マインドコントロールとは?言葉の定義は?あやふやな言葉のようです。

 

マックでしばし休憩。

 

近くで大学生の会話が自然と耳に入ってきました。

 

会話

「俺、マインドコントロールにかかりやすいんだよね」

 

「オウム真理教の信者だって、東大とか京大のエリートだったでしょ?
それでもマインドコントロールにかかるんだから、恐いよね」

 

「バイトだってそうじゃん。店長にうまく話しされて。
お客様第一っていう考えだって、
(マインドコントロールされている)そういうことでしょ」

 

 

本当に恐いですね。

それは、マインドコントロールされることが恐いという意味ではなくて、
言葉の定義を曖昧にして言葉を使うことがという意味でです。

 

大学生の会話の内容で考えれば、
子供の教育も会社の研修も、

すべてマインドコントロールという事になります。

 

TVのコメンテーターや芸能人もよく使いますね。

果たして彼らが明確な定義付けのもとで、
この “マインドコントロール” という言葉を使っているかといえば、
はなはだ疑問でしょう。

 

 

マインドコントロールは誰が言い始めた言葉なのでしょうか?

この言葉は、米国の心理学者のマーガレット・シンガーが提唱したものです。

マーガレットシンガー

 

しかし米国心理学会の社会的倫理的責任委員会は、
この理論に対して、『科学的厳密さに欠ける』と却下しているようです。

 

その後、日本にはどういう経緯で入ってきたのかはわかりませんが、

米国の大本の理論が、学会内において認められていない訳ですから、
輸入されてきたこの “マインドコントロール” という言葉が
あやふやなものであるのも頷けます。

 

マインドコントロール』で検索してみても、

“ 他人を自分の意思で動かす ”  “ 無意識に人を操る ”
というレベルでのマインドコントロール論であったり、

または、“カルト宗教や怪しい集団の思考・感情操作”
という話に限定している考え方のサイトが見られたりします。

 

洗脳

 

どうも腑に落ちる定義付けや説明が見当たりません。

それも上記の理由から当然といえば当然です。

 

ただ日本では、TVでも日常会話でも
普通に使われている言葉となっていますので、

今後もそれぞれが自分の都合で、使い続けていくのでしょう。

 

ある人は、“心(思考)をコントロールすること”として、
またある人は、“暴力を伴わない洗脳(恐ろしいもの)”として。

 

 

でもこういう類いの言葉は、他にもあるのでしょうね。

知らずに使っているいい加減な言葉って。

 

Sponsored Link

SNSでもご購読できます。

関連コンテンツ

コメントを残す

*