時事ニュース

保育所(保育園)と待機児童 規制緩和すれば問題は解決するか?

保育所落ちた

「保育園落ちた日本死ね」ブログの反響が大きいようです。

この匿名ブログの内容を論じる際に、保育所の待機児童問題と品性の問題で分けて考えないと、話がごちゃごちゃになってしまいます。

保育所2

保育所に入れなかったこのブログ主の母親が、仮に、本当に存在したとします。

その場合、匿名記事とはいえ、『日本死ね』とか『何が少子化だよクソ』などと表現してしまうメンタリティの女性が、子育てすることがちょっと怖いです。もちろん、あえてこういう表現を使って問題提起をしたと考えることもできますが。

 

待機児童問題は都市の課題

次に、やはり話の中心は、待機児童問題です。

保育所と待機児童の問題は、全国一律の問題ではなく、主に首都圏や大都市圏が中心の問題です。

更に言えば首都圏においても世田谷区や渋谷区では、待機児童比率が2.5%以上と多いのに対して、千代田区や港区などでは、その比率も0.5%以下と低い地区もあります。

それを考えると、この問題は国全体よりも、各地方自治体に任せた方が良い問題ではありますが、ただし法律面での整備や規制緩和は、国が行わないことには話が進みません。

   『少子高齢化の対策に、政府は何をしているか?

 

Sponsored Link

保育所の種類

保育所は、大きく分けると二つにわけられます。

一つは、国が定めた設置基準をみたし、都道府県知事に認可された『認可保育所』です。

保育所3

もう一つは、認可保育所の設置基準をみたせない『認可外保育施設』(いわゆる無認可保育所)になります。認可外とはいっても、都道府県への届け出は必要ですし、立入り検査も実施されます。

【児童福祉法 第45条】

都道府県は、児童福祉施設の設備及び運営について、条例で基準を定めなければならない。

児童福祉施設の設備及び運営に関する基準

第五章 保育所  第32条~第36条

東京都の場合は、認証保育所という独自基準の保育所を設けています。0歳児保育の充実や13時間以上の開設など、大都市圏に住む人のニーズに応える東京都独自のものです。

料金の上限は決まっていますが、認可保育所に比べれば料金も高く、ちなみに三歳未満児の上限は80,000円です。安い給料だと半分以上を保育料に当てないといけなくなるので、何のために働いているのかわからなくなりますね。

 

保育所増設で問題解決?

『待機児童』=『保育所に入所出来ない児童』ですので、単純に考えれば保育所を増やせばいいと思いますが、そう簡単ではないようです。

認可保育所の場合、設置基準がありますので、それなりの土地のスペースがいります。しかも近頃は、保育所ができると騒音(児童の声)がするといって、地域住民の反対運動が起こるケースもあります。

デモ反対

もっと規制を緩和して、民間の保育所経営の参入を促したらいいのではと、単純に思ってしまいますが、経営者に言わせると、利益を生み出すのが厳しいようです。

結局収益を上げるためには、人件費を削ることになるので、保育士が安月給で雇われることになってしまいます。これは介護職と共通の問題です。

ある東京都内の団体が、厚生労働大臣に宛てた意見書には、規制緩和に対して、

『面積基準の緩和はしないで下さい』

『保育士の人数の緩和はしないで下さい』

『保育士の労働環境の改善を』

という要望が続きます。

 

社会主義の国家運営を望み、税金をもっと上げていけば、それも可能かもしれません。

ただ、限られた財源の中で、地方自治体がどこまで対応可能でしょうか。当たり前の話ですが、利益が出なければ民間は参入してきません。

 

規制緩和か? 安心安全か?

もちろん二者択一ではなく、どちらに比重をおくかでしょうが。

 

Sponsored Link

待機児童全国最多の世田谷区

全国で一番待機児童の人数が多い世田谷区の状況を確認してみました。

平成27年度の待機児童数は、1,182名です。以下の表を見てみると、年々待機児童数は増えています。

世田谷待機児童推移

では何も対策をしていないのかといえば、そうではなくて、『保育サービス施設の定員数の推移』(P9)を見ると、私立の認可保育園を中心に、定員数では年々増員しています。

 

世田谷保育サービス定員推移

 

世田谷区は住みたい町として人気も高く、子育て環境も良いと聞きます。そのため、世田谷区へ住む人達の数も増え続け、現在人口は約88万5千人になっています。(2016年3月1日現在)

