2018年 3月 の投稿一覧

南北首脳会談が開かれる板門店の『平和の家』ってどんな建物か?

Sponsored Link

文在寅大統領と金正恩委員長の南北首脳会談の日程が決まりました。

2018年4月27日(火)です。

 

韓国にたいして、ほとんど無視状態だった北朝鮮の金正恩委員長が、平昌オリンピック開催を機に韓国を利用し始めました。

韓国との合同入場行進から始まり、美女応援団の派遣、女子アイスホッケー合同チームでの参加など、北朝鮮はオリンピックの政治利用と批判されるのも何のそのといった感じでした。

更には、金正恩委員長の妹、金与正氏をオリンピック開催中に派遣して、文在寅大統領に首脳会談の提案までさせています。

その結果が、今回の南北首脳会談であり、1948年の南北分断以来、3回目の会談になります。

では、南北首脳会談が開かれる板門店の平和の家というのは、どんな建物なのでしょうか? ちょっと調べてみましょう。

続きを読む

Sponsored Link

日本の外国人労働者数の推移と現状 政府や厚生労働省の今後の考えは?

日本の少子高齢化にともない、今後労働人口が減少していくことは、避けられない現実です。

と同時に、減少していく日本の労働者の穴を埋めるように、年々外国人労働者の数が増え続けています。

日本には現在、外国人労働者がどれくらい入国しているのでしょうか。

その推移を確認しつつ、今後の労働者不足に対して、日本政府がどんな施策を行おうとしているのか、確認してみます。

続きを読む

公職選挙法改正の歴史 インターネットやビラ配布解禁の内容確認

多くの人が記憶に新しい公職選挙法の改正といえば、2015年に改正された、20歳からの選挙権が18歳に引き下げられた内容ではないでしょうか。

「18歳(高校生含む)に選挙権は早すぎる」という意見もありました。

ただ高齢者が、ほとんど思考停止状態で「○○さんにお願いされたから」とか、「△△党の人に入れとけばいい」というレベルで投票していた人がいた(すべてとは言いません)ことを考えれば、18歳の方がよほど色々考えて投票するだろうと、私は思います。

 

公職選挙法ができたのが、1950年(昭和25年)のことです。 それ以降、様々な社会情勢の変化の中で、その都度公職選挙法の改正が行われてきました。

今回は、比較的最近改正された公職選挙法のインターネットとビラ配布解禁の内容について確認してみます。

続きを読む