アジア大会(ジャカルタ)柔道の判定問題 男女混合団体戦で韓国が抗議した理由

Sponsored Link

日韓戦はどんな競技でも話題になりやすいですが、今回ジャカルタで行われているアジア大会の柔道で問題がおこりました。

【デイリースポーツ 2018.9.1】

東京五輪から初採用される男女混合団体戦で混乱が生じた。準々決勝で日本は韓国と対戦。3勝3敗で並んだが、一本勝ちが3つの日本に対し、韓国は2つ。

日本が勝ち名乗りを受けたが、韓国チームが抗議し、審判団が10分近く協議。裁定は覆らなかったが、納得いかない韓国が畳の上に約10分間座り込む事態に発展した。

ニュースで報じられている内容でわからない点を確認してみます。

Sponsored Link

男女混合団体戦

ニュースにあるように、柔道の男女混合団体戦は、2020年開催の東京オリンピックから初めて採用されます。(世界選手権ではすでに実施)

男女別の団体戦は、世界選手権では採用されていましたが、今までオリンピックでは種目に入っていませんでした。

 

男女混合団体戦は、男女各3選手ずつの6人制で行われます。

階級は、男子が73㎏以下、90㎏以下、90㎏超、女子は57㎏以下、70㎏以下、70㎏超で構成されます。

試合時間は、4分間でおこなわれ、決着がつかない場合は、時間無制限の延長戦になります。

勝敗は、勝ち数の多いチームが勝利となります。(一本勝ち、不戦勝、相手の棄権による勝利は10点、技ありでの優勢勝ちは1点、指導差の勝利は0点と規定)

 

Sponsored Link

ルール改正・「反則負け」とは?

以前は、技の判定で『一本』『技あり』『有効』『効果』の基準が設けられていた時もありましたが、現在は『一本』『技あり』のみになりました。

また、技を出さず防御的・消極的な試合をしている選手に対して、以前は『指導』や『注意』が与えられ、勝負の判定基準となっていました。

それが現在のルールでは、『指導』を3回うけると『反則負け』になって試合が終了となります。

『指導』は、2回うけても試合の勝負判定には採用されません。

『指導』3回による『反則負け』の他にも、一発で『反則負け』となる行為もあります。 例えば、技の防御の際に、故意に頭部を使用して『一本』をさける行為や河津掛などです。

 

今回のアジア大会で韓国が抗議した理由は、ルールに対する“誤解”が原因のようです。

試合結果を見て下さい。

  • 玉置那美○(GS反則)●権柔貞 (女子57㎏以下)
  • 海老沼匡●(GS一本)○安昌林 (男子73㎏以下)
  • 新添左季○(GS一本)●チョン・ヘジン (女子70㎏以下)
  • 小林悠輔●(GS技あり)○郭同韓 (男子90㎏以下)
  • 山本沙羅●(GS反則)○金ミン程 (女子70㎏超)
  • 影浦心○(反則)●金成民 (男子90㎏超)

      ※GS=ゴールデンスコア方式の延長戦

『反則負け』は『一本』と同じ扱いになりますので、3勝とも『一本』勝ちの日本と、3勝のうち一つが『技あり』の韓国では、当然日本の勝ちという結果になります。

このことがわかっていたら、男子90㎏超級の金成民が本戦内で、3つの指導を受けて『反則負け』になることもなかった気がします。

 

いづれにしても、柔道に新しい試合形式が追加されるのは、楽しみなことです。

男女が力を合わせて勝負に挑むという点においても、応援に力がはいるというものです。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*