社会問題(課題)

Sponsored Link

Sponsored Link

TBSの報道が偏向的? 悪質だといわれる具体的内容は?

マスメディアへの批判は、いつの時代も、またどんな立場の人(例えば右翼、左翼)からもあるようです。 特にこの頃は、テレビ局に対して、『 偏向報道だ!』 という声をよく聞きます。

検索サイトで、『 偏向報道 』と入力すると、「虫眼鏡キーワード」に、“ TBS ”と出てきますが、それだけTBSに偏向報道が多いということなのでしょうか?

続きを読む

心臓ペースメーカーとスマホ・携帯電話の安全距離は?

ペースメーカー(?)の女性

心臓ペースメーカーへのスマホや携帯電話が与える影響について、考えさせられることがありました。

先日、電車内で座っていると、いかにも身体の悪そうな女性が乗車してきて、私の目の前に立ったので席を譲ろうとすると、「すぐ降りますから、大丈夫です。ありがとうございます。」という丁寧な返答をされました。 続きを読む

少年犯罪の凶悪化? 少年法改正(厳罰化)は必要なのか? n

少年法改正の議論

川崎の18歳の少年による今回の殺害事件(凶悪犯罪)をめぐって、少年法改正の議論がでてきています。

まずこの問題を取り上げる前に、犠牲になった上村遼太君のご冥福をお祈りいたします。

少年法

少年法は、昭和23年(1948年)にGHQ(連合国軍総司令部)の指導下で、制定されました。 長らく改正は行われませんでしたが、2000年と2007年の改正では、処分における対象年齢の見直しがされました。

 

私も少年法の見直しは必要であると思います。 ただ、ちょっと気になるのが、少年犯罪の議論をするときに必ず出てくる、

「近頃、少年の犯罪が増えているので…」

「近年、少年犯罪が凶悪化しているから…」 という発言です。

 

本当にそうなのでしょうか?

疑問

たしかに少年犯罪に限らず、テレビのニュースを見れば、殺人事件・ストーカー事件・振込め詐欺・暴力事件が、嫌というほど毎日報道されています。

これだけ見ていると、まるで犯罪大国です。 でも、人口比率でみれば、日本は犯罪が少ない方であることは、多くの人が理解しているところです。

メディアをとおして具体的な事件を知ることで、自分や家族に置き換えてみて、対処方法を考えたり、未然に防ぐという意識を持つ意味では参考になるでしょう。

 

Sponsored Link

少年犯罪の増減

少年犯罪の増減については、以下を見て下さい。

少年非行の動向

平成26年度版 犯罪白書 法教育用リーフレット

こちらは法務省が作成している公的資料です。

見れば誰にでもわかるように、少年の犯罪件数も人口比率でも、減少にあります。 ですので、「近頃、少年の犯罪が増えているので…」は、明らかに間違いとなります。

論破

少年犯罪の凶悪化?

では、“凶悪化”についてはどうでしょう?

これは、凶悪の定義や人の受取り方によるところが大きいので、単純な比較はできないかと思いますが、以下、管賀江留郎さんがまとめてくれているサイトです。

 

少年犯罪データベース

昭和の時代、ざっと見ただけでも少年犯罪の山、山、山…。

やはり、「近年、少年犯罪が凶悪化しているから…」も、ちょっと違うんじゃないかという感じです。

論破

だからといって、今回の川崎の事件が凶悪犯罪であることは、否定できません。

要するに、比べるものが間違っているのです。 個別の事件は別として、過去と比べれば数も質も決して悪くなってはいないのです。

データを無視した発言によって、その本質的な主張までも胡散臭くなってしまうことが、もったいないですね。

 

少年犯罪を減らすために

では減少しているから、このままでいいのか?

そんなわけはありません。

 

犯罪はなくならなくても、限りなく“0”に近づけていく努力は必要です。 そのための少年法の改正は、犯罪の抑止となる一つの方法でしょう。

 

もう一度、『少年犯罪の動向』を見てみましょう。

少年非行の動向

赤い線の成人人口比と比べれば、少年による犯罪人口比は明らかに多くなっています。

まだまだ、少年人口比を減らしていくことは可能です。

 

今回の事件を通して、加害者の親、教育委員会・学校、警察、被害者の親、友人、それぞれの立場で何ができたのか、自分の身に置き換えて考えることの必要性を強く感じます。

 

マインドコントロールとは? 言葉の意味や定義を知りたい 

 

マックでしばし休憩。

 

近くで大学生の会話が自然と耳に入ってきました。

 

会話

「俺、マインドコントロールにかかりやすいんだよね」

 

「オウム真理教の信者だって、東大とか京大のエリートだったでしょ?