行政サービスが、それに追いついていけない状態ともいえます。これはサービスを受ける側にも問題があります。

子供を産み育てることを前提で、最初の居住地を選んでいるかが問われます。もちろん保育所の状況だけを中心に居住地を選択できないでしょうが、待機児童の状況をしっかり把握したうえで、その自治体を選択してもらいたいものです。

 

『要求』に際限はありません。

「ああしてほしい、こうしてほしい」 「そっちよりこっちに」 「あれは無駄だけど、これは有意義だ」

 

財源には限りがあるとわかっていながら、自分中心にその財源を使ってほしいと考えてしまうことは、ある程度理解できます。

声を上げることで何かが変わることもあるでしょうし、変わらない現実もあることを認識したいものです。

 

【関連記事】⇒『日本の少子高齢化問題の現状・原因

      『医学的な女性の妊娠・出産適齢期とは?

 

保釈金とは? 保釈金は戻ってくる(返還)のか?

元プロ野球選手の清原和博氏が保釈されました。

保釈金の額は、500万円です。

【毎日新聞 2016年3月17日】

覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が17日、保釈された。 2月2日の逮捕以来、44日ぶり。

東京地裁がこの日、保釈を認め、清原被告は保釈保証金500万円を即日納付した。

続きを読む

完結出生児数とは? 人口減少の対策に力を入れるべきポイントは?

人口減少の始まり

日本の人口が、国勢調査開始以来はじめて減少したというニュースです。

【読売新聞 2016年2月26日】

総務省は26日午前、2015年国勢調査の速報値を発表した。昨年10月1日現在の日本の総人口は1億2,711万47人(男性6,182万9,237人、女性6,528万810人)で、10年の前回調査より94万7,305人(0.7%)減った。国勢調査では、1920年の調査開始以来初めて人口減が記録された。

続きを読む

政府がマタハラ対策 会社に必要不可欠な存在になる事でマタハラ回避

 

今回の通常国会で、マタハラ防止のために、現行法の改正を政府は行っていくようです。

【東京新聞 2016年1月14日】

政府は13日、来年1月1日から企業にマタニティーハラスメント(マタハラ)の防止措置を義務付ける方針を決めた。通常国会に改正案を提出し、早期成立を目指す。

現行法は妊娠や出産、育児休業の取得を理由とした退職の強要、降格などのマタハラを事業主に禁じているが、上司や同僚による嫌がらせは対象外だ。

改正案は事業主に相談窓口の設置や上司らの研修などの防止策を求める。具体策や防止措置の対象となるマタハラ行為は省令や指針で定める。

マタハラ(マタニティーハラスメント)とは簡単に言えば、働く女性が職場において、妊娠・出産・育児を機に、精神的・肉体的・実質的嫌がらせを受ける行為をいいます。

退職や降格・減給など、具体的に職場で不利益を被る結果が問題となり、現在は官民がその是正に向け、様々な取組みを行っています。

 

『マタニティーハラスメント』は、いわゆる和製英語です。

matahara

『寿退社』という言葉があるように、以前は “女性は結婚したら会社を辞める” というのが当たり前という風潮がありましたが、今そんなことを言ったら、ある意味『化石』扱いされるかもしれません。

 

政府がマタハラの防止措置を、会社に義務付ける法改正を行おうとしているという事は、まだまだ現場において、マタハラが横行しているからです。

女性向けリーフレット

事業者向けリーフレット

厚生労働省では、『STOP!マタハラ』ということで、女性向けリーフレット事業者向けリーフレットを作成して、マタハラをなくすための啓蒙に務めています。

法律的には、男女雇用機会均等法や育児・介護休業法に関係してきます。

 

例えば、男女雇用機会均等法の第9条には、

「事業主は、女性労働者が婚姻し、妊娠し、又は出産したことを
退職理由として予定する定めをしてはならない」とあり、

続いての第3項に、
休業を請求したことに対して、
「解雇その他不利益な取扱いをしてはならない」とあります。

介護休業法の第10条には、

「事業主は、労働者が育児休業申出をし、
又は育児休業をしたことを理由として、
当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない」

と明記されています。

実際、会社では認めても(法律的に認めざるを得ない)、上司や同僚からの冷たい視線・対応、嫌がらせが後を絶たないという現状があり、今回の法改正の動向につながっているといえます。

冷たい視線

確かに、休業によってそのしわ寄せが来るのは、上司や同僚になるわけです。

今後は、『それを放置せず、事業主自身がその対策を取るようにしなさい』という社会の流れになっていくといえます。

 

