社会問題(課題)

Sponsored Link

Sponsored Link

川内原発(原子力発電所)の場所はどこ? 唯一稼働中の原発はどうなる?

川内原発の住所と地図

今回、熊本・大分の地震の影響で、「今後の稼働は大丈夫か?」と心配されている原子力発電所があります。

鹿児島県にある川内原子力発電所です。

川内原発2

『川内』と書いて、『 せんだい 』と読みます。鹿児島県のどの位置にあって、川内原発の現在はどのような状況なのでしょうか?

川内原発の住所は、鹿児島県薩摩川内市久見崎町字片平山1765-3です。地図で見るとこういった位置になります。

川内原発地図2

川内原発地図3

鹿児島市から北西、およそ45㎞の(直線)距離にあり、熊本市からは、南南西およそ120㎞に位置しています。今回の地震の震源地から、とても近い印象です。

 

再稼働された川内原発

2011年の東日本大震災の後、福島第一原発の事故を受け、全国の原子力発電所が運転停止されました。

川内原発は、1号機と2号機を所有し、その震災後、2015年8月・9月に、国内で始めて再稼働された原子力発電所です。原子力規制委員会が、原子炉等の設計審査の新規制基準に基づいて、再稼働を決定しました。

【新規制基準(概要)】

原子力規制委員会は、環境省の外局として設置されたものです。

【原子力規制委員会HP】

 

なぜ、川内原発が最初に再稼働されたのでしょうか?

一つの大きな理由は、川内原発を所有している九州電力の業績悪化です。福島第一原発の事故前の2010年度、九州電力における原発による発電電力量の割合は、39%でした。およそ4割を、原発に頼っていたわけです。

それが2012年度以降、原発停止により、原発発電量を0%にせざるをえず、その代わりが、主にLNG(液化天然ガス)と石油により発電する火力発電所でした。

【九州電力 燃料別発電電力構成比】

LNG

ゆくゆくは廃炉になるような、40年も50年も前に造られた古い停止状態だった火力発電所を、電力安定供給のため、各電力会社がメンテナンスを行い、何とか復活させたわけです。

火力発電所を稼働させるには当然、石油や天然ガスが必要になります。中東の諸国を中心に、先方の言い値に近い金額で輸入された石油や天然ガスの支払いは、各電力会社が負担せざるをえません。燃料費という膨大なコストが、電力会社の経営を圧迫しました。

【九州電力 収支比較表】

収支比較表を見ると、原発停止後は燃料費が約2倍から2.5倍になっています。

 

およそ4年間、そのような厳しい経営のやり繰りをしてきた九州電力にとって、原発再稼働は念願だったのではないでしょうか。もちろん『経営悪化したから再稼働決定』ではなく、新規制基準に対して、九州電力が真摯に対応した結果でもあります。

 

Sponsored Link

style="display: inline-block; width: 300px; height: 250px;"
data-ad-client="ca-pub-9896290012621242"
data-ad-slot="1934237019">


熊本地震による川内原発への影響

今回の地震をうけて、川内原発への影響はあるのでしょうか?

【毎日新聞 2016.4.18】

原子力規制委員会は18日、熊本地震を受けた臨時会合を開き、国内で唯一稼働中の九州電力川内原発(鹿児島県)を現状では停止させない方針を決めた。審査方法も「既に今回より大きい地震を想定している」として見直さない方針だ。田中俊一委員長は記者会見で「科学的根拠がなければ、国民や政治家が止めてほしいと言ってもそうするつもりはない」と述べた。

再稼働の要件である新規制基準からの判断でしょう。

丸川珠代原子力防災相は、非常災害対策本部会議で、「原子力規制委員会は運転を停止させる必要はないと判断しており、現在も運転を継続している」と述べ、専門的見地から判断したことと尊重しています。

現時点では、川内原発の現状に変わりはないようです。

 

