ディズニー最新作『ベイマックス』、

12月20日(土)の公開が待ち遠しいです。

 

映画の舞台は、架空都市“サンフランソウキョウ”

ベイマックス3

主人公は14歳の少年ヒロ。

彼は、両親を亡くし、最愛の兄・タダシも謎の事故で亡くしてしまいます。

そんなヒロを、タダシが開発した”ベイマックス”が、

傷ついた心をケアしようと寄り添います。

 

傷ついた人の「心とカラダを守る」ことをプログラムされた

ケア・ロボット、”ベイマックス”。

ベイマックス2

兄の死に不審なものを感じて真相を追っていくヒロ。

やがて、巨悪の陰謀に巻き込まれていきますが、

そんな中、ベイマックスが兄から託された本当の使命がわかっていきます。

 

ドン・ホールとクリス・ウィリアムズの両監督は、

僕らに影響を与え続ける日本文化には、この作品でお返しできれば嬉しい

と熱く語っています。

 

日本への敬意と愛を込めて、

架空都市の名前は、サンフランシスコと東京を融合した

“サンフランソウキョウ”と名づけられています。

ベイマックスの顔は、日本の鈴をイメージしてデザインされており、

そんな細かいところにも、日本へのリスペクトが感じられます。

 

ベイマックスの体型が何となくトトロに似ていますが、

クリス・ウィリアムズ監督によれば、

「(トトロに)インスピレーションを受けた部分があると思う」と明かしています。

 

トトロベイマックス4

 

戦闘力も戦闘意欲もゼロの「純真無垢で優しすぎる」性格のベイマックスが、

ヒロと共にどんな戦い(?)を見せるのか?

 

約3ヶ月後、明らかになります。