国防

Sponsored Link

ブルーインパルス 松島基地へ帰還をはたす

 

東日本大震災で松島基地を襲った津波の被害から、ブルーインパルスがまぬがれたことは、前回の記事で書きました。

⇒『ブルーインパルス 松島基地での地震の被害

その後、ブルーインパルスは、どのようにして松島基地への帰還をはたしたのでしょうか?

ブルーインパルス3

 

地元の住人から愛され、慕われ、誇りに思われていたブルーインパルス。
その地元の人々が地震・津波被害にあって苦しみ悲しまれる姿が、ブルーインパルス関係者にとって、どれほど胸痛む事であったでしょうか。

東松山市の少年サッカーチームの名前は、「FC IMPULSE」といいます。
少年サッカーのチーム名になるという事実だけで、その関係性が良くわかります。
地元の子供にとっては、本当に憧れの存在なのです。

 

被害を受けた松島基地にブルーインパルスは帰還できませんので、隊員達は輸送機とバスを乗り継いで、一旦松島に戻り、被災地の救援活動に従事しました。

自衛隊 救援活動

それからおよそ2ヶ月半後の5月24日、ブルーインパルスは、福岡県の芦屋基地で訓練を再開させます。

 

震災後間もないのに、「本当に訓練を再開して良いのか?」という思いはブルーインパルスの隊員全体に強くあったといいます。
しかしブルーインパルスの使命を考えた時、「日本が元気になれるような展示飛行」、「『夢と希望』を感じ取ってもらうこと」、それが任務と、考えを切りかえていきした。

ブルーインパルスが、最終的に松島基地への帰還を果たすのは、およそ2年後の2013年3月25日でした。
翌月4月4日には、東日本大震災後初めて、松島基地での飛行訓練をするまでになりました。

この様子を見つめる基地関係者やブルーインパルス関係隊員、そして地元の人達にとって、ブルーインパルスの勇姿は、どれだけ感慨深いものだったでしょう。

ブルーインパルス 再びの空へ

震災後からのブルーインパルスの様子、パイロットや自衛隊隊員達の葛藤、地元住民との交流を描いた映画「絆-再びの空へ」が、震災から3年後の2014年3月に上映されました。

 

最後に、映画の予告編をどうぞ。


これからもブルーインパルスはその勇姿で、私達に夢と希望、そして元気を届けてくれるでしょう。

 

 

Sponsored Link

ブルーインパルス 松島基地での地震の被害

 

ブルーインパルスは、航空自衛隊の松島基地に在籍しているチームです。
下の地図を見てもらえればわかるように、宮城県の太平洋側に位置した松島基地は、東日本大震災の際に、津波により甚大な被害を受けました。

松島基地地図2

松島基地地図1

松島基地全体を津波が襲い、戦闘機を含めた自衛隊機28機が津波にのまれました。
地震発生から津波が襲うまで、およそ1時間。28機を緊急に飛ばして、被害を最小限にすることはできなかったのかという批判が出ました。

しかしこれは状況を知らない素人考えと、後にわかります。

 

地震発生が、14時46分。松島基地を津波が襲ったのが、15時54分頃です。
結果として1時間10分後に津波が来たわけですが、当初の気象庁の大津波到着予想は、15時10分でした。
30分弱で津波が直撃することがわかった基地司令が、全隊員を屋上へ退避するよう指示したのは当然のことです。

 

「スクランブルの際には、5分で離陸できるではないか」ということを言う意見もありますが、それはあくまで、スクランブル待機任務についている状態だからです。
あらゆる点検、パイロットの準備状態などがすべて揃っているからこそ数分で発進できるわけです。

しかも松島基地は教育部隊ですから、まるで環境が違うのです。
仮に緊急で発進する必要性がでた場合、地震被害で、滑走路や誘導路に亀裂や断裂がないかの確認、戦闘機や管制器材のチャック等、離陸するまで40分程度は最低限必要という元航空自衛隊の専門家の話もあります。

 

松島基地

もしそれらの確認を無視して、自衛隊機を飛ばしていたら、大惨事になっていた可能性大で、パイロットの人命軽視として、基地司令への別の批判が起こっていたことでしょう。

(参照)【松島基地の自衛隊機28機喪失は判断ミスか

結果として、その状況の中で、最善を尽くしたという以外ないと思います。

 

