生涯未婚率という言葉があります。

大概の人は「一生涯結婚しない人の割合でしょ?」と理解できると思います。

これを正確に表現すると、生涯未婚率というのは、50歳時の未婚率のことであり、45歳~49歳と50歳~54歳の未婚率の単純平均から算出したものとなります。

この生涯未婚率が1990年以降、急上昇しているという結果があります。

5年ごとの生涯未婚率の推移を確認すると共に、今後この生涯未婚率がどう変化していくのか、予測をみていきます。

続きを読む

Sponsored Link