地震大国日本で今後、原発とどうかかわっていくのか。

原発再稼働に反対する人達は、「『安全』と『金(経済)』とどっちが大事なんだ」と、原発の廃炉を主張します。その反面、『国土強靭化』(安全)の為の政策に対しては、『公共事業=悪』の論理で反対する人が多いようです。

どんな主張でも、ダブルスタンダードでは説得力がありません。

安全を優先すれば、お金や時間がかかります。お金は有限です。原発を止めた場合、代替エネルギーを何にするのか、真剣に考えなければならない問題です。

 

いずれにしても、4つのプレートが重なり合う日本列島ですので、熊本の地震も決して他人事ではないです。

メタンハイドレート

原発の代替エネルギーの可能性を知りたい方は

メタンハイドレートを2020年東京オリンピックの聖火に!

メタンハイドレートと日本海連合の今後に期待

 

文部科学省が進める道徳の教科化で何が変わる? いつから始まる?

道徳の教科化開始

以前から議論されていた道徳の(特別の)教科化が始まります。開始時期は、小学校が2018年度から、中学校が2019年度からです。

「なぜ今、道徳の教科化?」という意見もありますが、一つの大きな理由は、“ いじめ問題 ” です。

友達の心の痛みを感じとれる人間になれること、人への差別や見下しをしない人に成長することなど、道徳をもっと学ぶことで、身につけてほしい内容があるのでしょう。

続きを読む

保育所(保育園)と待機児童 規制緩和すれば問題は解決するか?

保育所落ちた

「保育園落ちた日本死ね」ブログの反響が大きいようです。

この匿名ブログの内容を論じる際に、保育所の待機児童問題と品性の問題で分けて考えないと、話がごちゃごちゃになってしまいます。

保育所2

保育所に入れなかったこのブログ主の母親が、仮に、本当に存在したとします。

その場合、匿名記事とはいえ、『日本死ね』とか『何が少子化だよクソ』などと表現してしまうメンタリティの女性が、子育てすることがちょっと怖いです。もちろん、あえてこういう表現を使って問題提起をしたと考えることもできますが。

 

待機児童問題は都市の課題

次に、やはり話の中心は、待機児童問題です。

保育所と待機児童の問題は、全国一律の問題ではなく、主に首都圏や大都市圏が中心の問題です。

更に言えば首都圏においても世田谷区や渋谷区では、待機児童比率が2.5%以上と多いのに対して、千代田区や港区などでは、その比率も0.5%以下と低い地区もあります。

それを考えると、この問題は国全体よりも、各地方自治体に任せた方が良い問題ではありますが、ただし法律面での整備や規制緩和は、国が行わないことには話が進みません。

   『少子高齢化の対策に、政府は何をしているか?

 

Sponsored Link

保育所の種類

保育所は、大きく分けると二つにわけられます。

一つは、国が定めた設置基準をみたし、都道府県知事に認可された『認可保育所』です。

保育所3

もう一つは、認可保育所の設置基準をみたせない『認可外保育施設』(いわゆる無認可保育所)になります。認可外とはいっても、都道府県への届け出は必要ですし、立入り検査も実施されます。

【児童福祉法 第45条】

都道府県は、児童福祉施設の設備及び運営について、条例で基準を定めなければならない。

児童福祉施設の設備及び運営に関する基準

第五章 保育所  第32条~第36条

東京都の場合は、認証保育所という独自基準の保育所を設けています。0歳児保育の充実や13時間以上の開設など、大都市圏に住む人のニーズに応える東京都独自のものです。

料金の上限は決まっていますが、認可保育所に比べれば料金も高く、ちなみに三歳未満児の上限は80,000円です。安い給料だと半分以上を保育料に当てないといけなくなるので、何のために働いているのかわからなくなりますね。

 

保育所増設で問題解決?