この松島基地の被害機に、ブルーインパルスの姿が見当たりません。
実はこの時、ブルーインパルスは松島基地にいませんでした。

地震がおきたのは3月11日、その翌日の12日は、九州新幹線の開業日でした。
ブルーインパルスは、その開業日のイベント参加にあわせて前日の10日に、福岡の芦屋基地入りしていたのです。
結局、大震災の被害の甚大さから、開業イベントは中止されました。

 

ブルーインパルスは、帰る基地を一時失うことになってしまい、隊員達は、ブルーインパルスを残し松島基地に帰らざるをえませんでした。
ブルーインパルスが津波の際、松島基地を飛び立っていて被害を受けなかったのは、まさに不幸中の幸いでした。

 

ブルーインパルスのパイロット その後は?

パイロット任期3年

ブルーインパルスと聞いて、「アクロバット飛行」という言葉がすぐ浮かぶ人も少しずつ増えてきているのではないでしょか。

前回の記事で書いたように、ブルーインパルスのパイロットの任期は、3年です。 

  『ブルーインパルスのパイロットになるのは難しい?

 

3年間の任務を終えたブルーインパルスのパイロットは、その後は、どんな任務に就くのでしょうか?

ブルーパイロット3

3年間の厳しい訓練とは別に、航空自衛隊の航空祭や様々なイベントでは、国民と直接触れ合うわけです。通常の自衛隊ではそういう機会もなかなかありません。

 

Sponsored Link

ブルーインパルスパイロット サイン&撮影会

ブルーインパルスの人気は高く、パイロットに対しても、サインや写真撮影をお願いするファンも多数います。

ブルーインパルスのパイロットのサイン&握手&撮影会の様子を動画でアップしている方がいます。 どの隊員さんも優しいまなざしと爽やかな笑顔が印象的です。 小さな子供に対しては、しゃがんで目線の高さを同じにして優しく語りかけています。

戦前のことははっきりわかりませんが、昔もきっと「兵隊さん」「兵隊さん」と同じような感じで親しまれていたような気がします。

 

 

ある面、華やかな3年間を過ごしたパイロットは、どんな気持ちで次の任務にのぞむのか、ちょっと関心があります。

上の動画のスタート画面に映っている隊員は、立山雄一さんです。 2015年度で3年間の任期を終えて、再び戦闘機のパイロットに戻りました。「積み重ねた飛行経験を生かし、今度は強くなるための技を究めるのみです」と語っています。

 

自衛隊員としての誇り

彼らブルーインパルスのパイロットは、全国の各飛行機部隊の中から選ばれた精鋭です。 当然のことながら、トップレベルの操縦技術を持っているわけです。

それと共に、ブルーインパルスが航空自衛隊にとって、どういう存在なのかということを、よく理解しています。 ブルーインパルスを通して、航空自衛隊の役割を知ってもらうこと、「僕も大きくなったら戦闘機のパイロットになる」という未来の世代を発掘すること、「航空自衛隊のパイロットの技量は高い」と、外国にしめし、強い抑止力をうみだすこと、などなど。

ブルーインパルス

「戦闘機パイロットとして、国防を担うことにある」という本来の使命が、常に頭の中にある彼らは、その期間が終われば、元いた部隊に戻るのが、通常のようです。 そして更に技術を磨くと共に、後進の指導にあたっていく立場になっていきます。

個人的に感じるのは、パイロットにとって、ブルーインパルスでの3年間は、国民の信託を受けてこそ自衛隊は存在理由があるという事を肌で感じるための期間なのではないでしょうか。

 

【関連記事】⇒『ブルーインパルスのパイロットに女性はいるか?

 

ブルーインパルスのパイロットになるのは難しい?

 

だいぶ前に、ブルーインパルスの映画を観てきたこと書きました。
⇒『ブルーインパルス 絆-再びの空へ

 

ブルーインパルスのパイロットの勇姿を見れば、多くの人が、格好いいと憧れの思いを抱くことでしょう。
ブルーインパルスのパイロットになるのは、相当難しいことと、容易に想像がつきますが、実際はどのような過程を経て、パイロットになるのでしょうか?

