社会問題(課題)

Sponsored Link

メタンハイドレート実用化の現状は? 課題と実用化の時期を確認

メタンハイドレートが日本近海(南海トラフ)で発見されたのは、1980年のことです。

日本自前の資源として期待される一方、メタンハイドレートを資源化することは困難という意見もあります。

 

果たしてメタンハイドレートの実用化は可能なのでしょうか?

現在メタンハイドレートの開発が、どの程度進んでいるのか、その現状を調べてみます。

続きを読む

Sponsored Link

石破茂 韓国への認識は? 過去の発言から確認してみる

石破茂といえば、以前からマスメディアへの出演が多いこともあり、近年は頻繁に“総理大臣候補”にあげられています。

ただ、自民党の議員仲間からの支持がなかなか広がらないという現実もあり、今のところ安倍自民党総裁の対抗馬としては、弱い感じをうけます。

外交や安全保障、農業分野への政策通として知られる石破茂は、お隣の韓国に対して、どのような認識を持っているのでしょうか?

過去の石破発言から、検証してみましょう。

続きを読む

訪日外国人観光客数 2016年までの推移をみてわかること

年々、訪日外国人観光客の数が増加しています。

後で示すグラフで、その推移を見てもらえればわかると思いますが、ここ数年で訪日外国人観光客数は急激な伸びをみせています。

これだけ観光客数が伸びるということは、政府の何らかの対策なくしてはあり得ません。

2020年には東京でオリンピックが開催されますが、それまでに政府はどんな目標と準備をしているのでしょうか。

続きを読む

報道しない自由とは? 具体的な事例を見てみましょう

『報道しない自由』という言葉を聞いたことがありますか?

「これって、『報道の自由』を揶揄した言葉?」

 

そう、その通りです。

 

もちろん正しい意味での『報道の自由』というのは民主主義社会のなかで担保されなければなりません。 国会権力によって、必要以上に報道が制限されることに対しては断固として抵抗すべきことです。

しかし、本来国民に知らせるべきことを、報道する側の都合や思惑で報道しないことも同様に、私達はしっかりと指摘していくべきではないでしょうか。

続きを読む

受動喫煙を対策する法案いつから審議? 施行日の目安はいつ?

受動喫煙とは、今さら説明するまでもないでしょうが、タバコを吸わない人が、喫煙者のタバコの煙を、間接的に吸ってしまうことをいいます。

直接喫煙しているわけではないのに、喫煙したのと同様の健康被害をこうむってしまうのでは、非喫煙者にとって割にあいません。

今回の政治の動きは、この受動喫煙を防ぐために新しい法律をつくろうということではなく、健康増進法の改正を行おうとするものです。

続きを読む

消費税は、いつから10%になるのか? 安倍政権 VS 財務省

消費税が5%から現在の8%に上がったのは、2014年4月の安倍内閣の時でした。 実際は前の民主党の野田内閣の時に消費税の増税が決定し、実行に移されたのが安倍内閣ということになります。

当初、1年半後の2015年10月には消費税を10%に上げる予定でした。 ところが当時の経済状況を考えればとても10%に上げられる状況ではありませんでしたので、安倍内閣では増税時期を延期し、2017年4月1日と決定します。

更に、2017年4月1日の消費税増税も厳しいと判断した安倍首相は、2016年5月に再び先送りすることを決断しました。

では、今度はいつから消費税を10%に上げる予定になっているのでしょうか?

続きを読む

普天間基地問題の経緯と現状

普天間基地といえば、沖縄本島の中南部(宜野湾市)に位置する在日米軍海兵隊の航空基地です。

普天間基地は、日米安全保障条約(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約)の第6条に基づき、日米地位協定によって設置されています。

続きを読む

マタハラは、法律で裁かれる可能性があります

マタハラは法律違反?

2014年の流行語大賞トップ10に入った「マタハラ」= マタニティハラスメントは、社会でもだいぶ浸透してきた言葉です。

マタハラは、妊婦に対するただの嫌がらせではなく、れっきとした法律違反になります。

ダメ!

では、どんな法律の内容を根拠に、法律に違反することになるのでしょうか?

 

男女雇用機会均等法違反

一つは、男女雇用機会均等法です。

正式名称は、『雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律』と長いです。

その法律の第9条第3項には、

「事業主は、その雇用する女性労働者が妊娠したこと、出産したこと、~ 理由として、当該女性労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない」

とあります。

例えば、「妊娠したから、辞めてもらうしかないね」などの発言・実行は、完全な法律違反になってしまいます。

%e3%83%9e%e3%82%bf%e3%83%8f%e3%83%a9%ef%bc%93

 

Sponsored Link

育児・介護休業法違反

もう一つの法律は、育児・介護休業法です。

こちらも正式名称は長いです。

『育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律』

第10条には、

「事業主は、労働者が育児休業申出をし、又は育児休業をしたことを理由として、当該労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない」

と書いてあります。

もし、「育児休業を取るんだったら、降格する覚悟でね」などと言ったら、やはりアウトです。

 

一昔前であれば、弱い立場の従業員側は、泣き寝入りせざるを得ませんでした。

%e6%b3%a3%e3%81%8d%e5%af%9d%e5%85%a5%e3%82%8a

時代の移り変わり、時代の要請を受けて、こういった法律の整備がされてきているわけです。

忘れていけないのは、法律ができる前までは、悔しい思いや、理不尽な対応を甘んじて受けなければならなかった先人達がいたことです。

時代的恩恵に感謝すると共に、前回の記事(「マタハラ」 、「逆マタハラ」とは何のこと?)に書いたように、権利ばかりの主張は、「逆マタハラ」のように必ずどこかに軋れきを生みます。

産み育てやすい環境を与えてくれる会社や上司・同僚に感謝の思いを忘れたくないものです。

 

【関連記事】⇒『マタハラ  職場での現状