社会問題(課題)

Sponsored Link

「マタハラ」 、「逆マタハラ」とは何のこと?

マタハラとは?

『マタハラ』という言葉がだいぶ浸透してきた感じはありますが、『逆マタハラ』という言葉もあることを知っていますか?

マタハラは、『マタニティ ハラスメント』の略になります。

主に、職場において妊娠や出産した際に、その女性対して行われる嫌がらせを指す言葉です。

%e5%a6%8a%e5%a8%a0

マタハラは2014年、毎年行われているユーキャン企画の新語・流行語大賞で、大賞は逃しましたが、トップ10入りを果たしました。 受賞した年数を考えると、マタハラという言葉が注目されるようになってから、まだ数年しかたっていないことになります。

流行語大賞トップ10で表彰されたのは、立教大学社会福祉研究所の杉浦浩美研究員です。 2000年以降、マタニティハラスメントに関する研究を開始し、2009年には、「働く女性とマタニティハラスメント」という書籍をだしています。

2013年5月に日本労働組合総連合会が実施した「マタニティ・ハラスメントに関する意識調査」で、にわかにマタハラという言葉が、社会的に知られるようになりました。

 

Sponsored Link

逆マタハラとは?

マタハラについてはわかりました。

では、『逆マタハラ』とは、どういうことなのでしょうか?

逆マタハラとは、妊婦となった人が、そのことを権限として当然のことと利用し、周りの人への気遣いをせず、精神的にも仕事量的にも負担をかける行為のことです。

権利ばかり主張するわがまま妊婦に対して、同僚達が、「逆マタハラだ」と感じるわけです。

 

会社の大小を問わず、一人の欠員がでれば、誰かがそれを補わなくてはなりません。 その負担は会社なり、上司や同僚がうめてくれます。

その際に、もし当事者が「妊婦の権利」だけをふりかざしたら、どうなるでしょうか?

そこに生まれるのは、新しい生命の誕生に対する祝福の思いよりも、怒りや不満、敵がい心といったものになってしまいます。

%e7%94%a3%e3%81%bf%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%82%8b

権利の主張 < 感謝の思い

国の大きな課題として、少子化問題があります。

会社でも産休・育休などの子育て支援制度が充実してきているので、それを利用する社員も益々増加しています。

これは、妊娠・出産という事に限ったことではありません。 結局、「権利!」「権利!」とばかりに、「私がその制度を利用して何が悪いの」という態度では、和を尊ぶ日本社会の中で、嫌われる対象になってしまいます。

権利を行使する上での感謝の思いや、負担をかける相手への思いやりの心を忘れなければ、自然と日頃の言動にあらわれます。

 

「子供を安心して産み育てられる社会」の実現と、「そういう社会(国)で生きられる私」という立場に感謝できる個人が増えていけば、マタハラや逆マタハラという言葉もやがて消えていくかもしれません。

 

【関連記事】⇒『マタハラは法律で裁かれる?

 

Sponsored Link

パワハラへの仕返し(対処)の方法は?

 

パワハラを受けたらどう対処するのがもっとも良い方法でしょうか?

記事のタイトルは、『仕返しの方法は?』としましたが、要するに、いかにパワハラを解消させるかが問題です。 続きを読む

職場のパワハラとは? まずは毅然とした態度で。

パワハラとは?

職場でのパワハラを受けた経験はありますか?

そもそもパワハラとは、パワーハラスメントの略で、職務上の地位や優位性を利用した嫌がらせ行為のことです。

ちょっと回りくどい表現かもしれませんが、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告」では、パワハラを、

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう」

と定義しています。

パワーハラスメントは、いわゆる和製英語で、学校でのいじめのようなものともいえます。

パワハラ

パワハラの種類

ただ、自分の優位性を知っていて、相手が反抗しずらいことを見越した上での行為ですので、子供のいじめより、もっと悪質で卑怯な行為です。

厚生労働省では、「パワハラは6つの種類がある」としています。

1.暴行・傷害

2.脅迫・名誉棄損・侮辱・ひどい暴言

3.隔離・仲間外し・無視

4.過大な要求(遂行不可能なことの強制など)

5.過小な要求(程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない)

6.私的なことに過度に立ち入る

暴力や脅迫などは論外ですが、「業務上の適正な範囲」との線引きが難しいケースもあります。どういった状況で行われたのか、またはそれが継続して行われたのかなども考慮する必要があります。

