スポーツ

【動画あり】 “ 技のデパート ” と呼ばれた力士 舞の海は、身長169㎝体重97㎏の身体で戦った

 

「感謝の念を忘れていないか」

(日常のすべてを)当たり前と思っていないか」

 

舞の海は、土俵を降りた現在でも、
いつも自分にそう言い聞かせています。

 

舞の海2

 

1999年11月場所で引退後、
現在の舞の海の仕事の中心はNHK大相撲解説です。

 

年6場所(15日×6回)の解説と、
各場所ごとに10日くらい前から各部屋を回って取材し(10日×6回)、

それだけでも約150日を費やすことになります。

 

『舞の海は、相撲協会に所属している』と思っている人もいますが、
現役引退と同時に、協会からの籍を外れています。

ですので、NHKでの解説の仕事はあくまで、
『元小結の相撲解説者』として出演しています。

 

 

青森県

相撲が盛んな青森県で生まれ育った舞の海は、
子供の頃から、自然と相撲を取るようになりました。

その頃から周りと比べて小柄だった舞の海は、
高校時代も県大会では三、四番手くらいのレベルでしたが、

高校の先生が日本大学への推薦入学を決めてしまいました。

 

日大相撲部で4年間を過ごし、
4年生の時にはレギュラーを勝ち取ります。

ただ大相撲の世界に身をおく思いは希薄で、
4年の夏には高校教師としての内定をもらっていました。

 

ところが、卒業を2ヶ月前に控えて、
後輩が突然亡くなってしまいます。

体格にも恵まれ、将来を嘱望されていた人物でした。
昼寝中に心臓が止まって、そのまま亡くなってしまったのです。

 

それを機に、人間はいつ死ぬかわからない、
自分が本当にやりたい事に挑戦しようと、

大相撲界への道を決意しました。

 

 

舞の海の入門時のエピソードで有名なのが、
頭にシリコンを入れて、新弟子検査受けたことです。

大相撲入門の当時の条件が、身長173㎝でした。

それに対して、舞の海の身長は169㎝、
4cm足りません。

その時の写真です。

siriko

 

頭皮を剥がし、シリコンの袋を入れる手術は、
4時間かかったといいます。

術後、3日間は眠れず、不整脈となり、
新弟子検査までの1ヶ月間は激痛が続きました。

 

 

何とか新弟子検査に合格した舞の海でしたが、
身体が小さいという現実は変わりません。

 

同じ相撲を取っていたら勝てないので、

半径4m55㎝の土俵をどう使うかということを、
いつも考え抜いていたそうです。

 

ある時は、大学時代の同級生から、

「立ち合いでの変化が中途半端。
ジャンプして相手の後ろに付くくらいの変化をしてみろ」

と言われ、素直にそれを実行したのが、

『八艘(はっそう)跳び』です。

 

舞の海 VS 北勝鬨


 

 

立ち合いから、しゃがみ込んで懐に入る稽古もしました。

 

舞の海 VS 貴ノ花

 

舞の海 VS 琴富士

 

動画をよく見るとわかりますが、

舞の海はしゃがみ込む前に、
一瞬身体を起こしていることがわかります。

 

それによって、貴ノ花も琴富士も
舞の海の胸を押そうと両手を伸ばしています。

そのスキをついて見事に相手の懐に入ることに成功しています。

 

 

曙(横綱になる前)との一戦でも作戦は成功しました。

 

舞の海 VS 曙

 

この時は、曙が吊りにくることを想定し、
内掛けで倒すことも考えていた通り実行しました。

 

身体が小さい分、
本当に頭を使って戦っていたことがわかります。

 

舞の海が勝った時のお客さんの喜ぶ様子が印象的です。

『小よく大を制す』を
目の当たりにしたお客さんの爽快感が伝わってきます。

 

 

今まで紹介した映像も含んでいますが、
どうぞ “ 平成の牛若丸 ” 舞の海の取組みをご覧下さい。

 

【技のデパート】舞の海 好取組集

 

 

にわか(俄)ファンの意味は? その定義と影響力を考えてみた

「にわかファンが…(侮蔑)」と、今日も『にわかファンでない人』からのボヤキが聞こえてきそうです。

 

