時事ニュース

Sponsored Link

Sponsored Link

放送制度改革に反発するマスメディア 公正な議論は可能か?

放送制度を改革しようという政治の動きがあります。

何かを変えようとすると、必ず『変えてほしい人』と『変えてほしくない人』が現れます。

 

同様に、放送制度を改革しようとすれば、「早急に変えるべき」「必要性を感じない」など賛否両論が出てきます。

では放送制度において、『変えてほしい人』と『変えてほしくない人』とはどんな人達でしょうか?

ズバリ『変えてほしい人』は、テレビの一方的な情報にうんざりしている人達です。

逆の立場の『変えてほしくない人達』は、放送事業者そのものです。

 

放送制度改革で、検討されようとしている内容を確認しつつ、なぜ改革を進めようとしているのか、その必要性について考えてみます。

続きを読む

最低賃金の引き上げ 雇用主が違反した際の罰則や引き上げのデメリットについて

街中を歩くと、コンビニエンスストアや居酒屋などの壁に、アルバイト募集の貼り紙をみることがあります。

850円や975円などの時間給がそこには書いてありますが、この時間給には、最低賃金が定められています。

その最低賃金額の改正が、2017年10月におこなわれました。

 

もし最低賃金を守らず、使用者が労働者を働かせていたら、どのような罰則があるのか等、最低賃金に関することを確認してみます。

続きを読む

各社がおこなう内閣支持率の頻繁な世論調査は必要か 調査方法を確認してみる

森友学園での財務省決裁文書改ざん問題の影響をうけて、安倍政権の内閣支持率が下がっているというニュースが報じられています。

政権運営に大きな影響を与えかねない内閣支持率。

 

ただ内閣支持率と一口に言っても、調査している機関は様々あり、その数値も結構違っていることが多いです。

その辺りを理解した上で内閣支持率を論じないと、私達は、○%という数字に踊らされてしまいかねません。

内閣支持率の世論調査について、調べてみましょう。

続きを読む

自民党総裁選の仕組みを知りたい 安倍首相以外の他の候補者は消費税増税派?

自民党総裁選挙が今年の9月に行われます。 

現総裁である安倍総裁2期目の任期が9月末ですので、20日過ぎに行われるのが通例です。

自民党総裁選の任期は、1期が3年で、連続3期まで務めることができます。

 

今年1月頃までは、3期目もほぼ確実と思われていた安倍総裁でしたが、森友学園問題の財務省文書書き換えの影響で、黄色信号が点滅しているといわれています。

今回は、自民党総裁選挙の仕組みと、マスメディアで取り上げられている候補者の消費税増税に対しての考えについて、調べてみます。

続きを読む

南北首脳会談が開かれる板門店の『平和の家』ってどんな建物か? n

文在寅大統領と金正恩委員長の南北首脳会談の日程が決まりました。

2018年4月27日(火)です。

 

韓国にたいして、ほとんど無視状態だった北朝鮮の金正恩委員長が、平昌オリンピック開催を機に韓国を利用し始めました。

韓国との合同入場行進から始まり、美女応援団の派遣、女子アイスホッケー合同チームでの参加など、北朝鮮はオリンピックの政治利用と批判されるのも何のそのといった感じでした。

更には、金正恩委員長の妹、金与正氏をオリンピック開催中に派遣して、文在寅大統領に首脳会談の提案までさせています。

その結果が、今回の南北首脳会談であり、1948年の南北分断以来、3回目の会談になります。

では、南北首脳会談が開かれる板門店の平和の家というのは、どんな建物なのでしょうか? ちょっと調べてみましょう。

続きを読む

公職選挙法改正の歴史 インターネットやビラ配布解禁の内容確認

多くの人が記憶に新しい公職選挙法の改正といえば、2015年に改正された、20歳からの選挙権が18歳に引き下げられた内容ではないでしょうか。

「18歳(高校生含む)に選挙権は早すぎる」という意見もありました。

ただ高齢者が、ほとんど思考停止状態で「○○さんにお願いされたから」とか、「△△党の人に入れとけばいい」というレベルで投票していた人がいた(すべてとは言いません)ことを考えれば、18歳の方がよほど色々考えて投票するだろうと、私は思います。

 

公職選挙法ができたのが、1950年(昭和25年)のことです。 それ以降、様々な社会情勢の変化の中で、その都度公職選挙法の改正が行われてきました。

今回は、比較的最近改正された公職選挙法のインターネットとビラ配布解禁の内容について確認してみます。

続きを読む

日本相撲協会の理事会(メンバー)と評議員会はどう違う? わかりやすく知りたい

大相撲の元横綱・日馬富士による暴行事件から始まった大相撲の問題を、マスメディアが連日報道しています。

加害者の日馬富士、被害者の貴ノ岩、その親方であり日本相撲協会の理事である貴乃花親方(4日解任)、理事長の八角親方などが、主要人物として取り上げられています。

 

各本人が語っている以上に、マスメディアの憶測が飛び交い、まさに『悪の根源は誰?』的な方向に、報道は進んでいます。

そこに、評議員会の池坊保子議長が加わってきました。

ここで『評議員会』という言葉出てきました。

理事会や評議員会は、日本相撲協会のなかで、どんな役割があるのでしょうか。

 

「相撲協会の膿みとは何か?」「問題の本質は何なのか?」などの主要な問題はさておき、日本相撲協会の内部の組織についてわかり易く解説してみます。

続きを読む

中国・覇権国家(主義)がスリランカで行おうとしていること

二つの世界的な戦争を経て、早72年がたち、21世紀となりました。

世界は徐々に平和な世の中になると思いきや、いまだに宗教・民族間の争い、国境紛争が絶えません。

更に、世界第二位の経済大国が、一党独裁の共産党国家であり、現在も覇権を拡大しようと領土領海への野心を剥き出しにしている現実があります。

北朝鮮の核ミサイル問題の陰に隠れて、中国の野望が、今回はスリランカで顕著になりました。

続きを読む

希望の党の代表選挙の結果は? 大串博志を推薦したメンバーの一覧

希望の党が、共同代表選挙を11月10日におこないました。 立候補者は、玉木雄一郎と大串博志の2名。

結果はご存知のように、玉木雄一郎が39票を獲得して、共同代表となりました。

今回、敗れた大串博志の推薦人となった8名の国会議員について、調べてみようと思いました。

なぜか?

それは、共同代表選挙の際の大串博志の主張が、あまりにも有権者をバカにしているのではないかと思ったからです。

そして、大串博志の主張に賛同したからこそ、8名の希望の党国会議員は推薦人になったわけですので、彼らの存在も、もっと公にする必要を感じたからです。

続きを読む

立憲民主党は今後どうなる? 二大政党制の一翼となれるのか

第48回衆議院議員選挙が終わりました。

選挙の結果としては、自民党安倍内閣の信任という側面があり、小池百合子旋風の終息、新党・立憲民主党の躍進という内容になるといえます。

今回の選挙では、公示前にバタバタと新党が作られ、多くの人が「政党っていったい何なの?こんなのでいいの?」と思ったのではないでしょうか。

今回、議席数が3倍以上となった立憲民主党は、はたして今後どんな政党として、国政に影響力を発揮できる存在となっていけるか、見ていきたいと思います。

続きを読む