人によって、感じ方の違いもあるでしょう。

パワハラ4

Sponsored Link

パワハラへの問題意識

企業としてもパワハラは、「経営上の重要な課題」としてとらえるところが多いようですが、実際に具体的な予防や、解決するための取組みを行っているかというと、そうでもないようです。特に従業員数が少ない企業の職場では、それが顕著です。

経営者の認識では、

・職場の雰囲気が悪くなる

・社員の心の健康を害する

・十分な能力を発揮できなくなる

など、パワハラの悪影響を理解しているので、職場からパワハラの一掃をしたいところでしょう。

問題は「業務上の適正な範囲」が何かという事になります。 トップの経営者がパワハラ撲滅の強いメッセージを発し、ガイドラインなどを作成して、ルールを決めることで、社員の意識や態度も変わってきます。

過去には裁判になった事例もたくさんあるので、そういったことの周知も、職場からのパワハラをなくす方法です。

 

自分自身がもし、パワハラを受ける対象になってしまった場合は、上司に対して毅然とした態度で接し、それでもやめない場合は、そのパワハラの証拠(会話の録音など)をのこして、会社やさらに上の役職の上司に、報告・相談するしかないですね。

 

【関連記事】⇒『パワハラへの仕返し(対処)方法は?

 

受動喫煙防止法でマンションでのタバコ被害は防げるか

マンションでの受動喫煙

前の記事で書いたように、受動喫煙防止法という法律はまだできていません。

  ⇒『受動喫煙防止法の罰則は? 神奈川県が迅速に条例制定

マンションでのタバコ被害というのは、ベランダやバルコニーで喫煙している階下や近隣の住人の煙が、室内に入ってきたり、洗濯物に匂いが付着してしまい、迷惑を被ることです。

続きを読む

喫煙率、日本の推移を見てみて考えたこと

喫煙率推移

年々、下がっているといわれる日本の喫煙率ですが、その推移を見てみると、どんな感じなのでしょうか。

性別年代別喫煙率の推移

このグラフを見れば誰でも、「どの年代でも年々、喫煙者が減っているなぁ」と当たり前の感想を持つでしょう。

続きを読む

喫煙のメリットはあるのか?

私は、タバコを吸いません。

プロレス少年から、格闘技に関心が移行した私は、喫煙などもってのほかと考えていました。

「(身体が)弱くなることはしない」 「(喫煙は)デメリット以外の何ものでもない」といった感じに。

プロのスポーツ選手や歌手が喫煙者だと聞くと、「何てプロ意識の低い人なんだ」と軽蔑したりもしました。 もちろん科学的知識があっていたった考えではなく、一般的に見聞きするテレビなどの情報からの結論でした。

続きを読む

訪日外国人観光客数の目標を政府はどう達成するのか?

訪日外国人観光客数の目標達成

2015年の訪日外国人旅行者数は、1974万人でした。 観光立国を目指す政府は、当初の目標を2020年までに2000万人としていました。

それを5年前倒しで、2015年にほぼ達成したわけですから、うれしい誤算といったところです。

喜ぶバンザイ 男性

当然、目標数は見直され、2020年までに達成する数字は、4000万人と修正されました。 更に、2030年には6000万人の訪日外国人旅行者数を達成すると、鼻息も荒いです。

2020年目標 旅行者数

観光先進国の4条件

目標数が修正されたわけですから、やはりその取組みにも一段と工夫、改善が必要です。

政府は、2000万人の目標達成が視野に入ってきた2015年の11月に、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」を立ち上げ、第一回の会合を持ちました。

日本は「気候」「自然」「文化」「食」という観光先進国の4条件がそろっている世界でも数少ない国です。

この認識のもと、日本全国の豊富な観光資源を開花させられれば、もっともっと、外国人観光客数を伸ばせるはずです。 そしてそれは、地方創生にもつながります。

地域活性

Sponsored Link

観光立国になるための視点と改革

安倍首相は、名目国内総生産(GDP)600兆円の達成には、この観光施策が大きな意味を持っていると考えています。

大きな観点から『3つの視点』を上げ、具体的に『10の改革』かかげています。

<3つの視点>

1.「観光資源の魅力を極め、地方創生の礎に」

2.「観光産業を革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業に」

3.「すべての旅行者が、ストレスなく快適に観光を満喫できる環境に」

 

