地域の話題

Sponsored Link

Sponsored Link

マインドコントロールとは?言葉の定義は?あやふやな言葉のようです。

 

マックでしばし休憩。

 

近くで大学生の会話が自然と耳に入ってきました。

 

会話

「俺、マインドコントロールにかかりやすいんだよね」

 

「オウム真理教の信者だって、東大とか京大のエリートだったでしょ?
それでもマインドコントロールにかかるんだから、恐いよね」

 

「バイトだってそうじゃん。店長にうまく話しされて。
お客様第一っていう考えだって、
(マインドコントロールされている)そういうことでしょ」

 

 

本当に恐いですね。

それは、マインドコントロールされることが恐いという意味ではなくて、
言葉の定義を曖昧にして言葉を使うことがという意味でです。

 

大学生の会話の内容で考えれば、
子供の教育も会社の研修も、

すべてマインドコントロールという事になります。

 

TVのコメンテーターや芸能人もよく使いますね。

果たして彼らが明確な定義付けのもとで、
この “マインドコントロール” という言葉を使っているかといえば、
はなはだ疑問でしょう。

 

 

マインドコントロールは誰が言い始めた言葉なのでしょうか?

この言葉は、米国の心理学者のマーガレット・シンガーが提唱したものです。

マーガレットシンガー

 

しかし米国心理学会の社会的倫理的責任委員会は、
この理論に対して、『科学的厳密さに欠ける』と却下しているようです。

 

その後、日本にはどういう経緯で入ってきたのかはわかりませんが、

米国の大本の理論が、学会内において認められていない訳ですから、
輸入されてきたこの “マインドコントロール” という言葉が
あやふやなものであるのも頷けます。

 

マインドコントロール』で検索してみても、

“ 他人を自分の意思で動かす ”  “ 無意識に人を操る ”
というレベルでのマインドコントロール論であったり、

または、“カルト宗教や怪しい集団の思考・感情操作”
という話に限定している考え方のサイトが見られたりします。

 

洗脳

 

どうも腑に落ちる定義付けや説明が見当たりません。

それも上記の理由から当然といえば当然です。

 

ただ日本では、TVでも日常会話でも
普通に使われている言葉となっていますので、

今後もそれぞれが自分の都合で、使い続けていくのでしょう。

 

ある人は、“心(思考)をコントロールすること”として、
またある人は、“暴力を伴わない洗脳(恐ろしいもの)”として。

 

 

でもこういう類いの言葉は、他にもあるのでしょうね。

知らずに使っているいい加減な言葉って。

 

沖縄にある米軍基地の割合は、日本全体の75%って本当?

新沖縄県知事誕生

沖縄の知事選挙では大方の予想通りに、翁長氏が当選しました。12月10日には、新沖縄知事が誕生し、沖縄のかじ取りをおこなっていくことになります。

翁長知事

普天間の米軍基地移転問題はどうなっていくのか、日本国民の一人として注目していきたいと思います。

沖縄県は、日本が先の大戦に敗れた1945年から米国に統治され、1972年に日本に返還されました。 私の友人にも沖縄県出身の人がいますが、米国統治時代の米軍の所業には、許しがたいものがあったそうです。 人間は知性の動物でもありますが、感情の動物でもあります。

米軍に対しての必要性は理解しえても、過去のぬぐい難い思いが、今も沖縄のある一定の年齢の人々の心に残っていることは想像できます。

ちなみにその沖縄の友人は、米軍の必要性も認識しいますし、中国の脅威に関しても理解しています。

沖縄基地

   『翁長知事は尖閣問題をどう考えているのか?

 

Sponsored Link

沖縄県の米軍基地の割合

ただ、これは沖縄基地問題に限った事ではありませんが、数字が独り歩きして、理性的な判断を誤らせてしまう事が、往々にしてあると思うのです。

『日本にある米軍基地のおよそ75%が、沖縄県に存在する』と聞いて、あなたはどう思います?

 

多くの人が、「沖縄の人に負担をかけ過ぎだよ」 「沖縄県民が怒るのも無理ないね」と思うのではないでしょうか。

でも、この “75%” って本当に正確な数字なのでしょうか?