ブルーパイロット2

 

自衛隊のパイロットになるための最短コースは、『航空学生』になることです。
募集要項は、高校を卒業(または同等の学力)していて、21歳未満であること。
毎年9月に第三次までの試験が行われ、筆記試験や適性検査でふるいにかけられます。

航空学生になると、約2年間の基礎教育(主に座学)を受け、航空学生終了後に2年間の飛行訓練、さらに2年間の教育訓練後に部隊に配属されていきます。
このトータル6年間の最後の教育訓練(2年間)前に、戦闘機パイロットやヘリコプターパイロットなどそれぞれのコースごとに各部隊で訓練を積むことになります。

 

航空自衛隊には、2015年3月31日現在で、43,099人の隊員が配属されています。
(平成27年版 防衛白書より)

航空自衛隊

具体的な戦闘機パイロット数は、防衛秘密事項ですので、わかりませんが、戦闘機パイロットは、なりたくてなれるというものではありません。
やはり適正というのが重要視されます。マッハの速さに耐えられる身体能力があって、はじめてパイロットになれるのです。

そこから操縦訓練を積んで、一人前の戦闘機パイロットになります。
ただ、戦闘機希望者の半数以上は、戦闘機パイロットになれると、一般の人からの質問に自衛隊HPで回答しています。
これは、戦闘機パイロットになりたいという志を持って様々な面で努力しているような人であれば、決して狭い門ではないということです。

 

ブルーインパルスは、宮城県の松島基地の第4航空団に所属しています。
第4航空団は、航空教育集団で、主に飛行教育と戦術研究を行っています。

ブルーインパルスのパイロットの任期は、3年です。
1年目は訓練期間として、演技を修得します。実際のアクロバット飛行の際には、ナレーションを担当し、後席に搭乗します。
2年目は、アクロバット飛行を行います。
3年目はアクロバット飛行を行いつつ、担当ポジションの教官として、1年目のメンバーに演技を教育します。

 

ブルーインパルスのパイロットは、全国の飛行機部隊から選ばれた精鋭揃いです。
それは、他国(中国、ロシアなど)でも当然わかっていることです。
ブルーインパルスのアクロバット飛行のレベルの高さを見せることは、航空自衛隊の強さを示す一つの側面でもありますので、考え方によれば、戦争の抑止につながっているともいえます。

 

年々、パイロットになる希望者が減っていると言われている現状ではあります。
パイロットになって日本を護るという志の高い若者が少しでも増えてくれることを願うと同時に、実際には戦闘機パイロットが戦わなくても良い世界を作っていくことが、我々大人の責任ではあります。

 

沖縄の米軍基地問題・負担率(割合)の現状を再度考えてみた

米軍基地の負担率 再考

前回、日本の米軍基地の割合のことが書かれていた著書『誰も語れなかった沖縄の真実』(惠 隆之介 著)から、よく語られている沖縄の基地負担率について記事にしました。

【沖縄にある米軍基地の割合は、日本全体の75%って本当?】

 

その後、何気なくネットサーフィンする中で、Yahoo知恵袋を見ると、興味深い回答がありました。「沖縄県の米軍基地の負担率74%は嘘なの?」という質問に対するokinawazindesu2さんの回答です。

「ネットの誤った情報に惑わされて、勘違いして~」

 

okinawazindesu2さんが回答している内容に対して、確認しなければという氣持ちになり、防衛省のHPを見てみました。 【在日米軍施設・区域の状況

 

前回の記事の中に、「では、なぜこの“75%”という数字を出す必要があるのか?“沖縄県の負担がいかに大きいかを表すため”以外に考えられません。」と書きましたが、訂正しないといけません。

てっきり米軍基地反対派が作り上げた数字だと思いこんでいましたが、そうではなく、防衛省が発表している数字と知りました。失礼しました。

ごめんなさい

Sponsored Link

沖縄県の米軍基地負担率

そして、もう一つの数値の米軍専用施設の『専用』を除いた割合については、以下に載っています。

【在日米軍施設・区域別一覧(平成28年3月31日現在)】

日本全体の在日米軍施設面積は、1,024,401千㎡、沖縄県全体の在日米軍施設面積は、229,921千㎡です。単純に割合をだしてみると、22.4%になります。

ただ、この数値だけで、沖縄の米軍基地負担率は、日本全体の22.4%と見るのは早計です。okinawazindesu2さんが指摘しているように、個別の施設がどういう施設かという問題があるからです。