マタハラを支援する団体では、

『加害者の意図に関係なく、
あなたが「嫌だな」「不快だな」と思ったその時点から、
ハラスメント=マタハラと呼べます』

と言っています。

【matahara net「マタハラとは?」】

 

これは『子供のいじめ』に対しての論調にも似ています。

「被害者がいじめられたと感じたらそれはいじめ」

ある一面ではそうかと思いますが、それが前面に出すぎると結局、個人の権利の主張合戦の世の中を生み出してしまうような氣がします。

 

会社の規模や形態で、自分が長期で休んだら会社がどういう状況になるか、想像がつくはずです。

物理的に会社経営が難しくなるであろう会社も存在します。

 

また、会社にとって自分がなくてはならない存在になっているかという存在意義が問われてくる話でもあります。

「その間(産休、育休)は何とか凌ぐから、戻ってきてね」

と経営者や上司に言われる私という存在なのか。

 

『権利』の主張ばかりが目立ってくると、ギスギスした世の中になっていきそうで、ちょっと嫌ですね。

全体的には必要な処置かと思いますので、『過ぎたるは及ばざるがごとし』とならないように、知恵を出していってほしいものです。

 

国会議員定数削減は必要か? コスト減にはなるが政治は良くなる?

国会議員 定数削減という主張

「国会議員の定数を削減しろ」という主張は、だいぶ以前から言われていました。 国会でも議論されていますが、昨年は安全保障の問題が中心で、マスコミでもあまり取り上げられなかったような氣がします。

『議員定数削減』という意見を端的に言えば、「議員としての仕事をちゃんとしているのか? していないのなら、人数が多すぎるから減らせ」という事かと思います。

続きを読む

被選挙権(衆参議院)の年齢を下げるという提案に賛成? 反対?

 

民主党の岡田代表は、年頭の記者会見で、
被選挙権の年齢引き下げについての考えを明らかにしました。

 

【産経新聞】

民主党の岡田克也代表は5日の記者会見で、
衆院25歳以上、参院30歳以上と定めた被選挙権年齢を
引き下げるべきだとの認識を示した。
通常国会に関連法案を提出し、夏の参院選の公約にも盛り込む意向。

「衆院は20歳か18歳(が適当)ではないか。
参院は一挙に20歳や18歳にするのか、中間的な数字にするか、
党の中で議論していきたい」と語った。

 

そもそも『被選挙権』とは、
議員や首長などに立候補できる権利のことであり、
そこには年齢制限があります。

 

参議院議員、都道府県知事の被選挙権は満30歳以上、
衆議院議員、地方議会議員、市区町村長の被選挙権は、満25歳以上です。

この設定されている年齢は、投票日に達していればよいので、
各選挙の公示・告示日の時点で、29歳・24歳でも立候補できるわけです。

 

 

『選挙権』は誰でも知っているように、
上記の選挙に投票する権利をいいます。

 

投票

 

現時点(2016年1月)では、満20歳以上がその権利を持っていますが、

昨年の6月に、公職選挙法の一部が改正されたため、
2016年6月19日の後に行われる国政選挙の公示日以降は、
満18歳以上が選挙権を有することになります。

 

公職選挙法等の一部を改正する法律 概要(総務省)

 

被選挙権の年齢を下げるという提案は当然のことながら、
こういった選挙権の年齢引き下げが決まった状況の中で、
出てきたものです。

(もちろん選挙権の年齢同様に、以前から議論はありました)

 

 

 

日本の選挙権の歴史をちょっと見てれば、

最初は、満25歳以上の男性で
一定の納税額を納めている人のみが投票できました。

 

それから年々、納税額の金額が下げられ、
1925年には、納税額に関係なく満25歳以上の男性が選挙権を得ます。

第二次世界大戦の敗戦後は、
現在と同様に、満20歳以上の男女に選挙権が与えられました。

 

参政権女性

女性の選挙への参加については、
戦前から女性参政権運動が行われていて、
当時は、男性からの反発・反対がかなりあったものと思われます。

 

 

今後、国会の場で、
被選挙権に対する議論が活発化していくことでしょう。

改革・改正を行おうとすれば、女性参政権運動時と同様に、
それに対する反発が出てくることは予想できます。

ただ、議論はおおいにすべきです。

 

個人的には、民主党案の『20歳か18歳』に対しては、
現時点ではまだ早いかなと。

当面、『25歳』でいいのではないかと思います。

 

投票2

 

今年の6月以降、
18歳以上20歳未満の投票率がどれくらいになっていくのか、
注目したいですね。

20歳代の投票率の低さを考えると、投票の意義と価値の教育を、
子供達に、もっと強化していく必要もあるでしょう。

更には、参議院の存在意義の議論、
国会議員の定数の問題、選挙区割の見直しなど、

被選挙権の年齢以上に改革が必要な問題が山積みです。

 

 

カフェインの取り過ぎで死亡 どれだけの量を過剰摂取でそういう事になるのか?

