山本譲二の弟子 韓国人歌手パク・ジュニョンとは?

韓国人歌手 パク・ジュニョン

日韓関係が最悪といえる状況の中で、韓流ブームは終了したと言っていいでしょう。

そんな中でも、コツコツと地道に活動している韓国人歌手がいます。2012年3月に日本デビューしたパク・ジュニョンです。

パクジュニョン

しかも、K-POPではなく演歌歌手として。

デビュー曲は『愛・ケセラセラ』です。

 

『愛・ケセラセラ』パク・ジュニョン

ハスキーで繊細な歌声ですね。

1982年3月生まれの彼は、今年33歳になります。韓国釜山に生まれ、2002年にダンスグループ『A−ZAX』のメンバーとして韓国でデビューしました。

その後、2005年にはR&Bグループ『THE STORY』の歌手として再出発するも、方向性の違いなどで解散してしまいます。

 

Sponsored Link

山本譲二との出会い

2010年知人の紹介で出会ったのが、演歌歌手 山本譲二でした。

2011年には、山本譲二が社長をつとめる“ ジョージ・プロモーション ”の所属歌手となります。

山本譲二は、初めてパク・ジュニョンを見たときの印象を、「彼は何かを持っているなと感じた」と言っています。「彼にはオーラもある。俺が女ならとっくに惚れているよ」とも。

山本&パクジュニョン

パク・ジュニョンは、山本譲二のことを“アボジ”(韓国語で父)と呼んでいます。社長と所属歌手といった以上の関係なのでしょう。

来日時はほとんどしゃべれなかった日本語。歌詞の意味もわかりませんでしたが、今は歌詞の意味をしっかり理解して、情感込めて歌い上げています。

 

2013年に発売したセカンドシングル『チャラ』は、デビュー曲とはまったく違うアップテンポな曲です。

『チャラ』パク・ジュニョン

大学を辞めて歌手の道を選択したパク・ジュニョンが、母国を離れ、日本で日本の心(演歌)をどう表現していくのか、今後に注目です。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*