時事ニュース

Sponsored Link

Sponsored Link

沖縄知事選挙候補者の可能性 城間幹子とはどんな人物?

沖縄県知事の翁長雄志氏の死去により、当初予定されていた11月の沖縄県知事選挙の前倒しは確実です。(9月13日告示、9月30日投開票決定)

翁長知事の後継者として、色々な候補者の名前が出ていますが、その中の一人に城間幹子という名前があります。

沖縄県民にとっては知られた名前でしょうが、本土においての知名度はほとんどありません。

城間幹子という人は、どんな人物なのか調べてみました。

続きを読む

翁長知事死去による沖縄知事選挙の日はいつになるのか?

翁長知事が亡くなられました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

沖縄知事二期目を目指していたであろう翁長知事でしたが、病には勝てませんでした。

翁長知事の任期は、2018年12月9日までだったので、何もなければ沖縄知事選挙は、11月1日告示で11月18日投開票の予定でした。

続きを読む

夏休みの延長を検討するというが現実的なのか? もっと他にやるべきことはある

まだ具体的ではありませんが、小中学校の夏休みの延長を検討する考えを、菅官房長官が述べています。

【産経ニュース 2018.7.24】

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、猛暑を受け「小中学校に関する暑さ対策の一つとして、夏休み期間の延長などについて検討すべきであると考えており、総授業数を確保しながら、どのような工夫が可能であるか文部科学省で検討する」と述べた。

また、小中学校などのクーラー設置には「来年のこの時期に間に合うことができるよう、政府として責任をもって対応したい」と語った。

果たして、夏休み延長という、その必要性はあるのでしょうか?

続きを読む

尖閣諸島を中国はどんな名称で呼んでいるか? 中国の主張を確認してみる

ここで問題です。

今まで以上に状況が悪くなっているのに、たまにしかマスメディアで報道されない問題は何でしょう?

   『報道しない自由とは?

 

ちょっとこれだけではわからないかもしれませんが、正解は、尖閣諸島近海における日本領海への中国船の侵入問題です。

中国は、もともと日本の領土と認めていた尖閣諸島を、突然自国の領土と主張しだした経緯があります。

日本のことわざには、『盗人にも三分の理』というものがあります。

【三省堂 大辞林】

盗人が盗みをするのにも、それなりの理由があること。どんなことにでも、理屈をつけようと思えばつけられることのたとえ。

果たして、尖閣諸島に対する中国の『三分の理』とは、どういったものなのでしょうか。

彼らの主張を、確認してみましょう。

続きを読む

猛暑日とは何度からをいうの? 2018年この暑さはいつまで続くのだろうか

7月半ば、例年であれば梅雨明けもそろそろかという時期ですが、今年2018年は違っています。

関東甲信地方では、1951年の観測以来初めて、6月の梅雨明けとなりました。

 

梅雨明けが早かった分、夏の到来も早く、このところ連日の猛暑・酷暑が続いています。

今年の夏、この暑さはいつまで続くのでしょうか。

続きを読む

死刑制度について賛成の理由や反対意見を調べてみる 世界の現状も確認

オウム真理教の麻原被告を含む7名の死刑執行がおこなわれました。

1995年の地下鉄サリン事件から23年、麻原被告の死刑確定からおよそ12年での執行でした。

 

来年2019年4月30日には、今上陛下の譲位がなされます。

そのこともあり、このオウム事件を平成のうちに完結させておきたいという、政府の思いがあると主張する人もいます。

たぶん、その通りなのでしょう。

 

この死刑執行に対しては、国内外で様々な意見があります。

死刑制度に対する世界の現状と、国内の賛否両論について確認してみます。

続きを読む

災害の際に悪質商法をおこなう人の心の貧しさ 事例を知ろう

地震や津波、台風や洪水、山崩れ、日本は自然災害の多い国です。

自然災害によって、家族や友人を亡くしたり、住み慣れた家の倒壊など、今まで幸せに暮らしてきた日常が、一変することもあります。

それらは、日本国内に住む私達にとっては、決して他人事ではありません。

そんな悲惨な環境におかれた人に対して、心ない人達が存在します。

【朝日新聞 2018.6.19】

大阪府北部を震源とする地震が発生したことを受け、福井照消費者相は19日の閣議後の記者会見で、災害に便乗した悪質商法に注意するよう呼びかけた。不審な点がある場合、「消費者ホットライン(局番なしの188)に相談してほしい」と話した。

消費者相が『呼びかけた』ということは、過去においても同様のことが、度々おこっているからです。

続きを読む

赤旗新聞の発行部数と公務員への勧誘問題 電子版発行で世論への影響はあるか?

赤旗新聞といえば、日本共産党の機関誌です。

 

1991年に共産主義国家の雄・ソビエト連邦が解体してから、早くも30年近くが経とうとしています。

世界的にみれば、共産主義思想そのものが、風前の灯火といった感ではあります。 しかし、日本ではまだある一定の勢力を保っているのが現状です。

【読売新聞 2018.6.24】

共産党は来月2日から、機関紙「しんぶん赤旗」の電子版を発行する。党員以外に読者層を広げ、党勢拡大につなげる狙いがある。

志位委員長は、電子版の狙いについて「赤旗を電車で広げて読むことに抵抗があっても、スマートフォンやタブレットであれば読めるという人に届けたい」と説明している。購読料は、赤旗と同じ月額3497円。

赤旗は現在、113万部(2017年1月現在)が発行されています。

発行部数は、あくまで共産党の発表ですが、いまだに100万部を超えていることに、少々驚きを感じます。

続きを読む

なぜ関東甲信地方でこんなに早く梅雨明けしたのか 心配なのは水不足?

ちょっとビックリなニュースです、

何と、6月なのに関東甲信地方が、梅雨明けしたというのです。

6月の梅雨明けは、私の記憶の中にはありません。 

それもそのはず、1951年の統計開始以降、6月の梅雨明けは初めてのことのようです。

【読売新聞 2018.6.29】

気象庁は29日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より22日、昨年より7日早い。同庁によると、1951年の統計開始以降、最も早く、6月に関東甲信の梅雨明けを発表したのは初めて。

なぜ、今年はこんなに早く、梅雨明けしたのでしょうか?

続きを読む

自民党の参議院議員について 70歳定年制とはどういうことか?

自民党の参議院議員の定年制の問題が報道されています。

【毎日新聞 2018.5.31】

自民党が来夏の参院選で、比例代表の「70歳定年」に頭を悩ませている。 改選を迎える現職18人のうち、党の規定で9人が定年だが、多くが特例での立候補を希望。

日本では、一般的に定年と言われているのは、60歳です。

国家公務員や地方公務員は60歳定年ですし、一般の企業でも65歳定年が増えているとはいえ、まだまだ60歳を定年とする会社の割合が多いです。

自民党でも一般社会に習い、比例代表での国会議員の定年を決めています。

今回は、自民党国会議員の定年について調べるとともに、議員の定年について考えてみます。

続きを読む