2025年 大阪万博のキャラクターはいつ決定される? 今から応募の準備をすべきか

Sponsored Link

万博が大阪で開催されることが、決定しました。

2025年の開催ですので、一般の人にとっては、まだまだ先の話しといった感じです。

ただし、関係者にとっては開催決定で、いよいよスタートをきれる時がきたということになりますから、希望と責任感で胸踊るといった感でではないでしょうか。

【日本経済新聞 2018.11.24】

2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会が23日、パリで開かれ、日本時間24日未明に行われた加盟各国の投票で日本(大阪)が選ばれた。大規模な万博としては05年の愛知以来で、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となる。

今回は、大阪万博で活躍が予想されるマスコットキャラクターについて、調べてみます。

Sponsored Link

祝・大阪万博決定

大阪での万博開催は、もちろん簡単に決まったわけではありません。

大阪万博のテーマを「いのち輝く未来社会のデザイン」とし、入場者数を2800万人と想定して、約2兆円の経済効果を目標に取組んできました。

 

2017年の時点でライバルは、フランス・ロシア・アゼルバイジャンの3ヵ国でしたが、年が変わった2018年2月にフランスが撤退を決め、日本を含む3カ国での勝負となっていました。

2018年の1月~3月にかけて博覧会国際事務局(BIE)による現地視察、6月の総会でのプレゼン、更に11月の総会での最終プレゼンを経ての決定です。

 

経済的問題を抱えているとはいえ、ロシアやアゼルバイジャンとも過去の万博開催経験がないため、そこが日本・大阪にとってはウイークポイントといえました。

そして、11月23日のBIE総会での投票結果は、以下のようになりました。

 

1970年大阪万博キャラクター

1970年に開催された大阪万博には、マスコットキャラクターは存在したのでしょうか?

 

答えは、存在しませんでした。

まだこの時代は、マスコットキャラクターという概念が、なかったのかもしれません。

 

日本ではいつ頃から、大きなイベントには、マスコットキャラクターが必須という流れになっていったのでしょうか。

それを調べ出すと時間がかかりそうなので、マスコットキャラクターの歴史に関しては、次回に持ちこしたいと思います。

 

1970年の大阪万博では、シンボルマークというものはありました。

それが、こちらです。

この桜をイメージした作品は、5つの花びらが世界の五大陸を、中央の円で日の丸=日本を表していました。

作者は、グラフィックデザイナーの大高猛氏でした。

 

Sponsored Link

愛知万博のキャラクター

2005年開催の愛知万博から、もうすでに10年以上が経っています。

簡単に、愛知万博を振り返ってみましょう。

 

愛知万博は、“自然の叡智”をテーマとして、『愛・地球博』という愛称で開催されました。

万博の期間は、3月25日から9月25日までの半年間で、総入場者数は、およそ2千2百万人でした。

 

クイズで、「愛知万博の公式マスコットキャラクターは何だったでしょう?」と聞かれても、すぐに回答が出てこないかもしれません。

 

では、この画像を見たらどうでしょう?

 

 

「あっ、モリゾーとキッコロだ」

そう、愛知万博のマスコットキャラクターは、モリゾー&キッコロでした。

 

 

今も存在している『愛・地球博』のホームページには、こう書かれています。

愛・地球博の公式マスコットキャラクター「モリゾー&キッコロ」は、新進気鋭の若手デザイナーによる指名コンペティションを経て、2003年3月にキャラクター作家のアランジ アロンゾ氏のデザインが採用。

指名コンペティションとは、何人かの専門家(この場合デザイナー)を指名し、案を出して競い合ってもらう方式です。

 

採用されたデザイナーのアランジ アロンゾ氏の名前を聞くと、「どこの国の人?」と思ってしまいますが、これはある姉妹のユニット名であり、会社名でもあります。

アランジ アロンゾ

1991年大阪で斎藤 絹代と余村 洋子の二人で設立。

オリジナル雑貨の製造、販売を中心に、全国規模の展覧会の開催、キャラクターデザイン、絵本制作等を手がける。

アランジアロンゾとは、姉妹である斎藤絹代・余村洋子2人のオリジナル雑貨作製ユニット名。その商品のブランド名でもあり、社名でもある。

指名コンペティションで、キャラクターが決まった後、今度は名称が公募されました。

ハガキ・FAX・Webサイトで一般公募をおこなって、応募総数82,527点の中から決定されたのが、モリゾー&キッコロでした。

 

Sponsored Link

2025年大阪万博キャラクター

やっと万博開催が決まった段階ですので、今のところすぐにキャラクターを決めるという動きは、まだ見られません。

さきほど見てきたように、愛知万博では、指名コンペティションでキャラクターを決め、その後の公募で名称を決定するという流れでした。

 

大阪万博もこれにならって、キャラクターを決めるのか、それとも、キャラクターデザインも公募して決めていくのか、気になるところです。

愛知万博でのマスコットキャラクターが発表されたのは、2002年3月25日で、開催までのちょうど3年前でした。

その後すぐに、52日間の応募期間をとって、キャラクターの愛称の募集をおこなっています。

 

愛知万博に習えば、2022年頃にキャラクター選定が始まることになります。

ただ、キャラクターの影響力は大きいので、大阪のことですから、宣伝力や収益面のことを考えて、もっと早め早めに手を打ってくる可能性はあります。

 

キャラクター募集にいち早く応えるためにも、すでに立ちあげられている『大阪・関西EXPO 2025』のサイトのチェックは欠かせません。

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*