 

【在日米軍施設・区域別一覧】の下記の方の『注1』に、「括弧書きの施設・区域名については、日米地位協定第2条第4項(b)に基づき、米軍が一定の期間を限って使用している施設及び区域を示す」とあります。

共同訓練

要するに、米軍がわずかな期間だけ使用する基地(演習場・駐屯地)も含んでいるわけです。北海道の基地の多く、というかほとんどがこれに属します。

 

Sponsored Link

単純な負担率比較の無意味

ですので、「沖縄県より北海道の方が、米軍基地負担率は高い!」という主張は、面積のみで考えたらその通りですが、内容を見てみれば、あまり説得力のある言葉ではありません。

上記の日米地位協定第2条第4項には、米軍が使用しない時は、日本政府が臨時に使用することができる旨が書かれています。

宮城県の王城寺原演習場では、結構頻繁に訓練が行われています。ただ、その規模や米軍なのか自衛隊の訓練なのかについては、素人では分かり兼ねます。

平成27年11月訓練予定

訓練日程

 

ちなみに、『括弧書きの施設』を取り除いて面積を出してみると、本土は316,017千㎡で、沖縄県は229,667千㎡になります。合計545,684千㎡で割ると、沖縄県の割合は約42%です。

こういった数字をこれ以上出しても意味がないでしょう。『括弧書きの施設』と一括りにしましたが、たぶん其々の施設によって使用のされ方や重要度はまちまちでしょう。

 

前回の記事の最後に、「数字で人を説得する時には注意が必要ですね。 自戒も含めて。」と記しました。

今回、在日米軍の沖縄県の割合を再度調べてみて思うのは、賛成反対の意見が分かれることに対して、その主張の根拠を、できる限り平等に見極める努力をすることの大切さです。

そして、問題の本質は何かということを、数字で誤魔化されないようにしないといけないということです。在日米軍の例で言えば、沖縄県の負担割合が何%かの数字を論じ合っても発展性がありません。

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

 

そもそも世界第三位の経済大国に、これだけ大規模の外国の軍隊が駐留していることは正常なことなのか?

憲法9条第2項(「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」)で国が護れるのか?

現代においても力で支配・領土拡張をする国があることをどう受け止めるのか?

そういった議論なくして、沖縄の基地負担問題は解決しないとあらためて感じました。

 

【関連記事】『 世界で徴兵制のある国は? 日本の徴兵制の可能性は?

 

オスプレイを導入するメリットが知りたい!   性能はどの程度か?

オスプレイを導入した場合のメリットについて考えていきたいと思います。

オスプレイの事故率は高いのか?』の記事で、危険性についてはある程度、理解できました。

『MV-22』の危険性は少なく、『CV-22』は多少の危険性はありますが、今後更に飛行時間を増やしていく中で、改善が見込めると予想できます。

オスプレイ導入のデメリット

オスプレイデモ

では、メディアやデモ行進をする人達が、オスプレイ導入に強行に反対する理由、デメリットは他に何かあるのでしょうか。

検索サイトで、“ オスプレイ デメリット ” で検索してみました。 1~2ページの20記事くらいを見た結果は、結局指摘しているデメリットの中心は安全性でした。

 

オスプレイ5

「構造的な問題があって まだ未完成な機体である」との指摘も。 ただ、その記事では、“未完成機体”の具体的内容は書いてありませんでした。

“危険度0%” “安全性100%”は、この世の中には存在しません。

他には、「金額が高い」。 たしかにデメリットかもしれませんが、その金額以上の性能があれば、適材適所でオスプレイを配備すれば良いだけのことです。

   『オスプレイを佐賀空港に配備するのはなぜ?