『待機児童』=『保育所に入所出来ない児童』ですので、単純に考えれば保育所を増やせばいいと思いますが、そう簡単ではないようです。

認可保育所の場合、設置基準がありますので、それなりの土地のスペースがいります。しかも近頃は、保育所ができると騒音(児童の声)がするといって、地域住民の反対運動が起こるケースもあります。

デモ反対

もっと規制を緩和して、民間の保育所経営の参入を促したらいいのではと、単純に思ってしまいますが、経営者に言わせると、利益を生み出すのが厳しいようです。

結局収益を上げるためには、人件費を削ることになるので、保育士が安月給で雇われることになってしまいます。これは介護職と共通の問題です。

ある東京都内の団体が、厚生労働大臣に宛てた意見書には、規制緩和に対して、

『面積基準の緩和はしないで下さい』

『保育士の人数の緩和はしないで下さい』

『保育士の労働環境の改善を』

という要望が続きます。

 

社会主義の国家運営を望み、税金をもっと上げていけば、それも可能かもしれません。

ただ、限られた財源の中で、地方自治体がどこまで対応可能でしょうか。当たり前の話ですが、利益が出なければ民間は参入してきません。

 

規制緩和か? 安心安全か?

もちろん二者択一ではなく、どちらに比重をおくかでしょうが。

 

Sponsored Link

待機児童全国最多の世田谷区

全国で一番待機児童の人数が多い世田谷区の状況を確認してみました。

平成27年度の待機児童数は、1,182名です。以下の表を見てみると、年々待機児童数は増えています。

世田谷待機児童推移

では何も対策をしていないのかといえば、そうではなくて、『保育サービス施設の定員数の推移』(P9)を見ると、私立の認可保育園を中心に、定員数では年々増員しています。

 

世田谷保育サービス定員推移

 

世田谷区は住みたい町として人気も高く、子育て環境も良いと聞きます。そのため、世田谷区へ住む人達の数も増え続け、現在人口は約88万5千人になっています。(2016年3月1日現在)

行政サービスが、それに追いついていけない状態ともいえます。これはサービスを受ける側にも問題があります。

子供を産み育てることを前提で、最初の居住地を選んでいるかが問われます。もちろん保育所の状況だけを中心に居住地を選択できないでしょうが、待機児童の状況をしっかり把握したうえで、その自治体を選択してもらいたいものです。

 

『要求』に際限はありません。

「ああしてほしい、こうしてほしい」 「そっちよりこっちに」 「あれは無駄だけど、これは有意義だ」

 

財源には限りがあるとわかっていながら、自分中心にその財源を使ってほしいと考えてしまうことは、ある程度理解できます。

声を上げることで何かが変わることもあるでしょうし、変わらない現実もあることを認識したいものです。

 

【関連記事】⇒『日本の少子高齢化問題の現状・原因

      『医学的な女性の妊娠・出産適齢期とは?

 

保釈金とは? 保釈金は戻ってくる(返還)のか?

元プロ野球選手の清原和博氏が保釈されました。

保釈金の額は、500万円です。

【毎日新聞 2016年3月17日】

覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)が17日、保釈された。 2月2日の逮捕以来、44日ぶり。

東京地裁がこの日、保釈を認め、清原被告は保釈保証金500万円を即日納付した。

続きを読む

完結出生児数とは? 人口減少の対策に力を入れるべきポイントは?

人口減少の始まり

日本の人口が、国勢調査開始以来はじめて減少したというニュースです。

【読売新聞 2016年2月26日】

総務省は26日午前、2015年国勢調査の速報値を発表した。

昨年10月1日現在の日本の総人口は1億2,711万47人(男性6,182万9,237人、女性6,528万810人)で、10年の前回調査より94万7,305人(0.7%)減った。

国勢調査では、1920年の調査開始以来初めて人口減が記録された。

続きを読む

政府がマタハラ防止措置 職場でのマタハラに法律はどう対応しているのか?