それでもマインドコントロールにかかるんだから、恐いよね」

 

「バイトだってそうじゃん。店長にうまく話しされて。

お客様第一っていう考えだって、

(マインドコントロールされている)そういうことでしょ」

 

 

本当に恐いですね。

それは、マインドコントロールされることが恐いという意味ではなくて、

言葉の定義を曖昧にして言葉を使うことがという意味でです。

 

大学生の会話の内容で考えれば、

子供の教育も会社の研修も、

すべてマインドコントロールという事になります。

 

TVのコメンテーターや芸能人もよく使いますね。

果たして彼らが明確な定義付けのもとで、

この “マインドコントロール” という言葉を使っているかといえば、

はなはだ疑問でしょう。

 

 

マインドコントロールは誰が言い始めた言葉なのでしょうか?

この言葉は、米国の心理学者のマーガレット・シンガーが提唱したものです。

マーガレットシンガー

 

しかし米国心理学会の社会的倫理的責任委員会は、

この理論に対して、『科学的厳密さに欠ける』と却下しているようです。

 

その後、日本にはどういう経緯で入ってきたのかはわかりませんが、

米国の大本の理論が、学会内において認められていない訳ですから、

輸入されてきたこの “マインドコントロール” という言葉が

あやふやなものであるのも頷けます。

 

マインドコントロール』で検索してみても、

“ 他人を自分の意思で動かす ”  “ 無意識に人を操る ”

というレベルでのマインドコントロール論であったり、

または、“カルト宗教や怪しい集団の思考・感情操作”

という話に限定している考え方のサイトが見られたりします。

 

洗脳

 

どうも腑に落ちる定義付けや説明が見当たりません。

それも上記の理由から当然といえば当然です。

 

ただ日本では、TVでも日常会話でも

普通に使われている言葉となっていますので、

今後もそれぞれが自分の都合で、使い続けていくのでしょう。

 

ある人は、“心(思考)をコントロールすること”として、

またある人は、“暴力を伴わない洗脳(恐ろしいもの)”として。

 

 

でもこういう類いの言葉は、他にもあるのでしょうね。

知らずに使っているいい加減な言葉って。

 

特別永住者とは? 一般永住者との違いがある特権なのか?

特別永住者制度見直しの議論が出ています。

【J-CASTニュース 2014.10.22】

在日韓国・朝鮮人らの特別永住者制度について、維新の党共同代表で大阪市長の橋下徹氏が、見直して一般永住者制度への一本化を目指す考えを示した。特別扱いしなくなれば、ヘイトスピーチも差別もなくなるのではないかというのだ。

そもそも“特別永住者”とはどういった人達なのでしょうか?

 

まず基本は、外国人です。

gaikokujin

ただ、“特別”とついているように、やはり特別な外国人なのです。

続きを読む

晩婚化と高齢出産の現状

進む晩婚化と高齢出産

晩婚化が進み、それにともなって年々高齢で出産する女性が増えています。日本の女性の第一子の平均出産年齢は30歳を超え、今や多くの女性が30歳以上で出産をするようになってきました。

一昔前は、30歳以上で初産と聞くと、「(赤ちゃんへの影響)大丈夫かな?」と思ったものです。

高齢出産3

現在、日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を高齢初産と定義づけています。

1993年(平成5年)までは30歳以上が高齢初産とされていました。

厚生労働省の統計では、平成元年は27.0歳だった第一子平均出産年齢が、平成23年には初めて30歳(30.1歳)をこえ、昨年の平成25年は、30.4歳にまでなっています。

 

益々上がる初婚年齢

初産の年齢が上がっているという事は、平均初婚年齢も上がっているわけです。

結婚

妻の平均初婚年齢が、平成元年は25.8歳だったものが、平成17年には28歳(28.0)をこえ、平成25年では、29.3歳までになっています。

このままいけば10年後くらいには30歳をこえかねません。ちなみに、男性の平均初婚年齢は、30.9歳です。

 

都道府県の中では唯一、女性の初婚年齢の平均が30歳をこえている所があります。どの都道府県でしょうか?

そう、東京都です。平成25年は30.4歳。

平成25年人口動態統計月報年計の概況(厚生労働省)より

 

高齢出産のリスクとして、難しい理論は置いておいて、結果として、ダウン症児出産や妊娠中毒症、流産などの確率が高くなっています。

生き方の選択が増え、女性の社会進出(あまり好きな言葉ではありませんが)が推奨され、個人の権利の主張が昔よりも強まっている現状を考えると、今しばらく、初婚や初産年齢も高くなっていくのでしょう。

 

【関連記事】⇒『医学的な女性の妊娠・出産適齢期