 

先日、カフェインの過剰摂取で、
九州の20代の男性が中毒死したニュースは、
かなりインパクトがありました。

 

「一日にどれだけコーヒー飲んでたの?」

「カフェインを、どんな取り方してたんだ?」

「私、けっこうコーヒー飲むんだけど大丈夫?」

 

caffeecup

 

そんな思いを多くの人が持ったと思います。

 

 

福岡大学での解剖の結果、
血中濃度が致死量に達していたことがわかりました。

 

<毎日新聞>

同大によると、男性は20代前半。
ガソリンスタンドで深夜から早朝まで勤務し、
眠気覚ましとして1年以上前からカフェイン150mg程度を含む
エナジードリンクを飲んでいた。
亡くなる約1週間前から家族に体調不良を訴え、吐くこともあった。

解剖で男性の血液1mlから致死濃度(79~567マイクログラム)に当たる
182マイクログラムのカフェインを検出した。
胃からもカフェイン錠剤の粉末が見つかり、中毒死と結論づけた。

 

要するに、深夜勤務の眠気対策として、
エナジードリンクやカフェイン錠を、
長期にわたって過剰に取っていた結果、今回の中毒死に至ったわけです。

 

「このガソリンスタンドは、ブラック企業なの?」

「夜間勤務なら、昼間に寝ていなかったのか?」

 

そんな疑問も出てきますが、それは置いておきます。

 

 

やはり氣になるのは、
どれだけの量のカフェインを取ったら、
身体に影響が出てくるのかという点です。

 

体不調 女性

 

カフェインが含まれる一般的なものといえば、
誰でもまず一番に思い付くのがコーヒーでしょう。

その他の飲み物でも、緑茶や紅茶、ウーロン茶には、
結構カフェインが含まれています。

チョコレートにもカフェインは含まれています。

 

ただこれらの商品は、眠気覚ましのためというのもあるでしょうが、
どちらかといえば、好きだから飲食するというものでしょう。

どうしても睡魔に打ち勝たないといけないという場合は、
エナジードリンクや眠気覚ましドリンクを飲むという
選択肢が増えてきています。

 

カフェイン濃度

 

【農林水産省 カフェイン過剰摂取について】

 

更には、この亡くなった男性のように
カフェイン錠剤を飲むという方法もあります。

 

ちなみに、検索サイトで『カフェイン錠剤』を検索すると、
トップの方に、「エスタロンモカ錠」というのが出てきます。

1回1錠(1日3回まで服用)
4時間以内の連続服用は避ける
1錠中成分:カフェイン100mg
希望小売価格:432円(1箱24錠)

 

こんな手頃な値段で、買えるんですね。

インスタントコーヒー一杯分やエナジードリンクと
あまり変わらないカフェイン量です。

そう考えると、コーヒーを飲むのも錠剤のように、
ある程度の時間をおいて飲む必要があるのでしょう。

 

ここで、
公益財団法人 日本中毒センターの専門家向け中毒情報を見てみます。

<毒性>
[成人]

・1g以上で中毒症状が出現する可能性が考えられる

・2g未満でも頻回嘔吐、
血清カリウム値の低下等が出現する可能性があり、
2g以上では頻脈、心電図の異常、筋症状、
クレアチンキナーゼ上昇が、出現する可能性がある。

 

 

1gというと、先ほどの錠剤でいえば、
一日に10錠のカフェイン錠剤を取るレベルになります。

エナジードリンクでも5~10本前後、コーヒーでは10杯以上ですから、
通常の飲み方からかけ離れています。

 

【公益財団法人 日本中毒センター カフェイン含有飲料】

 

専門家によると、

「カフェインは、耐性ができやすいのですぐ効きが悪くなり、
どんどん多く取るようになる」

とのことです。

 

カフェイン錠剤

 

錠剤の場合、いつでもどこでも手軽に取れるので、
用法・用量を守らなくなってしまう可能性は高いのかもしれません。

 

カフェインは、
中枢神経系を興奮させて眠気を払う効果があるので、

長期に常用的に過剰摂取すれば、
交感神経のバランスを崩すであろうことは、素人でも想像がつきます。

結果、過剰摂取で、
頭痛、心拍数の増加、不安、嘔吐、下痢などを引き起こします。

 