 

Sponsored Link

オスプレイ導入のメリット

では、オスプレイの性能と、それを導入するメリットについて、並行して見ていきましょう。

オスプレイは、ヘリコプターの垂直離着陸機能と、固定翼機の長所である飛行の速さや長い距離を飛ぶことができる両者の利点を併せ持った航空機です。

現在配備されているヘリコプター『CH-46』と比較したものが、以下になります。

オスプレイ性能比較

 

注目すべきは、行動半径最大速力でしょう。

『CH-46』が、行動半径140㎞に対して、オスプレイ『MV-22』は何と、600㎞です。 しかも『MV-22』は、空中給油が可能ですので、それを1回行えば、1100㎞も飛ぶことができます。

沖縄から飛び立てば台湾全土はもちろん、北の韓国ソウル、西の上海まで飛んで行けます。

オスプレイ飛行距離

 

更に驚くべきことは、その速度です。

『CH-46』の速度が、270㎞/hに対して、『MV-22』は、520㎞/hと、その速さは約2倍に達します。災害救援・人道支援活動や離島防衛に、その力を発揮するであろうことは、素人でもわかります。

 

実際、2013年11月フィリピンを襲った超大型台風の大災害の時に、普天間基地から飛び立った米軍のオスプレイが、活躍しています。同様に、2015年4月のネパール地震の際にも、米軍は普天間基地からオスプレイ4機を派遣しました。

 

『CH-46』と比べて、行動半径が約4倍で、速さも約2倍、更に貨物の搭載量は約3倍。これほど利点があれば、使う方にとっては言う事はないでしょう。

石垣市に所属する尖閣諸島にも、わずかな土地の整備でオスプレイは離着陸できますので、利用価値も充分です。

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

オスプレイ2

 

敵対国の脅威・オスプレイ

逆に、日本と敵対もしくは利益がぶつかる関係の国にとっては、日本のオスプレイ導入を阻止したいはずです。 メリットに目をつぶり、デメリットを殊更強調するということは、そういった国の代弁者となっていることだと知る必要があります。

   『翁長知事 中国との関係は深いのか?

 

今回調べた結果、私の現状での認識は、デメリットよりメリットの方が数倍あるという事で、とりあえず落ち着きました。

今後も、オスプレイの動向には注視していきたいと思います。

 

【関連記事】⇒『オスプレイの事故率は高いのか?

      『オスプレイ最新事故率から考えた事

 

オスプレイの事故率は高いのか?  なぜ導入に反対するのでしょうか。

オスプレイを知ろう

オスプレイと聞いた時、何を思い浮かべますか?

テレビを見ていると、「オスプレイ、(導入)反対」や「オスプレイは事故が多い」という話ばかりのような気がします。

オスプレイ

そんなに危険な乗り物なのでしょうか?

こういったことは、マスコミの情報だけで判断するのではなく、ある程度、自分自身で調べて判断する必要があると思います。

まず、公の情報として、防衛省のHPを見てみましょう。

オスプレイ事故率

MV-22』がオスプレイです。

 

オスプレイの事故率

ここでいう事故率というのは、10万飛行時間あたりのクラスA飛行事故の件数から算出した数字です。(※クラスA:被害総額200万ドル以上あるいは、死亡または全身不随に至る障害等を引き起こした場合)

ご覧のように、米軍運用航空機の中でも平均以下の事故率1.93です。

クラスB・Cの事故は、事故率も高いですが、詳細を見てもらえれば、重大な事故ではないことがわかります。

オスプレイ3

クラスCの事故をいくつか上げてみると、以下のレベルのものです。

○スピナードームのネジが落下

○右ナセル作業台から作業員が地上に落下

○地上整備作業中エンジンから出火。負傷者なし

MV-22オスプレイ事故率について(詳細)

 

この表だけを見ると、事故率は決して高くありません。むしろ低い方です。 では、「オスプレイは事故が多い」というのは、嘘なのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

オスプレイ「MV」と「CV」

上記の資料の後半部を見てみると、『CV-22』という機種が出てきます。 こちらもオスプレイです。

オスプレイ5

機体構造はほとんど同じですが、任務の違いで仕様が多少異なります。

米空軍使用の『CV-22』は、事故率13.47と、米海兵隊使用の『MV-22』と比べると、事故率は急上昇します。「オスプレイは事故が多い」と主張するメディアは、この数字から結論を出していることがわかります。

嘘ではなかったようです。

 

なぜこんなに事故率が違うのでしょうか?

