社会問題(課題)

Sponsored Link

Sponsored Link

最低賃金の引き上げ 雇用主が違反した際の罰則や引き上げのデメリットについて

街中を歩くと、コンビニエンスストアや居酒屋などの壁に、アルバイト募集の貼り紙をみることがあります。

850円や975円などの時間給がそこには書いてありますが、この時間給には、最低賃金が定められています。

その最低賃金額の改正が、2017年10月におこなわれました。

 

もし最低賃金を守らず、使用者が労働者を働かせていたら、どのような罰則があるのか等、最低賃金に関することを確認してみます。

続きを読む

ヤジは選挙妨害として罪に問えるのか? 公職選挙法で確認してみた

選挙演説の際、聴衆から突発的なヤジが飛んでくることは、よくあることで、ある面仕方ないことかもしれません。

しかしそのヤジが、継続的だったり、集団でおこなわれて、明らかに他の聴衆が演説を聞きとれない状況になっていたら、それは問題です。

 

2017年7月秋葉原駅前、選挙の応援演説で、安倍首相が街宣車の上に立っていました。

その時まさにヤジが飛び交っていたのですが、そこでは果たして、『選挙妨害』がおこなわれていたのでしょうか?

今回は、公職選挙法を確認して、『選挙妨害』について調べてみたいと思います。

 

  【関連記事】⇒『公職選挙法違反の罰則やルール

続きを読む

日本の外国人労働者数の推移と現状 政府や厚生労働省の今後の考えは?

日本の少子高齢化にともない、今後労働人口が減少していくことは、避けられない現実です。

と同時に、減少していく日本の労働者の穴を埋めるように、年々外国人労働者の数が増え続けています。

日本には現在、外国人労働者がどれくらい入国しているのでしょうか。

その推移を確認しつつ、今後の労働者不足に対して、日本政府がどんな施策を行おうとしているのか、確認してみます。

続きを読む

電波オークション法案反対者が主張する導入のデメリット メリットの方が大きい?

日本には、電波法(1950年)という法律があります。

電波法の第一章第一条には目的として、

「電波の公平且つ能率的な利用を確保することによつて、公共の福祉を増進することを目的とする」

と書かれています。

 

私達の身近なところで使用されている電波としては、テレビやスマホ(携帯電話)がすぐに思いつきます。

特定の企業にしか認められていない電波の利用権を、今後どう広げていこうと、政府は考えているのでしょうか。

その一つとして、電波オークションという方法が注目されています。 メリットやデメリットなどを含めて、電波オークションの内容を調べてみましょう。

続きを読む

生涯未婚率の推移 厚生労働省予測の2030年数値とならないために

生涯未婚率という言葉があります。

大概の人は「一生涯結婚しない人の割合でしょ?」と理解できると思います。

これを正確に表現すると、生涯未婚率というのは、50歳時の未婚率のことであり、45歳~49歳と50歳~54歳の未婚率の単純平均から算出したものとなります。

この生涯未婚率が1990年以降、急上昇しているという結果があります。

5年ごとの生涯未婚率の推移を確認すると共に、今後この生涯未婚率がどう変化していくのか、予測をみていきます。

続きを読む

メタンハイドレート実用化の現状は? 課題と実用化の時期を確認

メタンハイドレートが日本近海(南海トラフ)で発見されたのは、1980年のことです。

日本自前の資源として期待される一方、メタンハイドレートを資源化することは困難という意見もあります。

 

果たしてメタンハイドレートの実用化は可能なのでしょうか?

現在メタンハイドレートの開発が、どの程度進んでいるのか、その現状を調べてみます。

続きを読む

石破茂 韓国への認識は? 過去の発言から確認してみる

石破茂といえば、以前からマスメディアへの出演が多いこともあり、近年は頻繁に“総理大臣候補”にあげられています。

ただ、自民党の議員仲間からの支持がなかなか広がらないという現実もあり、今のところ安倍自民党総裁の対抗馬としては、弱い感じをうけます。

外交や安全保障、農業分野への政策通として知られる石破茂は、お隣の韓国に対して、どのような認識を持っているのでしょうか?

過去の石破発言から、検証してみましょう。

続きを読む

訪日外国人観光客数 2016年までの推移をみてわかること

年々、訪日外国人観光客の数が増加しています。

後で示すグラフで、その推移を見てもらえればわかると思いますが、ここ数年で訪日外国人観光客数は急激な伸びをみせています。

これだけ観光客数が伸びるということは、政府の何らかの対策なくしてはあり得ません。

2020年には東京でオリンピックが開催されますが、それまでに政府はどんな目標と準備をしているのでしょうか。

続きを読む

報道しない自由とは? 具体的な事例を見てみましょう

『報道しない自由』という言葉を聞いたことがありますか?

「これって、『報道の自由』を揶揄した言葉?」

 

そう、その通りです。

 

もちろん正しい意味での『報道の自由』というのは民主主義社会のなかで担保されなければなりません。 国会権力によって、必要以上に報道が制限されることに対しては断固として抵抗すべきことです。

しかし、本来国民に知らせるべきことを、報道する側の都合や思惑で報道しないことも同様に、私達はしっかりと指摘していくべきではないでしょうか。

続きを読む

受動喫煙を対策する法案いつから審議? 施行日の目安はいつ?

受動喫煙とは、今さら説明するまでもないでしょうが、タバコを吸わない人が、喫煙者のタバコの煙を、間接的に吸ってしまうことをいいます。

直接喫煙しているわけではないのに、喫煙したのと同様の健康被害をこうむってしまうのでは、非喫煙者にとって割にあいません。

今回の政治の動きは、この受動喫煙を防ぐために新しい法律をつくろうということではなく、健康増進法の改正を行おうとするものです。

続きを読む