社会問題(課題)

Sponsored Link

Sponsored Link

死刑制度について賛成の理由や反対意見を調べてみる 世界の現状も確認

オウム真理教の麻原被告を含む7名の死刑執行がおこなわれました。

1995年の地下鉄サリン事件から23年、麻原被告の死刑確定からおよそ12年での執行でした。

 

来年2019年4月30日には、今上陛下の譲位がなされます。

そのこともあり、このオウム事件を平成のうちに完結させておきたいという、政府の思いがあると主張する人もいます。

たぶん、その通りなのでしょう。

 

この死刑執行に対しては、国内外で様々な意見があります。

死刑制度に対する世界の現状と、国内の賛否両論について確認してみます。

続きを読む

災害の際に悪質商法をおこなう人の心の貧しさ 事例を知ろう

地震や津波、台風や洪水、山崩れ、日本は自然災害の多い国です。

自然災害によって、家族や友人を亡くしたり、住み慣れた家の倒壊など、今まで幸せに暮らしてきた日常が、一変することもあります。

それらは、日本国内に住む私達にとっては、決して他人事ではありません。

そんな悲惨な環境におかれた人に対して、心ない人達が存在します。

【朝日新聞 2018.6.19】

大阪府北部を震源とする地震が発生したことを受け、福井照消費者相は19日の閣議後の記者会見で、災害に便乗した悪質商法に注意するよう呼びかけた。不審な点がある場合、「消費者ホットライン(局番なしの188)に相談してほしい」と話した。

消費者相が『呼びかけた』ということは、過去においても同様のことが、度々おこっているからです。

続きを読む

国立大の『規模縮小』というニュース記事への違和感

少子化に歯止めがかからない日本の現状です。

そんな中、国立大学の規模縮小へ向けて、政治の動きが報道されています。

【時事通信 2018.5.10】

自民党教育再生実行本部の高等教育改革部会(主査・渡海紀三朗元文部科学相)は10日、大学改革の方向性に関する提言案を大筋でまとめた。

今後さらなる少子高齢化や人口減少が見込まれる中、全国に86ある国立大学の規模縮小や学部再編を求めた。 月内に安倍晋三首相に提出する。

今回の報道に対してネット上では、こんな声が上がっています。

続きを読む

夫婦別姓制度について 日本はいつからできるように(可能に)なるのか?

日本では、夫婦が同じ姓を名乗るのは、当たり前という感覚があります。

だからといって、それが良いことなのか、そうでないことなのかは、また別の問題です。

 

「夫婦になったんだから、同じ姓の方がいい」

という考えがある一方、

「何で夫婦が別姓ではダメなのか!」

「結婚で姓を変えることが不便だ」

そういった主張をする人達が出てきても、不思議ではありません。

 

現在日本では夫婦別姓について、法律的にはどのように考えられているのでしょうか。

また、一般的にどんな議論がおこなわれ、今後の日本では、夫婦別姓が可能になるのかなど、調べてみたいと思います。

続きを読む

最低賃金の引き上げ 雇用主が違反した際の罰則や引き上げのデメリットについて

街中を歩くと、コンビニエンスストアや居酒屋などの壁に、アルバイト募集の貼り紙をみることがあります。

850円や975円などの時間給がそこには書いてありますが、この時間給には、最低賃金が定められています。

その最低賃金額の改正が、2017年10月におこなわれました。

 

もし最低賃金を守らず、使用者が労働者を働かせていたら、どのような罰則があるのか等、最低賃金に関することを確認してみます。

続きを読む

ヤジは選挙妨害として罪に問えるのか? 公職選挙法で確認してみた

選挙演説の際、聴衆から突発的なヤジが飛んでくることは、よくあることで、ある面仕方ないことかもしれません。

しかしそのヤジが、継続的だったり、集団でおこなわれて、明らかに他の聴衆が演説を聞きとれない状況になっていたら、それは問題です。

 

2017年7月秋葉原駅前、選挙の応援演説で、安倍首相が街宣車の上に立っていました。

その時まさにヤジが飛び交っていたのですが、そこでは果たして、『選挙妨害』がおこなわれていたのでしょうか?

今回は、公職選挙法を確認して、『選挙妨害』について調べてみたいと思います。

 

  【関連記事】⇒『公職選挙法違反の罰則やルール

続きを読む

日本の外国人労働者数の推移と現状 政府や厚生労働省の今後の考えは?

日本の少子高齢化にともない、今後労働人口が減少していくことは、避けられない現実です。

と同時に、減少していく日本の労働者の穴を埋めるように、年々外国人労働者の数が増え続けています。

日本には現在、外国人労働者がどれくらい入国しているのでしょうか。

その推移を確認しつつ、今後の労働者不足に対して、日本政府がどんな施策を行おうとしているのか、確認してみます。

続きを読む

電波オークション法案反対者が主張する導入のデメリット メリットの方が大きい?

日本には、電波法(1950年)という法律があります。

電波法の第一章第一条には目的として、

「電波の公平且つ能率的な利用を確保することによつて、公共の福祉を増進することを目的とする」

と書かれています。

 

私達の身近なところで使用されている電波としては、テレビやスマホ(携帯電話)がすぐに思いつきます。

特定の企業にしか認められていない電波の利用権を、今後どう広げていこうと、政府は考えているのでしょうか。

その一つとして、電波オークションという方法が注目されています。 メリットやデメリットなどを含めて、電波オークションの内容を調べてみましょう。

続きを読む

生涯未婚率の推移 厚生労働省予測の2030年数値とならないために

生涯未婚率という言葉があります。

大概の人は「一生涯結婚しない人の割合でしょ?」と理解できると思います。

これを正確に表現すると、生涯未婚率というのは、50歳時の未婚率のことであり、45歳~49歳と50歳~54歳の未婚率の単純平均から算出したものとなります。

この生涯未婚率が1990年以降、急上昇しているという結果があります。

5年ごとの生涯未婚率の推移を確認すると共に、今後この生涯未婚率がどう変化していくのか、予測をみていきます。

続きを読む

メタンハイドレート実用化の現状は? 課題と実用化の時期を確認

メタンハイドレートが日本近海(南海トラフ)で発見されたのは、1980年のことです。

日本自前の資源として期待される一方、メタンハイドレートを資源化することは困難という意見もあります。

 

果たしてメタンハイドレートの実用化は可能なのでしょうか?

現在メタンハイドレートの開発が、どの程度進んでいるのか、その現状を調べてみます。

続きを読む