もうすぐサッカーワールドカップのアジア2次予選が始まりますが、またぞろ『にわかファン』が発生することでしょう。

ファン

かくいう私も国際試合しか観ない『にわかサッカーファン』です。

続きを読む

柔道・古賀稔彦の息子(颯人・玄暉)は、東京オリンピックで活躍できるか

柔道家・古賀稔彦

古賀稔彦(としひこ)といえば、“平成の三四郎” としてあまりにも有名です。

古賀稔彦2

若い世代にとっては、どれ程の知名度なのかわかりませんが。

古賀の得意技の一本背負投は、その切れ味は超一級品で、観戦している者に爽快感を味わわせてくれました。

古賀稔彦の柔道ハイライトの7分程の動画がありますが、古賀の技を警戒して、完全に腰を引いている相手に対しても、一本背負いを決めています。

古賀稔彦3

 

 

4:00頃の小内巻き込みは、古賀の一本背負いを極度に警戒している相手には、心地よく決まりましたが、改正された現在のルールでは、禁止技として反則負けになってしまいます。

新IJF(国際柔道連盟)試合審判規定より

帯より下への手や腕による直接の攻撃が禁止された為です。

 

話がちょっと横道にそれますが、昨年、乃木大将の祥月命日の9月13日に乃木神社に行った時に、『有名人絵灯籠』がありました。その中に、古賀稔彦の作品を見つけました。

DSC_0152

乃木希典大将を尊敬する私にとって、平成の三四郎が乃木神社に関わってくれていることが、ちょっと嬉しかったです。

 

Sponsored Link

style="display: inline-block; width: 300px; height: 250px;"
data-ad-client="ca-pub-9896290012621242"
data-ad-slot="1934237019">


古賀二人の息子

1992年バルセロナオリンピックの金メダリストとして一時代を築いた古賀も現在は、47歳です。古賀には二人の息子がいます。長男の颯人(高校2年)と次男の玄暉(高校1年)です。

今回行われた全国高校選手権大会で、古賀颯人(はやと)は、73キロ級で準優勝に、古賀玄暉(げんき)は、60キロ級で見事優勝に輝きました。

古賀兄弟

長男の古賀颯人は昨年に続いての準優勝ということで、悔しさもあると思います。 昨年の決勝は、超高校生といわれる阿部一二三との対戦でした。

 

第36回全国高等学校柔道選手権大会 73キロ級決勝

 

弟の玄暉のスタイルの方が、お父さんの稔彦に似ているような気がします。

第37回全国高等学校柔道選手権大会 60キロ級決勝 古賀玄暉

それでも兄弟そろっての活躍は見事なものです。俄然、東京オリンピックでの兄弟の勇姿が期待されます。

これからの練習量・質が問われてくると思いますので、兄弟、切磋琢磨して上を目指してほしいです。

 

 

【関連記事】⇒『小川直也の息子・雄勢の東京OP出場は?

野村忠宏 OP3連覇の偉業は、この試合から始まった

 

 

宇良和輝の強さは大相撲で通用するか? アクロバット相撲(動画あり)

相撲界に新星・宇良和輝

とても面白い力士が誕生しそうです。彼の名前は、宇良和輝(うら かずき)。

宇良3

2月12日、木瀬部屋への入門会見を開きました。

宇良和輝は、1992年6月22日生まれの22歳、大阪府寝屋川市出身で、現在は関西学院大学の4年生です。

彼のどこが面白いのか?

“百聞は一見にしかず”

まず、以下の動画をどうぞ。

 

動画で見る宇良和輝

第89回全国学生相撲選手権大会 撞木反り(『居反り』かと思います)

 

第51回全国選抜大学実業団対抗和歌山大会

居反り

第91回全国学生相撲選手権大会

宇良和輝 VS 石橋広暉

天皇杯第62回全日本相撲選手権大会①

天皇杯第62回全日本相撲選手権大会②

 

どうでしょう?  小兵ながら豪快な技の連続です。

 

Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9896290012621242"
data-ad-slot="4850582610"
data-ad-format="rectangle">


力士としての可能性

宇良和輝は、4歳から相撲を始めましたが、小学3年生からはレスリングも習い始めました。その影響で、ご覧のように強靭な足腰と豪快な投げ技を相撲の取組みにも生かせるようになりました。

宇良

身長は現在172㎝。22歳という年齢を考えれば、もう伸びることはないでしょう。

過去の比較的小さな横綱で見てみると、大横綱・千代の富士は、183㎝、北勝海は、181㎝、三代目の若乃花(花田)は180㎝と、他の力士から比べると小さくとも180㎝は超えていました。

以前、“技のデパート”として活躍した舞の海は、身長170㎝でした。現役の力士では、豊ノ島が168㎝です。

角界入りしてからは、当然今までとは比べものにならないくらいの強者が、対戦相手になります。

 