政府は2016年の通常国会(第190回)で、マタハラ防止のために、現行法の改正をおこなっていくようです。

【東京新聞 2016年1月14日】

政府は13日、来年1月1日から企業にマタニティーハラスメント(マタハラ)の防止措置を義務付ける方針を決めた。通常国会に改正案を提出し、早期成立を目指す。

現行法は妊娠や出産、育児休業の取得を理由とした退職の強要、降格などのマタハラを事業主に禁じているが、上司や同僚による嫌がらせは対象外だ。

改正案は事業主に相談窓口の設置や上司らの研修などの防止策を求める。具体策や防止措置の対象となるマタハラ行為は省令や指針で定める。

続きを読む

受動喫煙の影響は? 子供や妊婦への影響には氣をつけたいですね

受動喫煙とは?

受動喫煙とは、喫煙している人のタバコの煙を同じ空間で吸って、間接的に喫煙させられていることをいいます。 喫煙している本人は、フィルターを通してタバコを吸っていますが、タバコの先からでる副流煙に対しては、喫煙していない人も吸わされてしまっています。

問題なのは、この副流煙に、有害物質が多く含まれていることです。

 

受動喫煙 歩きタバコ

通勤で駅までの道のり約15分。 さわやかな朝の出発を時たま邪魔する存在が、歩きタバコです。 しかも相手が、自分と同じペースで前を歩いていたりすると、もう最悪。

そういった時は、少し小走りで相手を抜き去り、再び同じペースで歩き始めます。

歩きタバコ

以前から比べたら格段に減ったとはいえ、たまに遭遇すると、その日がスタートでつまずいたような気分になります。 もちろん、歩きタバコの受動喫煙などその量は、たかが知れていることはわかっています。

 

肺がんと喫煙

タバコの害といって、まず思い浮かぶのは肺がんのリスクです。2014年の肺がんでの死亡者数は、73,396人でした。そのうち男性は52,505人で、がんの部位別死亡者数(男性)では、肺がんがトップとなっています。

【死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率(厚生労働省)】

 

肺がんと喫煙の因果関係を否定する人もいます。 理屈は、年々喫煙者の人数は減っているのに、肺がんでの死者数が増えているのは、そこに因果関係がないからというものです。

喫煙率&肺がん死亡表

解剖学者の養老孟司も週刊朝日の記事では、こんなことを言っています。

「ここ10年間、喫煙率はきれいに下がってるのに、肺がんの患者数はきれいに上がってる。そのグラフを二つ並べて、『肺がんの原因は喫煙だ』と言ってるんです(笑)。」

では、別の原因は何だと思っているのでしょうか?

この意見に対しての反論を簡単にまとめると、

1.肺がん死亡者数は増えているが、肺がん年齢調整死亡率は、1996年をピークに減少している

肺がん死亡率

人口が増え、高齢化が進む状況で、単純に死亡者の数だけで比較しては正確なことはわかりません。 より正確な年次比較や地域比較をするために算出されたものが、年齢調整死亡率です。

 

2.時間差(30年前後)がある

タバコを吸って、すぐ癌になるわけではありません。 長期の喫煙によって徐々に肺が侵され、癌になります。

喫煙率の推移

この表の喫煙率は、1965年以降からのものですが、男性の喫煙率のピークは1966年の83.7%です。 肺がん年齢調整死亡率のピークが1996年だったことを考えると、喫煙率ピークの1966年から30年という年数の意味するところは大きいですね。

詳細を知りたい方は、以下をどうぞ。

【禁煙センセイ.com】『喫煙率が下がっているのに肺がんが増えているのは、なぜ?』

 

副流煙の脅威

冒頭で述べたように、タバコの煙には喫煙者がタバコを吸う際に吸い込む主流煙と、タバコの先端の点火部分からでる副流煙があります。

受動喫煙で問題になるのは、この副流煙です。

喫煙によりタバコの有害な成分を吸い込むことになりますが、その成分は、ニコチン、カドミウム、一酸化炭素、アンモニアなどの有害物質と、ホルムアルデヒド、カドミウム、ヒ素などの発がん物質です。