以下は、防衛省の資料の抜粋です。

CV-22について

 

一番の違いは、その任務の違いにあります。『MV-22』は、輸送機として使用され、『CV-22』は、特殊作戦機として使われています。

『CV-22』が、なぜ事故が多いのかわかりました。ほぼ同機種でありながら、その使用方法がまったく違うからです。激しい訓練と過酷な任務が、その数字に表れているのです。

 

そしてもう一点、防衛省のこの資料は、2012年6月のものですが、『CV-22』はこの時点で、飛行時間がまだ22,266時間しか経っていません。

通常、初期の頃はどの機種でも事故は起こりやすいものです。時間の経過とともに、改良改善・修正・熟練がなされ、事故率も減少していくのが普通です。

オスプレイ4

現に、防衛省が2015年5月に発表した『CV-22』の事故率は、7.21でした。(1月時点での累計飛行時間42,000時間)

  『オスプレイを佐賀空港に配備するのはなぜ?

 

「事故率が高く、危険だから反対」、それはある意味当然です。 では、もしその危険というデメリット以上に、他には代えがたいメリットがあるならば、どうでしょうか?

 

次は、オスプレイを導入するメリットについて、調べてみたいと思います。

  ⇒『オスプレイを導入するメリットが知りたい!

 

【関連記事】⇒『沖縄で事故 オスプレイ最新事故率から考えた事

翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

 

沖縄にある米軍基地の割合は、日本全体の75%って本当?

新沖縄県知事誕生

沖縄の知事選挙では大方の予想通りに、翁長氏が当選しました。12月10日には、新沖縄知事が誕生し、沖縄のかじ取りをおこなっていくことになります。

翁長知事

普天間の米軍基地移転問題はどうなっていくのか、日本国民の一人として注目していきたいと思います。

沖縄県は、日本が先の大戦に敗れた1945年から米国に統治され、1972年に日本に返還されました。 私の友人にも沖縄県出身の人がいますが、米国統治時代の米軍の所業には、許しがたいものがあったそうです。 人間は知性の動物でもありますが、感情の動物でもあります。

米軍に対しての必要性は理解しえても、過去のぬぐい難い思いが、今も沖縄のある一定の年齢の人々の心に残っていることは想像できます。

ちなみにその沖縄の友人は、米軍の必要性も認識しいますし、中国の脅威に関しても理解しています。

沖縄基地

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

 

Sponsored Link

沖縄県の米軍基地の割合

ただ、これは沖縄基地問題に限った事ではありませんが、数字が独り歩きして、理性的な判断を誤らせてしまう事が、往々にしてあると思うのです。

『日本にある米軍基地のおよそ75%が、沖縄県に存在する』と聞いて、あなたはどう思います?

 

多くの人が、「沖縄の人に負担をかけ過ぎだよ」 「沖縄県民が怒るのも無理ないね」と思うのではないでしょうか。

でも、この “75%” って本当に正確な数字なのでしょうか?

結論をいうと、上記の数字は誤りです。ただ、以下のような文章にすると正解になります。

『日本にある専用米軍基地のおよそ75%が、沖縄県に存在する』

どういう事かというと、日本には当然、自衛隊の基地があります。

横田基地

その中には、自衛隊と米軍が共存している基地も存在します。横須賀基地や横田基地、岩国基地や佐世保基地がそれにあたります。青森県の三沢基地もそうです。

75%という数字は、米軍のみが使用している基地の割合ですので、上記の共有基地は、含まれません。

では、なぜこの“75%”という数字を出す必要があるのか?

“ 沖縄県の負担がいかに大きいかを表すため ” 以外に考えられません。

 

本当の米軍基地割合は?

では “ 専用 ” ではなく、すべての在日米軍が沖縄県に占める割合は、どれくらいでしょうか?

24.5%だそうです。(「誰も語れなかった沖縄の真実」より)

それでも多いといえば多いですが、75%と24.5%では雲泥の差です。 数字で人を説得する時には注意が必要ですね。自戒も含めて。

 

【別の情報を加えて再考した記事】  ⇒『沖縄の基地負担率を再考してみた