<10の改革>

1.「魅力ある公的施設」を、ひろく国民、そして世界に開放

[例]赤坂迎賓館や京都迎賓館など

2.「文化財」を、「保存優先」から観光客目線での「理解促進」、そして「活用」へ

[例]文化財へのわかりやすい多言語解説

3.「国立公園」を、世界水準の「ナショナルパーク」へ

4.おもな観光地で「景観計画」をつくり、美しい街並みへ

5.古い規制を見直し、生産性を大切にする観光産業へ

[例]民泊ルールの整備

6.あたらしい市場を開拓し、長期滞在と消費拡大を同時に実現

[例]ビザの緩和

7.疲弊した温泉街や地方都市を、未来発想の経営で再生・活性化

8.ソフトインフラを飛躍的に改善し、世界一快適な滞在を実現

[例]キャッシュレス観光、無料Wi-Fiの整備

9.「地方創生回廊」を完備し、全国どこへでも快適な旅行を実現

10.「働きかた」と「休みかた」を改革し、躍動感あふれる社会を実現

 

一つ一つ細かく見ていったらきりがありませんが、改革改善すべき点は多々あるという事かと思います。合言葉は、「世界が訪れたくなる日本」

まだまだ伸び代がある観光産業を充分に発展させることが、日本の元気につながるのではないでしょうか。

 

【関連記事】⇒『訪日外国人観光客数が増加している理由は?

 

少子高齢化対策 外国人労働者の受入れで大丈夫?

少子高齢化と外国人労働者

少子高齢化は、労働者人口の減少をともないます。 その対策の一つとして、外国人労働者の受け入れ案がでてきています。 少子化で労働人口が足りない分は、外国から補えばいいという考えです。

これは、企業がどう対応するかというよりも、日本政府がどういった政策をとるかという問題が先になります。

  『少子高齢化対策で企業にできること

外国人労働者

外国人労働者受入れの留意点

この外国人労働者受け入れには、注意点があります。

一昔前から日本人は、『3K』の仕事を特に嫌うようになってきました。 いわゆる、『汚い』『きつい』『危険』な仕事です。

日本人がその3K嫌いの傾向を更に強め、もしほぼ無条件で外国人労働者を受け入れていった場合、3Kの仕事はあっという間に外国人労働者でいっぱいになるでしょう。 日本には仕事が豊富にあり、賃金は自国の数倍もらえる好条件なのですから。

%ef%bc%93%ef%bd%8b

日本人であれば、日当1万円支払わなくては人が集まらないところ、外国人は7千・8千円でも喜んで仕事をしてくれるということであれば、雇う側にとってこれほど有難いことはありません。

 

やがて日本人の仕事、外国人の仕事と、はっきり色分けがされるようになっていくでしょう。 実際ヨーロッパの国々では、上記のような状態になっています。

「それでうまくいけばいいんじゃない?」

確かにうまくまわっていけば、それでいいかもしれません。 これが仕事だけの区別だけで済めば問題ありません。

 

区別が差別へ

ところがこれはやがて、居住区の問題へと進んでいきます。 外国人労働者が、国ごとに集まり、コミュニティーを形成していくのは必然です。

そして言葉、文化の違いから更なる区別が始まり、区別は少しずつ差別へと形を変えていく可能性があります。

Diverse group of men

経済が好調な時はいいでしょう。 「金持ち争わず」ということわざがあるように。

ところが一転、経済が不調となり、給料が下がり仕事がなくなってきたらどうなるでしょうか。 その不満の矛先は、政府に向かい、その政府がとっている政策に向かいます。

更には、日頃から不満を持っていた外国人労働者への恨みと化し、排他的な言動が生み出されていきます。 正にその状態が、EUです。

  『少子高齢化の対策に、政府は何をしているか?

 

外国人労働者受入れ前にすべきこと

いずれにしても、少子高齢化と外国人労働者受け入れ問題は、同じ土俵の上で語れるような問題ではありません。 労働者不足を補うのは、外国人労働者の前に、女性であり、高齢者であってほしいものです。

女性や高齢者がいかに、やりがいを持って活躍してもらう社会環境を作るか、それを考える方が日本の未来にとっては良い結果を生み出すのではないでしょうか。

 

【関連記事】⇒『少子高齢化問題の現状・原因は?