Sponsored Link

2017年10月3日、立憲民主党が設立されました。

当時の民進党代表の前原誠司議員が希望の党への合流を進める中、その意向に添えないと枝野幸男議員らのグループが、新しい党を作ったのです。

 

立憲民主党のメンバーが希望の党に合流しない理由は、目指す理念や政策がかけ離れているということでしたが、それは後付けの理由でした。

そもそも小池百合子希望の党代表の政策と、民進党内でリベラル派と言われるような人達の考え方は、最初から大きく違っていたわけです。

 

当初は、民進党の衆議院議員全員が希望の党へ移籍できるという話だったのです。

【民進党HP 2017.10.2】

民進党は28日午後、党本部で両院議員総会を開き、前原誠司代表が執行役員会、常任幹事会で了承された「総選挙の対応について」とする方針文書を提案、(1)今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す(2)民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する(3)民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず「希望の党」を全力で支援する――の3項目の提案を両院議員総会として承認した。

それができなくなったのは、小池百合子希望の党代表(当時)の

「排除いたします。 取捨というか、絞らせていただきます。 それは、安全保障、そして憲法観といった根幹の部分で一致していることが政党としての、政党を構成する構成員としての必要最低限のことではないかと思っております」

という会見での発言があったからでした。

 

今回は、そんな立憲民主党の支持率の推移を確認して、伸び悩みや支持率が上がらない理由など考えてみます。

続きを読む

Sponsored Link