2018年 8月 4日の投稿一覧

桃田賢斗の決勝の相手は石宇奇(シーユーチ) どんな選手か動画で確認

Sponsored Link

リオデジャネイロ五輪直前の16年4月に、違法賭博の店に出入りしていたことが発覚してオリンピック出場を逃した桃田賢斗選手。

無期限の試合出場停止処分を受け、2017年5月に処分が解除されました。

その後、一所懸命に練習に取組み、現在世界の舞台で戦っています。

続きを読む

Sponsored Link

高校野球・夏の甲子園の開会式は時間がどれくらいかかるのか?

2018年の全国高等学校野球選手権大会が8月5日から開催されます。

例年にない猛暑で、甲子園での大会では、熱中症対策がとくに気がかりです。 開会式にはどれくらいの時間がかかるのか、気になる人も多いでしょう。

前日には開会式のリハーサルをおこないました。

【ABCテレビ 2018.8.4】

午前9時に始まったリハーサル。100回記念大会の今年は、史上最多56校が出場します。

記録的な猛暑が続く中、選手たちには大会史上初めて水の入ったペットボトルが配られ、入場後に水分補給の時間が設けられました。

昨年2017年の大会では、先導役のプラカードを持った女子生徒が、熱中症で倒れてしまいました。

開会式開始から、およそ40分過ぎたあたりでの出来事でした。

 

今回は、夏の甲子園の開会式にかかる時間と、式次第について調べてみました。

続きを読む

夏休みの延長を検討するというが現実的なのか? もっと他にやるべきことはある

まだ具体的ではありませんが、小中学校の夏休みの延長を検討する考えを、菅官房長官が述べています。

【産経ニュース 2018.7.24】

菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、猛暑を受け「小中学校に関する暑さ対策の一つとして、夏休み期間の延長などについて検討すべきであると考えており、総授業数を確保しながら、どのような工夫が可能であるか文部科学省で検討する」と述べた。

また、小中学校などのクーラー設置には「来年のこの時期に間に合うことができるよう、政府として責任をもって対応したい」と語った。

果たして、夏休み延長という、その必要性はあるのでしょうか?

続きを読む