社会問題(課題)

Sponsored Link

Sponsored Link

石破茂 韓国への認識は? 過去の発言から確認してみる

石破茂といえば、以前からマスメディアへの出演が多いこともあり、近年は頻繁に“総理大臣候補”にあげられています。

ただ、自民党の議員仲間からの支持がなかなか広がらないという現実もあり、今のところ安倍自民党総裁の対抗馬としては、弱い感じをうけます。

外交や安全保障、農業分野への政策通として知られる石破茂は、お隣の韓国に対して、どのような認識を持っているのでしょうか?

過去の石破発言から、検証してみましょう。

続きを読む

訪日外国人観光客数 2016年までの推移をみてわかること

年々、訪日外国人観光客の数が増加しています。

後で示すグラフで、その推移を見てもらえればわかると思いますが、ここ数年で訪日外国人観光客数は急激な伸びをみせています。

これだけ観光客数が伸びるということは、政府の何らかの対策なくしてはあり得ません。

2020年には東京でオリンピックが開催されますが、それまでに政府はどんな目標と準備をしているのでしょうか。

続きを読む

報道しない自由とは? 具体的な事例を見てみましょう

『報道しない自由』という言葉を聞いたことがありますか?

「これって、『報道の自由』を揶揄した言葉?」

 

そう、その通りです。

 

もちろん正しい意味での『報道の自由』というのは民主主義社会のなかで担保されなければなりません。 国会権力によって、必要以上に報道が制限されることに対しては断固として抵抗すべきことです。

しかし、本来国民に知らせるべきことを、報道する側の都合や思惑で報道しないことも同様に、私達はしっかりと指摘していくべきではないでしょうか。

続きを読む

受動喫煙を対策する法案いつから審議? 施行日の目安はいつ?

受動喫煙とは、今さら説明するまでもないでしょうが、タバコを吸わない人が、喫煙者のタバコの煙を、間接的に吸ってしまうことをいいます。

直接喫煙しているわけではないのに、喫煙したのと同様の健康被害をこうむってしまうのでは、非喫煙者にとって割にあいません。

今回の政治の動きは、この受動喫煙を防ぐために新しい法律をつくろうということではなく、健康増進法の改正を行おうとするものです。

続きを読む

消費税は、いつから10%になるのか? 安倍政権 VS 財務省

消費税が5%から現在の8%に上がったのは、2014年4月の安倍内閣の時でした。 実際は前の民主党の野田内閣の時に消費税の増税が決定し、実行に移されたのが安倍内閣ということになります。

当初、1年半後の2015年10月には消費税を10%に上げる予定でした。 ところが当時の経済状況を考えればとても10%に上げられる状況ではありませんでしたので、安倍内閣では増税時期を延期し、2017年4月1日と決定します。

更に、2017年4月1日の消費税増税も厳しいと判断した安倍首相は、2016年5月に再び先送りすることを決断しました。

では、今度はいつから消費税を10%に上げる予定になっているのでしょうか?

続きを読む

普天間基地問題の経緯と現状

普天間基地といえば、沖縄本島の中南部(宜野湾市)に位置する在日米軍海兵隊の航空基地です。

普天間基地は、日米安全保障条約(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約)の第6条に基づき、日米地位協定によって設置されています。

続きを読む

パワハラへの仕返し(対処)の方法は?

 

パワハラを受けたらどう対処するのがもっとも良い方法でしょうか?

記事のタイトルは、『仕返しの方法は?』としましたが、要するに、いかにパワハラを解消させるかが問題です。 続きを読む

職場のパワハラとは? まずは毅然とした態度で。

パワハラとは?

職場でのパワハラを受けた経験はありますか?

そもそもパワハラとは、パワーハラスメントの略で、職務上の地位や優位性を利用した嫌がらせ行為のことです。

ちょっと回りくどい表現かもしれませんが、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」では、パワハラを、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう」

と定義しています。

パワーハラスメントは、いわゆる和製英語で、学校でのいじめのようなものともいえます。

パワハラ

パワハラの種類

ただ、自分の優位性を知っていて、相手が反抗しずらいことを見越した上での行為ですので、子供のいじめより、もっと悪質で卑怯な行為です。

厚生労働省では、「パワハラは6つの種類がある」としています。

1.暴行・傷害

2.脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言

3.隔離・仲間外し・無視

4.過大な要求(遂行不可能なことの強制など)

5.過小な要求(程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない)

6.私的なことに過度に立ち入る

暴力や脅迫などは論外ですが、「業務上の適正な範囲」との線引きが難しいケースもあります。どういった状況で行われたのか、またはそれが継続して行われたのかなども考慮する必要があります。

人によって、感じ方の違いもあるでしょう。

パワハラ4

Sponsored Link

パワハラへの問題意識

企業としてもパワハラは、「経営上の重要な課題」としてとらえるところが多いようですが、実際に具体的な予防や、解決するための取組みを行っているかというと、そうでもないようです。特に従業員数が少ない企業の職場では、それが顕著です。

経営者の認識では、

・職場の雰囲気が悪くなる

・社員の心の健康を害する

・十分な能力を発揮できなくなる

など、パワハラの悪影響を理解しているので、職場からパワハラの一掃をしたいところでしょう。

問題は「業務上の適正な範囲」が何かという事になります。 トップの経営者がパワハラ撲滅の強いメッセージを発し、ガイドラインなどを作成して、ルールを決めることで、社員の意識や態度も変わってきます。

過去には裁判になった事例もたくさんあるので、そういったことの周知も、職場からのパワハラをなくす方法です。

 

自分自身がもし、パワハラを受ける対象になってしまった場合は、上司に対して毅然とした態度で接し、それでもやめない場合は、そのパワハラの証拠(会話の録音など)をのこして、会社やさらに上の役職の上司に、報告・相談するしかないですね。

 

【関連記事】⇒『パワハラへの仕返し(対処)方法は?

 

受動喫煙防止法の罰則は? マンションでのタバコ被害は防げるのか

現在、『受動喫煙防止法』という法律はまだありません。 

法律自体がないので、当たり前のことですが、罰則もありません。

2002年に健康増進法が制定され、その第25条に、

「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店、その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない」

と記されています。

この文言を受けて地方公共団体で初めて、受動喫煙に関する条例を作ったのが、神奈川県でした。 

それが「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」です。

続きを読む