結論をいうと、上記の数字は誤りです。ただ、以下のような文章にすると正解になります。

『日本にある専用米軍基地のおよそ75%が、沖縄県に存在する』

どういう事かというと、日本には当然、自衛隊の基地があります。

横田基地

その中には、自衛隊と米軍が共存している基地も存在します。横須賀基地や横田基地、岩国基地や佐世保基地がそれにあたります。青森県の三沢基地もそうです。

75%という数字は、米軍のみが使用している基地の割合ですので、上記の共有基地は、含まれません。

では、なぜこの“75%”という数字を出す必要があるのか?

“ 沖縄県の負担がいかに大きいかを表すため ” 以外に考えられません。

 

本当の米軍基地割合は?

では “ 専用 ” ではなく、すべての在日米軍が沖縄県に占める割合は、どれくらいでしょうか?

24.5%だそうです。(「誰も語れなかった沖縄の真実」より)

それでも多いといえば多いですが、75%と24.5%では雲泥の差です。 数字で人を説得する時には注意が必要ですね。自戒も含めて。

 

【別の情報を加えて再考した記事】  ⇒『沖縄の基地負担率を再考してみた

 

師走の靖国神社へ参拝 無料休憩所と神池の紹介

仕事の帰りに、靖国神社に行ってきました。 このところ、月初には参拝するようにしています。

 

今日は夕暮れまで少し時間があったので、境内を散策してみました。

DSC_0291

 

銀杏並木がとても綺麗です。

DSC_0288

石灯籠の下前方にライトが置いてあるので、夜にはライトアップされるものと思われます。

続きを読む

田舎館村の田んぼアートは、どうやって作っているのでしょう?

田んぼアートとは?

田んぼアート』って知っていますか?

これです。

田んぼアート3

ビックリですよね。

昨年の作品は、こちらです。

田んぼアート4

「何で、こんなもの作ったんだ?」

「どうやって、作るの?」

自然と疑問がわきます。

 

田舎館村の村おこし

この『田んぼアート』は、青森県の田舎館村で作られた作品で、主催者は、田舎館村むらおこし推進協議会です。 田舎館村と書いて、“いなかだてむら”。 青森県中央部、津軽平野の南部に位置した人口およそ8千人の小さな村です。

田舎館村の“村の花”は、「稲の花」であることからも、稲(米)に対するこの村の愛情と関係性を感じます。

稲の花

北方稲作文化発祥の地とも言われています。

村おこしで始められた『田んぼアート』は、1993年に初開催されました。2014年で、22回目をかぞえます。最初は、『田植えツアー』のイベントの一環として開かれました。

初めての作品は、「弥生の里いなかだて」の文字と岩木山をかたどって、『稲文字』として表現されました。それからしばらく数年間は、同じ絵柄で作成されていましたが、2003年の「モナリザ」作品をきっかけに、アート性が増していきます。

モナリザ

ただ、この「モナリザ」は残念なことに、観光客から“太ったモナリザ”と言われてしまいます。その後、試行錯誤の末、展望台からきれいに観えるように、遠近法を導入し、進化をとげました。

 

田んぼアートの作り方

では、どうやって色彩を表現しているのでしょうか?

それは、青森県産米や古代米など計10品種7色を使い分け植えることで、絵画のように仕上げるのです。2004年~2016年までの作品は、こちらのサイトで見ることができます。

『田舎館 田んぼアート』

 

田舎館村に居住の方が、田んぼアートの作り方を紹介してくれています。この方は、実際に田んぼアートの田植えを行なっているおばあちゃんの孫です。

『お富の田園ブログ 田んぼアートの作り方』

 

年々、芸術性が高まっていく田んぼアートですが、来年2015年は、どんな作品で私たちを楽しませてくれるのでしょう。

 

田んぼアートは2つの会場で開催されます。

第1田んぼアートは田舎館村役場展望台から、第2田んぼアートは弥生の里展望所から観覧できます。観覧期間は、毎年6月初旬から10月中旬です。展望台の会館時間は、午前9時~午後5時まで。田んぼアート期間中は、土日祝日も開館しています。

 

詳細は、田舎館村役場 企画観光課 商工観光係 電話:0172-58-2111(内線242)まで