大相撲の元横綱・日馬富士による暴行事件から始まった大相撲の問題を、マスメディアが連日報道しています。

加害者の日馬富士、被害者の貴ノ岩、その親方であり日本相撲協会の理事である貴乃花親方(4日解任)、理事長の八角親方などが、主要人物として取り上げられています。

 

各本人が語っている以上に、マスメディアの憶測が飛び交い、まさに『悪の根源は誰?』的な方向に、報道は進んでいます。

そこに、評議員会の池坊保子議長が加わってきました。

ここで『評議員会』という言葉出てきました。

理事会や評議員会は、日本相撲協会のなかで、どんな役割があるのでしょうか。

 

「相撲協会の膿みとは何か?」「問題の本質は何なのか?」などの主要な問題はさておき、日本相撲協会の内部の組織についてわかり易く解説してみます。

続きを読む

Sponsored Link