この取り組みのように、どっしり構えられて、両まわしを取られ潰されてしまうと、手も足も出ないということになってしまいます。

彼の現在の体重は、107㎏なので、もう少し体重は増やしていくのではないでしょうか。腕(かいな)力をつけて、懐に飛び込む取組みも必要かと思います。

入門会見

木瀬親方は現役時代、肥後ノ海として活躍し、最高位は前頭筆頭でした。

親方の方針が、力士の自主性に任せて、のびのびと過ごさせるという事なので、宇良和輝の個性を充分に発揮できる環境となるかもしれません。

 

昨年の全国学生個人体重別選手権で無差別級3位。「難しいと思うが、2年で関取に昇進する高い目標を掲げてやっていきたい」と語っているので、来年度からの活躍に期待したいです。

 

箱根駅伝優勝の青山学院大学・原晋監督の手腕

今年2015年の箱根駅伝は、

青山学院大学の総合優勝で幕を閉じました。

箱根駅伝2

 

青山学院大学はここ最近、箱根駅伝には7回連続で出場してはいますが、

決して強豪校というイメージはない大学でした。

 

6年前からの成績を見てみると、

22位(2009年)→8位→9位→5位→8位→5位(2014年)→1位

となっています。

 

1976年に出場してから30年以上、箱根駅伝には出ていません。

何が変わったのでしょうか?

 

 

やはり監督・指導者の影響が大であることに、間違いないでしょう。

青山学院大学率いる監督は、原晋(すすむ)監督です。

原晋監督

1967年3月生まれ、元陸上選手ではありますが、

箱根駅伝の経験者でも青学のOBでもありません。

実業団で活躍するも故障の為、27歳での引退を余儀なくされます。

 

陸上競技を引退してから約10年は、一般の仕事に就きました。

新規事業を立ち上げるための子会社に席をおき、

社員5名から社員100名以上の会社に成長させる手腕を発揮、

その頃の経験が、監督業に大いに役立っていると、原監督は言います。

 

知人からの紹介で、青山学院大学陸上競技部の監督に就任したのは、

2004年でした。

就任当初は、学生達の日常生活に唖然としてしまいます。

 

寮での飲酒や門限破りは当たり前、

朝練を参加自由にしたら出てこないメンバーも

一人や二人ではなかったようです。

原晋監督2

しかし、練習うんぬんよりもまずは規則正しい生活が出来なければ、

強い選手にはなれないという信念があったので、

辛抱強く指導していきました。

 

そうやって、基礎ができたと感じられるようになるのに、

4年くらいかかります。

 

練習では最初、自身が学んだ実業団での練習方法を導入しますが、

なかなかうまくいきません。

そこで、各々レベルに合ったステージがあるのだから、

まずどこを目指しているのか明確にし、

その半歩先を見据えて取組んでいくことにしました。

 

まずは、箱根駅伝に出場できるチームになること、

その次には、シード権(10位以内)をいつも取れるチーム力をつけること、

というように。

 

就任から5年、悲願の箱根駅伝出場を果たすことになります。

青学

 

 

2012年6月の全日本学生駅伝予選会での惨敗が

一つのターニングポイントとなりました。

2012原晋監督インタビュー(青山学院Youtubeチャンネルより)

 

当時の一年生が中心になって練習するようになって、

チームの雰囲気が一変します。

 

今回の箱根を走ったメンバーの中心は、まさにその当時の一年生です。

 

 

現在、原監督は選手達と共に寮生活をおくっています。

そのメリットは少なくありません。

それは、グランド以外での選手の様子を知ることができるからです。

 

出場選手を選ぶ際には、成績・特徴・現在のコンディション等を総合して

判断するわけですが、それにプラスして“監督の第六感”が発揮されます。

今までの経験値で「こいつなら、やってくれる」ということがわかるのも、

寮生活を通して、各選手の性格・気性などを把握しているからでしょう。

 

今年の12月、原監督は、

「たぶん勝つよ。少なくとも往路は優勝できる」

と明言しました。

 

神野ゴール

その優勝のカギを握っていたのが、今回5区を走ったエースの神野選手。

『山の神野』になれ、という原監督の言葉を見事に実践してみせました。

 

 

今回の箱根駅伝優勝により、以前とは比べものにならないくらい、

チームも監督も注目されるでしょう。

 

今後、雑誌の特集記事が組まれ、

単独インタビューが行われることは間違いないでしょうから、

さらに原晋監督の指導力・人間力が、

具体的に知れ渡っていくことになると思います。