政治

Sponsored Link

Sponsored Link

池上彰の選挙特番 過去には小泉進次郎特集もおこなっていた

衆参議院選挙直後に、マスメディアは選挙特番を組みますが、池上彰の選挙特番では以前、小泉進次郎議員の密着取材をおこなったことがあります。

小泉進次郎議員の街頭演説の様子を動画で確認するとわかりますが、人の集まりが尋常ではなく、アイドルにもひけをとらないといった感じです。

昨年の7月の参議院議員選挙での応援街頭演説は、18日間で22道県98ヶ所を回りました。 過去の池上彰選挙特番の小泉進次郎特集を振り返ってみます。

続きを読む

民進党の参議院議員の人数は? どうなる今後の去就

民進党の迷走が続いています。

民主党と維新の党が合流して、民進党が設立されたのが、2016年3月のことでした。 それからおよそ1年7ヶ月、一時は政権まで担った政党のあまりにもあっけない崩壊劇。

今回の衆議院議員選挙で、民進党所属だった衆議院議員は、それぞれ希望の党、立憲民主党、無所属で出馬していきました。

では今後、民進党所属の参議院議員は、どういった方向に進んでいくのでしょうか。

続きを読む

希望の党の公認候補者に『隠れ左派』はいないのか?

小池百合子都知事が立ち上げた希望の党が、良い意味でも悪い意味でも注目されています。

新しい政治の流れに『希望』を感じる人もいれば、『寄せ集め集団』『小池“野望”の党』と懐疑的に見る人もいます。

希望の党から出馬する人達は、もともと民進党に所属していた国会議員が多くをしめていますので、主義主張が玉虫色の人がいると言われています。

今回は、希望の党が選挙において公認候補とする際に、踏み絵と称された『政策協定書』のいくつかの項目から、『隠れ左派』について確認してみます。

 

「あなた本当に、希望の党の政策に納得しているの?」

希望の党公認の各候補者の過去の言動や所属先などから、検証してみましょう。

続きを読む

小泉進次郎は選挙区で圧勝? 他の応援演説でかけ回る

選挙応援といえばこの人、自民党の小泉進次郎衆議院議員です。

重要な首長選挙や参議院議員選挙はもちろん、小泉進次郎議員自身が立候補者の立場となる衆議院議員選挙においても、全国を飛び回ることが多々あります。

選挙応援の聴衆動員力は、今や安倍首相に匹敵するといってもいいくらいです。

ちなみに、前々回の衆議院議員選挙(選挙期間12日)の際、小泉進次郎議員が自身の選挙区で選挙運動した日数は、2日だけでした。

今回は、そんな小泉進次郎議員の選挙区での戦いについて調べてみます。

続きを読む

前原誠司の経歴と『言うだけ番長』と言われる理由が知りたい

政界が激変しようとしています。 さながら戦国時代の国盗り合戦を見ているようです。

武将同士のかけ引き、巨大な敵に立ち向かう為に、昨日の敵が今日の友になる関係、生き残るために義を捨てることもいとわないなど。

その政変の中の主要人物の一人が、前原誠司民進党代表です。

今回は、前原誠司議員の経歴を確認しつつ、有り難くないあだ名『言うだけ番長』について調べてみます。

続きを読む

「希望の党」設立表明 党首やメンバー 参加する顔触れは?

安倍首相が、衆議院を解散する記者会見を夕方開きました。

【朝日新聞 DIJITAL  2017.9.25】

安倍晋三首相は25日午後6時から記者会見し、28日に召集する臨時国会の冒頭で衆院を解散すると表明した。

「この解散は国難突破解散だ。急速に進む少子高齢化を克服し、我が国の未来を開く。北朝鮮の脅威に対し、国民の命と平和な暮らしを守り抜く。 この国難とも呼ぶべき問題を私は全身全霊を傾け、国民とともに突破していく決意だ」と述べた。

この衆議院解散の動きに対して、前々から準備をされていた新党が、設立されました。

名前は「希望の党」です。 では、その党首やメンバー、参加する顔触れを見てみましょう。

続きを読む

河野太郎外務大臣就任で「大丈夫?」とささやかれるのはなぜ?

内閣支持率が急落している安倍内閣にとって、今回の内閣改造でどんなサプライズ人事が行われるのかと、マスコミはしきりにあおっていました。

結局、目玉と称されていた橋下徹氏や小泉進次郎議員の入閣は実現しませんでした。

 

そんな中、第3次安倍第3次改造内閣で外務大臣に抜擢されたのが、意外にも河野太郎衆議院議員です。

この人事に対して、ネット上では「大丈夫?」という心配の声が上がっていますが、どういうことなのでしょうか?

続きを読む

都民ファーストの会が取材制限(規制)?

東京都議会議員選挙で55議席(当選後の公認含む)を獲得し、自民党を惨敗に追い込んだ都民ファーストの会ですが、現在取材制限を行っているということで批判を受けています。

【朝日新聞DIJITAL 2017.7.17】

小池百合子・東京都知事が率いて都議選で圧勝した地域政党「都民ファーストの会」が、当選者への取材制限を続けている。

同会は14日、新顔対象の研修会を開いたが、出席者への自由な取材は認められなかった。議員経験がなく取材に不慣れな人も多いため、失言などを避けるのが狙いだが、他党からは疑問視する声が上がる。

「きっちりした情報発信をしたいけど、今は取材対応を控えるよう言われている」。14日、都議会内での研修会後、出席した新顔の女性は取材にこう話した。

今回当選した都議会議員は新人議員とはいえ、月額給与約100万円(議員報酬)を受取る特別職の地方公務員になるわけです。 

選挙で東京都民からの選ばれた者に取材制限をかけることは、組織としてどうなのかという疑問がでるのは当然のことではあります。

続きを読む

翁長知事は尖閣諸島の問題をどう考えているのか?

尖閣諸島近海に、中国の漁船や公船がたびたび侵入を繰り返しています。
 
尖閣諸島は、沖縄県石垣市に所属する島ですが、その長である翁長沖縄県知事は、この尖閣諸島領有権問題をどう考えいるのでしょう。
 
そして、翁長知事は沖縄県民の生命と財産を護るために、中国に対して具体的にどう対応しようとしているのでしょうか。
 

続きを読む

石破茂と小池百合子の関係は? お互い応援しあう仲なのか?

支持率低下に苦しむ安倍政権にとって敵となる存在は、もはや野党第一の民進党ではありません。

それは、東京都議会議員選挙で大勝し、国政復帰が常に話題にのぼる都民ファーストの会の小池百合子東京都知事であり、同じ自民党内で次期首相を目指そうと画策する石破茂衆議院議員の方が、よほど脅威でしょう。

ただ石破茂だけでは正直あまり対抗馬にはなりずらいでしょう。 石破茂は自民党の国会議員の中での評価があまり高くないようですから。

仮にこの二人がタッグを組んだとすると、安倍政権の衝撃は相当なものになります。 果たしてそういった可能性はあるのでしょうか?

続きを読む