県知事は県議会議長に退職を申し出る。 議長は5日間以内に県選挙管理委員会に通知し、この通知から50日以内に選挙が行われる。

 

琉球新報では、まだ翁長知事が亡くなる前の『退職を申し出る』という前提での記事ですが、結果的には同様の手続きになるのではないかと思われます。

 

翁長知事の後継者に誰が立つのか?

保守派は、一本化できるのか?

【琉球新報 2018.8.2】

11月18日投開票の県知事選に向け、出馬の意思を示している元沖縄観光コンベンションビューロー会長の安里繁信氏(48)は1日、保守中道勢力の一本化について「遅くとも8月10日までには決断したい。可能性が1%でもある限り、出馬を模索したい」と述べ、立候補の可否について10日までに最終判断することを明らかにした。

自民党沖縄県連は、候補者選考委員会が擁立した、佐喜真淳宜野湾市長への一本化を目指しています。

ここ数日間で、何が起こるのか、沖縄県から目が離せません。

 

追記(8月13日)

【RBC琉球放送 2018.8.13】

沖縄県選挙管理委員会はきょう午後、臨時の委員会を開き、県知事選挙について9月13日告示、9月30日投開票とする日程を決めました。

 

【関連記事】⇒『翁長知事は尖閣諸島問題をどうかんがえているのか?

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*