政治

Sponsored Link

Sponsored Link

麻生太郎が過去おこなった失言集 切り取られた政治家の『失言』はいらない

1940年9月生まれの麻生太郎議員、東京オリンピックの際には、80歳になります。

国会での答弁を見ているかぎり、その年齢を感じさせないものがあります。

べらんめえ調で、歯に衣着せぬ物言いは、まさに昭和の国会議員という趣です。

その麻生太郎議員、マスメディアで度々その発言を『失言』として、取り上げられることが多いようです。

昔は今ほど、ちょっとした言葉尻をとらえて『失言』と責められることも少なかったような気がします。

国務大臣であれば、その『失言』が政権にとって大きな打撃を与えることもあるので、身近な会合であっても、気をゆるして軽口をたたくと、大変なことになってしまいます。

では、麻生太郎議員の『失言』といわれている発言をみてみましょう。 更に、マスメディアが切り取る『失言』について考えてみます。

続きを読む

選挙区で絶対的強さをほこる細野豪志  自民党への移籍はあるか?

民進党を離党し希望の党へ移籍した細野豪志衆議院議員、当初は党の中心的立場で、民進党からの合流組の選別に影響を与えるような立場でした。

ところが、小池百合子氏が希望の党代表を退き、玉木雄一郎議員が代表に就くと、徐々にその存在感が薄れていきます。

希望の党と民進党の合流という話が進む過程においては、完全に蚊帳の外に追いやられた雰囲気です。

 

細野議員本人は、「理念や政策をねじ曲げて、選挙のことを考えて動けば、政治家として死ぬ」と強気の発言をしていると報じられています。

今後、細野豪志議員は、所属先をどのように決めていくのでしょうか。

続きを読む

ヤジは選挙妨害として罪に問えるのか? 公職選挙法で確認してみた

選挙演説の際、聴衆から突発的なヤジが飛んでくることは、よくあることで、ある面仕方ないことかもしれません。

しかしそのヤジが、継続的だったり、集団でおこなわれて、明らかに他の聴衆が演説を聞きとれない状況になっていたら、それは問題です。

 

2017年7月秋葉原駅前、選挙の応援演説で、安倍首相が街宣車の上に立っていました。

その時まさにヤジが飛び交っていたのですが、そこでは果たして、『選挙妨害』がおこなわれていたのでしょうか?

今回は、公職選挙法を確認して、『選挙妨害』について調べてみたいと思います。

 

  【関連記事】⇒『公職選挙法違反の罰則やルール

続きを読む

各社がおこなう内閣支持率の頻繁な世論調査は必要か 調査方法を確認してみる

森友学園での財務省決裁文書改ざん問題の影響をうけて、安倍政権の内閣支持率が下がっているというニュースが報じられています。

政権運営に大きな影響を与えかねない内閣支持率。

 

ただ内閣支持率と一口に言っても、調査している機関は様々あり、その数値も結構違っていることが多いです。

その辺りを理解した上で内閣支持率を論じないと、私達は、○%という数字に踊らされてしまいかねません。

内閣支持率の世論調査について、調べてみましょう。

続きを読む

自民党総裁選の仕組みを知りたい 安倍首相以外の他の候補者は消費税増税派?

自民党総裁選挙が今年の9月に行われます。 

現総裁である安倍総裁2期目の任期が9月末ですので、20日過ぎに行われるのが通例です。

自民党総裁選の任期は、1期が3年で、連続3期まで務めることができます。

 

今年1月頃までは、3期目もほぼ確実と思われていた安倍総裁でしたが、森友学園問題の財務省文書書き換えの影響で、黄色信号が点滅しているといわれています。

今回は、自民党総裁選挙の仕組みと、マスメディアで取り上げられている候補者の消費税増税に対しての考えについて、調べてみます。

続きを読む

南北首脳会談が開かれる板門店の『平和の家』ってどんな建物か?

文在寅大統領と金正恩委員長の南北首脳会談の日程が決まりました。

2018年4月27日(火)です。

 

韓国にたいして、ほとんど無視状態だった北朝鮮の金正恩委員長が、平昌オリンピック開催を機に韓国を利用し始めました。

韓国との合同入場行進から始まり、美女応援団の派遣、女子アイスホッケー合同チームでの参加など、北朝鮮はオリンピックの政治利用と批判されるのも何のそのといった感じでした。

更には、金正恩委員長の妹、金与正氏をオリンピック開催中に派遣して、文在寅大統領に首脳会談の提案までさせています。

その結果が、今回の南北首脳会談であり、1948年の南北分断以来、3回目の会談になります。

では、南北首脳会談が開かれる板門店の平和の家というのは、どんな建物なのでしょうか? ちょっと調べてみましょう。

続きを読む

日本の外国人労働者数の推移と現状 政府や厚生労働省の今後の考えは?

日本の少子高齢化にともない、今後労働人口が減少していくことは、避けられない現実です。

と同時に、減少していく日本の労働者の穴を埋めるように、年々外国人労働者の数が増え続けています。

日本には現在、外国人労働者がどれくらい入国しているのでしょうか。

その推移を確認しつつ、今後の労働者不足に対して、日本政府がどんな施策を行おうとしているのか、確認してみます。

続きを読む

公職選挙法改正の歴史 インターネットやビラ配布解禁の内容確認

多くの人が記憶に新しい公職選挙法の改正といえば、2015年に改正された、20歳からの選挙権が18歳に引き下げられた内容ではないでしょうか。

「18歳(高校生含む)に選挙権は早すぎる」という意見もありました。

ただ高齢者が、ほとんど思考停止状態で「○○さんにお願いされたから」とか、「△△党の人に入れとけばいい」というレベルで投票していた人がいた(すべてとは言いません)ことを考えれば、18歳の方がよほど色々考えて投票するだろうと、私は思います。

 

公職選挙法ができたのが、1950年(昭和25年)のことです。 それ以降、様々な社会情勢の変化の中で、その都度公職選挙法の改正が行われてきました。

今回は、比較的最近改正された公職選挙法のインターネットとビラ配布解禁の内容について確認してみます。

続きを読む

電波オークション法案反対者が主張する導入のデメリット メリットの方が大きい?

日本には、電波法(1950年)という法律があります。

電波法の第一章第一条には目的として、

「電波の公平且つ能率的な利用を確保することによつて、公共の福祉を増進することを目的とする」

と書かれています。

 

私達の身近なところで使用されている電波としては、テレビやスマホ(携帯電話)がすぐに思いつきます。

特定の企業にしか認められていない電波の利用権を、今後どう広げていこうと、政府は考えているのでしょうか。

その一つとして、電波オークションという方法が注目されています。 メリットやデメリットなどを含めて、電波オークションの内容を調べてみましょう。

続きを読む