非喫煙者の私からすると、何でこんな悪い成分を含んだタバコを好きこのんで吸っているんだろうと思ってしまいます。 ただ、非喫煙者だからといって安心はできません。 タバコには副流煙の問題があるからです。

 

一例です。

宮城県喫煙表1

宮城県喫煙表2

宮城県のHPからの参考資料です。『たばこ対策/受動喫煙』

 

厚生労働省の資料も貼り付けておきます。

%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%93%e6%9c%89%e5%ae%b3%e7%89%a9%e8%b3%aa

見てわかるように、タバコの有害物質の種類よっては、主流煙よりも副流煙の方が、何倍も何十倍も多いことがわかります。フィルターを通して吸うか吸わないかで、これだけ数値に違いがあるわけです。 こんな煙を無理に吸いたくはありません。

 

脅威をあおりすぎる問題

ここで気をつけたいことは、主流煙は、フィルターを通しているとはいえ、その煙をすべて身体の中に入れています。 でも副流煙の場合は、数値は高くてもそのすべてを吸い込んでいるわけではありません。

タバコから立ち上った副流煙は当然、空気中で拡散されてしまいますので、吸い込む数値もやはり低くなっていることでしょう。(密閉空間では、どのくらい吸う事になるのかはわかりません)

また、有害物質や発がん物質名の羅列を見ると、それだけで悪印象を持ってしまいますが、その含有量は微量であることも多々あります。わずかな期間や量の受動喫煙をしたからといって、あまり神経質になるのも考えものかと思います。

 

妊婦(胎児)や子供への影響

ただし、生活空間を共にする家族においては、話が違ってきます。

1980年代の末頃、『ホタル族』という言葉が流行ったことがあります。 現在は死語に近いですが。

この『ホタル族』というのは、マンションのべランダでタバコを吸う人のことで、夜間ベランダで吸うタバコの火種が外から見るとホタルのようだということで、この名称がつけられました。 禁煙・嫌煙ということが言われるようになってきた時代で、部屋の中での喫煙が敬遠されていきました。

%e3%83%9b%e3%82%bf%e3%83%ab%e6%97%8f

奥さんから「部屋が(タバコの煙で)臭くなるから外で吸って!」「赤ちゃんに良くないから、ベランダでして(怒)」と言われ、しぶしぶベランダへと出ていくパパ。 いつの時代も家庭での主導権は、女性が握っているようです。

 

そうやって時代がすすむ中で、喫煙の身体への影響や、副流煙に対する認識が高まっていき、日本での喫煙率も年を追うごとに減少してはいます。⇒『喫煙率、日本の推移を見てみて考えたこと

 

ただ、こういった家庭ばかりではありません。 妊婦や子供のことをまったく気にせず、同じ部屋で喫煙をする人も実際に存在します。 もし副流煙のことを知りながら、受動喫煙させることは、犯罪行為といっても言い過ぎではない気がします。

妊婦の喫煙や受動喫煙は、胎児への拷問です。 流産、死産、先天異常、新生児死亡のリスクが高まることが、明らかになっています。 出生後の影響としても、肺炎、喘息様気管支炎などの呼吸器症状などが増加します。

%e5%89%af%e6%b5%81%e7%85%99%ef%bc%93

更には、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など子どもの発達と受動喫煙の関連性を指摘する研究報告もでています。 まだ確定されていない内容もあるでしょうが、これだけの有害物質を長期に吸わされて、身体に悪い影響が出ないはずがありません。

 

これから益々問われてくるのは、喫煙者のマナーではないでしょうか。 微量かどうかはさておき、子供や妊婦(胎児)には、極力受動喫煙をさせないのが優しさですね。

喫煙、副流煙の研究が益々盛んになるなかで、「喫煙は個人の趣味嗜好」という考え方はだんだん通用しなくなっていくでしょう。