亡くなられた男性は、睡魔との闘いの中で、
カフェイン摂取が徐々に増え、

やがてカフェイン耐性で、身体がカフェインに反応しなくなり、
更に多くのカフェインを摂取するようになっていったのが予想できます。

 

眠い

 

カフェイン中毒の症状が出てきた時に、
本人が自覚し、周囲の人達が氣づいていたなら、
専門家の適切な治療ができたでしょう。

 

 

今回のニュースを反面教師とするなら、
縁を持った人へ関心を持ち、
忠告・進言ができるような人になりたいですね。

 

 

ブレーキとアクセルを踏み間違えることが信じられない。 その考えが危険?

 

車の交通事故ニュースで結構よく取り上げられるのが、
事故の頻度は高くなくても、

高速道路での逆走事故
ブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故ではないでしょうか。

 

事故

 

以前、高速道路での逆走に対して記事にしたので、
今回はブレーキとアクセルの踏み間違え事故について、
見てみます。

 

【高速道路で、逆走車に出くわしたらどうしましょ?】

 

今月(12月)の9日には、

ニュースとなったブレーキとアクセルの踏み間違えによる事故が、
2件おこっています。

 

Nippon News Network (NNN)

長崎市の長崎出島ワーフ付近で普通乗用車が水路に転落した。
車は駐車場のバーを倒し、そのまま直進した後、歩道に乗り上げ、
柵を倒して川に落ちたとみられる。

運転していた女性(75)は「急にスピードが出た」と話していて、
警察はアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性が高いとみて
事故の詳しい原因を調べている。

 

このニュースは、
救助したのが修学旅行中の高校生だったということもあり、
高校生のインタビューも流れていました。

 

産経新聞

安曇野市堀金烏川の道の駅「ほりがねの里」の駐車場で、
同市の無職の女性(91)が運転する乗用車が
店舗の出入り口付近にあった販売コーナーの仕切り壁に衝突した。

近くにいた松本市の無職の女性(78)が巻き込まれ、足に軽傷を負った。
運転手の女性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しており、
運転操作を誤ったとみて、詳しい原因を調べている。

 

91歳で運転、ちょっと考えられません。

 

どちらも、高齢者による事故です。

タイトルにも書いたように、
私の感覚から言うと、
ブレーキとアクセルを踏み間違えるという事が信じられません。

 

アクセル&ブレーキ

 

たぶん多くの人が、

「えっ、何で踏み間違えるの?」
と思っているのではないでしょうか。

 

やはり高齢者であるが故に、起こりうる事故なのでしょうか?

 

交通事故総合分析センターによると、

平成25年(2013年)の踏み間違い事故の件数は、
6,402件でした。

 

操作不敵事故

 

毎年ほぼ横ばい状態で、6千~7千台の件数におさまっています。

 

1日換算で、約20件前後といったところですから、
最初に取り上げたニュースのように、
記事にする氣になれば毎日でも記事にできるわけです。

 

 

では、この踏み間違い事故の大半は、
やはり高齢者が起こしているのでしょうか?

 

操作不敵事故 年齢割合

 

65歳以上を高齢者と考えれば、
たしかに半数近くは高齢者が引き起こしています。

正直、8割近くの事故が高齢者によるものと、
私は思っていました。

 

意外に、24歳以下の若い世代が多く事故を起こしています。

 

とはいっても、一番の原因は、
やはり高齢による能力の低下です。

その他には、乗り慣れない車により、
踏み間違いをおこす場合が結構みられます。

 

頭では、踏み間違えたら、
すぐにブレーキペダルを踏み直したらいいと思ってしまいます。

ただ実際、
ブレーキだと思って強く踏んだアクセルで車が急発進したら、
パニックにおちいることは想像できます。

 

まして高齢者であれば、今何が起こっているのかと、
訳がわからなくなってしまうでしょう。

 

 

年齢に係わらず一番多いのが、発進時の踏み間違い事故です。

 

操作不敵事故割合

 

同乗者と会話をしながらや
携帯電話の操作をしながらの発進はしないようにして、

ペダルの位置やシフトレバーの位置(前進、バック)を確認してから、
動き出すことに注意するだけで、
ずいぶん事故の確率を減らすことができるのではないでしょうか。

 

ちょっとした事でも、人は簡単に注意力を削がれてしまいますので、
「自分は大丈夫」という思いを排除したいですね。

 

何事も、過信は禁物です。

 

公益財団法人 交通事故総合分析センター
【交通事故分析レポート No.107】